Azure SQL Database のコピー

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 大林裕明 新年あけましておめでとうござます! ブログメンバー一同、皆様に本年も有益な情報をお届けしたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。 さて年初ブログの内容ですが、いろいろと役に立つ Azure SQL Database のコピーについて書きたいと思います。 データベースのコピーが必要なケース データ分析のために北米やヨーロッパ、東南アジアから日本にあるデータベースを検索しているが、ネットワーク遅延によりレスポンスが遅いため、各リージョンにデータベースのコピーを置きたい。 障害や災害発生時にビジネスを継続するための切り替え先としてデータベースのコピーが必要。 開発や検証のために本番環境に近いデータベースのコピーを作成したい。 どれもコピーですが、それぞれコピー先に求められる要件が違うと思います。

0

2017 年 Azure データ関連サービス振り返り

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 大蔵 一功 2017 年も残り数日となりました。本年最後の投稿となりますので、2017 年に発表された Azure の データに関連するサービスを列挙したいと思います。こちらの Blog ページから、データに関連するサービスのみ抜粋しました。 2017 年 1 月 – 3 月 Azure SQL Database is increasing read and write performance New Azure Storage Release – Larger Block Blobs, Incremental Copy, and more! SQL Database Query Editor available in Azure Portal Enhanced Automated Backup…

0

Azure SQL Database のスケール アウトを試してみよう

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 阪本 真悟 はじめに Azure SQL Database は柔軟性の高いデータベース サービスですので、必要に応じて垂直および水平方向の拡張が可能です。ビジネスが軌道に乗り、予想以上にデータベースへの負荷が高まった場合も容易に対応が可能です。拡張性の高さはクラウド環境の大きなメリットと言えます。 垂直方向の拡張とは、サイズの変更により個々のデータベースのパフォーマンス レベルを増減することを意味します。”スケールアップ” とも呼ばれます。 水平方向の拡張とは、容量または全体のパフォーマンスを調整するためにデータベースを追加または削除することを意味します。 “スケールアウト” とも呼ばれます。 今回は2つ目の水平方向の拡張を、 「シャード マップ マネージャー」と シャード マップを管理するための 「Elastic Database クライアント ライブラリ」を使用して試してみましょう。

0

テクニカル ドキュメントが便利になりました

powerbi
powerbi

Microsoft Japan Business Intelligence Tech Sales Team 伊藤   https://docs.microsoft.com は、開発者と IT プロフェッショナル向けの Microsoft テクニカル ドキュメント、API リファレンス、コード サンプル、クイックスタート、チュートリアルのホームです。今まで製品ごとにバラバラに提供していた情報をこちらに統合しています。まだ https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/ のリンクは変更されていませんが、Power BI のドキュメントもこちらで公開しています。他の製品でも同様ですが、今回は Power BI のドキュメントを使ってご紹介します。  

0

[Power BI] Salesforce のデータ分析

powerbi
powerbi

Microsoft Japan Business Intelligence Tech Sales Team 伊藤 Microsoft はかつてのように他社の製品・サービスを排除して Microsoft 帝国を築くのではなく、他社の製品・サービスと連携できるように開発をしており、それは Power BI においても例外ではありません。今回は Salesforce のデータを分析する方法についてご紹介します。分析方法は 3 種類あります。 コンテンツパック Power BI Desktop でインポート ソリューション テンプレート

0

自動翻訳と機密情報 – Microsoft Translator

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 大林裕明 最近、Microsoft が提供する翻訳サービスの精度が向上してきていると思いませんか? これは翻訳に従来の辞書を使った統計的な翻訳からニューラルネットワークを利用するようになったためです。 ニューラルネットワークを使った翻訳については 日本マイクロソフト株式会社  CTO の榊原の下記ページをご覧ください。 Microsoft Translator がニューラル ネットワークによる翻訳の提供を開始 ニューラルネットワークを使った自動翻訳は Bing 翻訳だけでなく、Office 製品、Edgeなどででも使われるようになってきています。 皆さんは日常業務で社内にある英語のドキュメントを読む際に、便利なのでブラウザの翻訳機能や翻訳サイトを気軽に使っていませんか? 実は翻訳のために送ったデータは翻訳精度を上げるためなどの目的で再利用されることが利用規約に明記されています。

0

Azure Cosmos DB と Azure Search の組み合せでフルテキスト検索を実現しよう

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 森本 信次 これまでご紹介してきた Azure Cosmos DB は、 他の Azure サービスと組み合わせることで、よりコスト効果の高い使い方が可能となります。例えば、検索サービスを提供する Azure Search を併せて使うことで、Cosmos DB に対する比較的コストの高い検索リクエスト、例えば属性的なデータを検索するようなフルテキスト検索の一部を Azure Search にロードオフし、システム全体のトータルコストの最適化を図ることが可能となります。 Azure Search の詳細についてはこちらをご覧頂くとして、今回は、実際にサンプルデータを Cosmos DB にロードして、Azure Search を使って Cosmos DB のデータに対するフルテキスト検索機能を追加する手順を Step 1~4 の流れに従ってご紹介して、まずは Azure Search と Azure Cosmos DB の親和性の高さを体感頂ければと思います。

0

Azure Cosmos DB を使ってみよう – アプリ編

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 森本 信次 過去のBlog 「Cosmos DB ことはじめ」でもご紹介しましたが、Cosmos DB は Microsoft Azure が提供する No SQL データベースサービスです。複数のデータモデルを利用することができ、簡単な操作でリージョン間でのデータレプリケーションやスケールの変更を行うことができます。 サンプルアプリの実行 Cosmos DB ではアカウントの作成時、サンプルのコレクション (Items) およびコレクションを使用するアプリも準備されています。このアプリは .NET, Xamarin,Java, Node.js, Python などに対応したものがそれぞれ用意されていますが、今回は .NET と Node.js の2種類のアプリをダウンロードして実行するまでの流れを Step 1 ~ 3 に沿ってご紹介します。

0

Azure Cosmos DB を使ってみよう

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 森本 信次 Cosmos DB は過去の Blog “Cosmos DB ことはじめ” でもご紹介しましたが、Microsoft Azure が提供する No SQL データベースサービスです。複数のデータモデルを利用することができ、簡単な操作でリージョン間でのデータレプリケーションやスケールの変更を行うことができます。Cosmos DBは複数のデータモデルを利用できますが、今回はその中で Document DBを使い、実際にサンプルデータを Cosmos DB にインポートして SQL クエリを実行するまでの流れをご紹介します。

0

Azure Machine Learning に 内部ネットワークに配置された SQL Server からデータを取り込む方法

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 中川 機械学習は先ずデータを取り込むところから始まりますが、Azure Machine Learning (以降、AzureMLと称す) では様々なデータソースからデータを取り込むことが可能となっております。但し、PaaS などからデータを取り込むのとは違い、お客様ネットワークのような内部ネットワークにあるデータソースからデータを取り込むためには少し追加の構成が必要となります。今回は、Azure の VNET 内に配置された IaaS 上の SQL Server から AzureML にデータを取り込む方法についてご紹介いたします。

0

Cosmos DB ことはじめ

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 大蔵 一功 Cosmos DB とは Cosmos DB は、Microsoft Azure が提供する No SQL データベースサービスです。複数のデータモデルを利用することができ、簡単な操作でリージョン間でのデータレプリケーションやスケールの変更を行うことができます。 デバイスから発生するセンサー系のログや、 EC サイト上で取引される商品のカタログデータの格納に利用されます。また、 Cosmos DB に格納されたデータは、 Azure Search や Power BI 等の、Microsoft Azure 上で提供される他のサービスと組み合わせて、簡単に利用することができます。

0

【セミナー紹介】 ゲオホールディングス様による Azure SQL Data Warehouse (SQL DW) の事例セミナーが開催されます

2017 年 9 月 28 日(木) 17:00-19:00 にて、ゲオホールディングス様による Azure SQL Data Warehouse (SQL DW) の事例セミナーが開催されます。   セミナータイトル 全社で活用可能なビッグデータ分析基盤で企業競争力を高めよ – ゲオホールディングスの挑戦を支えるクラウドのデータ分析基盤

0

Visual Studio 2017 で Python 環境を構成し、SQL Server 、 Azure Data Services(Azure SQL Database 、 Cognitive Services 等 ) にアクセスしてみよう

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 清水 みなさん、こんにちは。以前の投稿では、 Visual Studio 2015 で Python 環境を構成しましたが、今回は、 Visual Studio 2017 で Python 環境を構成し、 SQL Server  、 Azure Data Services(Azure SQL Database 、 Cognitive Services 等 ) にアクセスする際の手順、ポイントをお伝えします。

0

HDInsight で Presto を動かしてみよう

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 高木 英朗   Presto とは? Presto は、Facebook 社が開発した人気のあるビッグデータ用の高速な分散 SQL クエリエンジンです。前回記事の「HDInsight のインタラクティブ Hive (LLAP) とは?」でご紹介した Hive on Tez + LLAP と同様に、インタラクティブなレスポンス速度が期待できるエンジンです。どちらも目的は同じですが、Presto の利用に慣れている方は、HDInsight 上でもスキルをそのまま生かすことができます。

0

Azure Database for PostgreSQL / MySQL とは

postgre_120
postgre_120

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 坂本 禎尚     今年 2017 年の 5 月 10 日から 12 日にかけてシアトルで開催された Build 2017(年次開発者会議)において、オープンソースのリレーショナル データベースである PostgreSQL と MySQL をフルマネジードの PaaS サービスとして Azure 上で提供することを発表しました。 それぞれ、Azure Database for PostgreSQL と Azure Database for MySQL という名称でパブリック プレビューの状態で提供が開始されています。 現状、これらのサービスは東日本、西日本リージョンをはじめとして全部で 11 のリージョンで提供されています。

0

はじめての Azure Data Lake ~ Azure Data Lake Analytics でデータを分析してみよう ( 後編 ) ~

data lake
data lake

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 清水 みなさん、こんにちは。先日の中編では、Visual Studio を用いて U-SQL をコーディング、実行する際の手順やポイントについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか ? 今回も引き続き U-SQL をコーディング、実行する際の手順やポイントについてお伝えします。  

0

はじめての Azure Data Lake ~ Azure Data Lake に HDInsight(Hadoop、Storm、Spark 等 ) からアクセスしてみよう ~

data lake
data lake

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 清水 みなさん、こんにちは。前々回の記事と前回の記事では、Azure Data Lake Analytics を用いて分析を行う際の手順やポイント、Visual Studio を用いて U-SQL をコーディング、実行する際の手順やポイントについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか ? 今回は、 Azure における PaaS 版の Hadoop である HDInsight から  Azure Data Lake Store にアクセスする際の手順やポイントについてお伝えします。

0

Azure SQL Data Warehouse (SQL DW) のパフォーマンステストに関するホワイトペーパーが公開されました

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 北澤 この Blog の記事でも Azure SQL Data Warehouse とは などで何回かご紹介していますが、Azure 上で提供されている PaaS 型のデータウェアハウスサービスである Azure SQL Data Warehouse のホワイトペーパーが公開されました。

0

Azure Analysis Services 一般提供開始

Azure Analysis Services
Azure Analysis Services

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 伊藤 こちらのブログでも紹介していますが、Data Amp というイベントで SQL Server 2017 などが発表されました。SQL Server vNext 改め SQL Server 2017 に関する発表がメインですが、3月に東日本でもパブリック プレビューとなっていた Azure Analysis Services が 2017年4月19日に一般提供開始 (GA) となったことも発表されています。概要については半年前のプレビュー開始時にこちらのブログ記事で紹介しましたのでご覧ください。 今回はプレビューとの変更点を紹介します。

0

de:code 2017 Data Platform 関連セッションのご紹介 (2017/05/23-24 開催)

イベント概要 de:code 2017 は、マイクロソフト テクノロジのビジョンと、「クラウド」「モバイル」を最大限に活かせる最新テクノロジをすべての IT エンジニアの皆様にご紹介するイベントです。Microsoft Azure や Windows Mixed Reality などの最新情報をはじめ、5 月 10 日から 5 月 12 日の 3 日間、米国シアトルで開催される Build 2017 で発表される内容も合わせて、IT に関わるすべてのエンジニアの皆様に役立つ情報をお届けします。

0