SQL Server 2016 新機能 Temporal Tables ( テンポラル テーブル ) について – パート1 –

sql server
sql server

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 中川 本ブログにて、SQL Server 2016 のいくつかの新機能についてご紹介しておりますが、今回は Temporal Tables ( テンポラル テーブル ) という機能について概要や使い方をご紹介いたします。 これまでは、テーブルにDMLが実行された際に変更前のデータを履歴情報として残しておきたい場合には、トリガーやアプリケーション側でハンドリングし、別に用意した履歴テーブルに格納するといった実装を行う必要がありましたが、Temporal Tables はその履歴管理を自動で行ってくれる機能です。また、過去のある時点で有効であったデータ、過去のある期間にデータがどのように変更されていったかなどのデータの変更追跡なども行うこともできるようになっています。


SQL Server 2016 新機能 Temporal Tables ( テンポラル テーブル ) について – パート2 –

sql server
sql server

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 中川 前回の投稿では、SQL Server 2016 新機能の一つである Temporal Tables の概要をお伝えするとともに簡単な動作についてもご紹介いたしました。今回は、設計時や開発時、運用時に知っておいていただきたいポイントをお伝えします。


PowerShell で操作する SQL Server クックブック (bash から PowerShell へ)

sql server
sql server

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 西村哲徳   こんにちわ。 今回は Linux ユーザ向けに PowerShell を使って SQL Server にバッチ的に SQL 文や管理コマンドを実行する方法を紹介します。 今までデータベースを Linux 上で使ってきたエンジニアにとって SQL Server を使う上で壁となるのは互換性の高い SQL よりも慣れ親しんだ bash が使えないということでしょう。 Cygwin や Bash on Ubuntu on Windows(現時点ではWindows 10のみでプレビューという扱い)を使うことはできますが、PowerShell は思ったより bash ユーザにもなじみやすい構文なのでこの機会にぜひ覚えてみてください。 もちろん PowerShell ならではの高度なことは可能ですが今回は bash を対象にしたシンプルな構文のみにできるだけフォーカスします。


Azure Analysis Services と Power BI on SSRS の発表

Azure Analysis Services
Azure Analysis Services

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 伊藤 10 月末に行われた PASS Summit 2016 で Microsoft の BI に関する 2 つの大きな発表がありました。 Azure 上で PaaS として提供される分析用データベースである「Azure Analysis Services プレビュー」 と 「SQL Server Reporting Services 内での Power BI レポート のテクニカル プレビュー」です。今回はこの 2 つの発表についてご紹介します。


Always Encrypted における列暗号化キーのローテーションについて

sql server
sql server

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 中川 以前 DB Online の記事にて Always Encrypted に関するキーの管理・運用について概要をお伝えしました。その中で、列暗号化キーのローテーションについても概略をお伝えいたしましたが、今回の投稿では、実際に列暗号化キーのローテーションを実行した際に SQL Server 側でどのようなことが行われているのかをご紹介いたします。 上記記事でもご紹介しましたが、列暗号化キーをローテーションするためにはデータの再暗号を実施する必要があります。こちらの “Rotating a Column Encryption Key” セクションに具体的なスクリプトが載っておりますが、実際にデータの再暗号化処理が始まるのは、列の定義を新しい列暗号化キーを使用するように設定するスクリプト内の以下コマンドを実行した時です。


[Microsoft Tech Summit (11/1-2) ] (DAT011) “HDInsight + Spark + R を活用した機械学習のためのスケーラブルなビッグデータ分析基盤” セッションフォローアップ

  Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team Team しんご    弊社イベント Microsoft Tech Summit(11/1 –11/2) にて実施したセッション「HDInsight + Spark + R を活用した機械学習のためのスケーラブルなビッグデータ分析基盤」の中でいくつかデモを実施させていただきました。このデモは Azure のサブスクリプションをお持ちであれば、ご自身で試していただくことが可能です。 本記事では、評価環境の構築方法や実際のデモスクリプトの実行方法についてご紹介させていただきたいと思います。


SQL Server 2016 新機能 Temporal Tables ( テンポラル テーブル ) について – パート3 –

sql server
sql server

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 中川 前々回、前回の投稿では、SQL Server 2016 新機能の一つである Temporal Tables の概要や、設計時や開発時、運用時に知っておいていただきたいポイントをお伝えしました。今回は Temporal Tables をメモリ最適化テーブルと組み合わせた際の動作などについてご紹介いたします。 なお、メモリ最適化テーブル自体については本投稿では詳しく触れませんが、DB Onlineに記事(※1)を載せておりますのでそちらをご参照ください。 ※1 「今さら聞けないSQL Serverのメモリ最適化テクノロジーと、押さえておきたいSQL Serverのデータベースセキュリティ」連載一覧  


SQL Server 2016 環境構築時のパフォーマンスに関するベストプラクティス

sql server
sql server

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 佐藤秀和 本稿では、SQL Server 2016 環境構築時に、処理性能を最大限に発揮し、不用意な性能問題を起こさないためのベストプラクティスをお伝えいたします。 システムの規模や要件に応じて検討内容は変わり、シビアな要件になるほど検討事項は増えますが、今回は SQL Server 2016 の環境構築時に、考慮すべき必要最低限の内容をまとめます。  


HDInsight にデータを取り込む方法

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 高木 英朗   過去 2 回にわたる記事で HDInsight を簡単に使ってみる方法を紹介しました。 Microsoft Azure の Hadoop ディストリビューション HDInsight を使ってみよう! (1) Microsoft Azure の Hadoop ディストリビューション HDInsight を使ってみよう! (2) 前回は HDInsight に付属のサンプルデータを使用してクエリを実行しましたが、今回はどのようにしてHDInsightにデータを取り込むことができるかを紹介します。


[Power BI] DAX 入門 (5) 累計、年度をまたいだ累計

Power BI
Power BI

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 土井 DAX 入門 第 5 回目では累計について説明していきます。   ■年度累計、四半期累計、月度累計 DAX では非常に簡単に累計を求めることができます。まずあらかじめ用意されている累計関数として以下の関数があります。 TOTALYTD 関数 ・・・ 年度累計値を算出します TOTALQTD 関数 ・・・ 四半期累計値を算出します TOTALMTD 関数 ・・・ 月度累計値を算出します   では実際にサンプルデータで使い方を見ていきましょう。今回は 気象庁 で公開されている 台風のデータ を使います。


Azure 上に AlwaysOn AG 構成を構築する際のリスナーについて

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 中川 オンプレ環境において AlwaysOn Availability Group(以後、AGと称す) 構成を幾度となく構築した経験のある人でも、Azure 上で AlwaysOn AG を構築する際についつい躓いてしまうポイントがあります。それはリスナー構成です。今回はそのリスナーを構成する際に Azure ではオンプレ時とは少し違った考え方をしなければならないポイントをお伝えします。 まずは、オンプレ環境にて AlwaysOn AG を構築する際のリスナーについてですが、あまり意識していない方もいらしゃるかと思いますが WSFC(Windows Server Failover Cluster) のクラスターリソースの一つであるクライアントアクセスポイントとして登録されます。具体的にはそのクライアントアクセスポイントの IP が AG ノードの NIC に仮想 IP として割り当てられ、プライマリレプリカとなる AG ノードでその IP が Up されることにより、DB クライアントはリスナーを指定して接続すると常にプライマリレプリカに接続できるようになっています。 [フェールオーバー クラスター マネージャー にて] [プライマリレプリカノードにて] この時点ではセカンダリレプリカノードではクライアントアクセスポイントの IP (上記の場合には 10.0.0.20 )は Up していませんが、フェールオーバーするとセカンダリレプリカノードがプライマリに昇格し、クライアントアクセスポイントの…