統合ソリューション BizTalk の概要 と 最新情報

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 森本 信次 ・BizTalkとは BizTalk は マイクロソフトが提供するシステム間・統合プラットフォームです。 以下 EAI 、B2B 、および オンプレミス-クラウド間連携 のためのデータ連携機能を提供します。 EAI (Enterprise Application Integration) : 企業内の複数のシステムを連携させ、データやプロセスを統合 B2B(Business-to-Business) : 企業間の物品の売買やサービスの提供、企業と金融基幹との取引など   BizTalk は 稼働するプラットフォームにより 2つに大別できます。 オンプレミスのサーバー上で稼働する BizTalk Server ( 2000年提供開始、最新バージョンは BizTalk Server 2013 R2 ) Microsoft Azure つまり クラウド上で Paas として提供されている BizTalk Services ( 2013年提供開始 )   ・最新情報…

0

Microsoft Azure 仮想マシンに SQL Server を導入、設定する際のポイント 2

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 清水 みなさん、こんにちは。 1 回目は、Microsoft Azure で Windows 仮想マシン(以降仮想マシン)を作成する際の準備についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。 2 回目は仮想マシンの種類やサイズを選択する際のポイントをお伝えします。  

0

SQL Server 2016 自習書シリーズ

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 坂本 禎尚   SQL Server 2016 の自習書シリーズに今回新たに Reporting Services の新機能編が追加されました。 執筆は、いつも通り SQLQuality さんです。 SQL Server 2016 で数多くの新機能が追加されたので、一冊あたりのボリュームが物凄い量になっていますが、いつも通り丁寧に読みやすく解説して下さっています。   SQL Server 2016 自習書シリーズ No.1 – SQL Server 2016 CTP 3.2 新機能の概要 SQL Server 2016 自習書シリーズ No.2 – SQL Server 2016 CTP 3.3 Operational Analytics ~OLTP とデータ分析の両立 ~ SQL Server…

0

Microsoft Azure 仮想マシンに SQL Server を導入、設定する際のポイント 1

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 清水   みなさん、こんにちは。最近はクラウド環境に DB サーバーを構築することが増えてきていると思います。今回は、クラウド環境における高可用性 DB サーバーの構築を前提とし、 Microsoft Azure の Windows 仮想マシン(以降仮想マシン)を作成する際のポイントをお伝えしたいと思います。仮想マシン作成時のポイントをお伝えした後、 SQL Server のデータベースエンジンを導入、設定する際のポイントもお伝えする予定です。まず、 1 回目は仮想マシンの作成前に必要な準備についてお伝えします。  

0

SQL Server 2016 Reporting Services 新機能 2

前回に続き、今回は新機能の入口である「Reporting Services Web Portal」と 「モバイル レポート」について簡単にご紹介します。 ※ 本投稿中の画面イメージは SQL Server 2016 RC1 のものです。2016 RTM においては変更される可能性があります。   Reporting Services Web Portal SSRS のユーザー(レポート参照者)の入口となる「Reporting Services Web Portal」という新しい画面が提供されます。新機能である「KPI (Key Performance indicators)」や「お気に入り」を含み、Microsoft Edge や Google Chrome 等のモダン ブラウザ用に HTML5 で描画します。

0

SQL Server 2016 Reporting Services 新機能 1

SQL Server Reporting Services (SSRS) は、リレーショナル データ ソースおよび多次元データ ソースのデータを含む、表形式、グラフ形式、および自由形式のレポートの作成と管理に使用できるサーバー ベースのプラットフォームです。作成するレポートは、Web ベースの接続を経由して表示および管理されます。これが SQL Server に含まれていることをご紹介すると、「こんな機能、いつからあったんですか?!」と聞かれることがあるのですが、実は SQL Server 2005 から、つまり 10 年以上前から存在する機能なんです。

0

Power BI のデモ動画を YouTube で公開しています

Power BI
Power BI

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 土井 貴彦 前回の記事 でご紹介した Power BI の機能紹介デモを 日本マイクロソフトの公式 YouTube チャンネル で御覧頂くことができます。 Power BI プレイリストは こちら   本 Blog のトップページにある下記タイルからもリンクが可能です。  

0

Microsoft Power BI のご紹介

Power BI
Power BI

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 土井 貴彦   みなさま、マイクロソフトの Power BI と聞いて、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか? Excel の凄いやつ。無償で使えるやつ。Office 365 の延長線上にあるもの。クラウドの BI。・・・。 などなど、さまざまなイメージがあるかと思います。そして、結局 Power BI って何なの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 この記事ではわかりやすく Power BI とは何か、についてご説明致します。  

0

SQL Server の歴史を振り返る(第 3 回目)

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 坂本 禎尚 さてここまでマイクロソフトのデータプラットフォーム戦略の中核となる SQL Server について話をしてきましたが、SQL Server 自身およびそれを取り巻く周囲の関係要素は今日非常に多岐に渡ります。 SQL Server 自身が持つ、あるいは Office 製品やクラウドサービスと連携したビジネスインテリジェンス/アナリティクス要素。IoT に端を発したビッグデータ分析基盤要素などなど。 また近年では、SQL Server はオンプレミスの製品としてだけでなく、マイクロソフトが提供するパブリッククラウドの Azure 上に PaaS のサービスとして展開された Azure SQL Database や Azure SQL Data Warehouse という形でも存在し、これらのコードは基本部分が統一されているのでアプリケーションのポータビリティ性も高く、Azure ML (機械学習)のような先進的な Azure のサービス群と組み合わせることであらゆるニーズに適応可能なデータプラットフォームになってきています。 今後の SQL Server を中心としたマイクロソフトのデータ プラットフォーム戦略に是非ご期待下さい。

0

SQL Server の歴史を振り返る(第 2 回目)

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 坂本 禎尚 リレーショナルデータベースは乱暴な言い方をしてしまえば、データを入れる為の器に過ぎないと言えるでしょう。 もちろん、その器は中に入っているデータを高速に出し入れできて、かつ堅牢であるべしというような要件を兼ね備える必要はありますが。 でも、「使う人にとって究極的に大事なことってそこじゃないよね?」と彼ら(SQL Server 7.0 当時の開発陣)は考えたわけです。   例えるなら、ある器の中に美味しそうな具が沢山入ったシチューがあったとします。 言うまでもなくシチューをデータに見立てての話ですが、そのシチューが入っている器こそがデータベースというミドルウェアです。 その器はどこかに穴があいていたり欠けていたりと危ない部分があっては困りますし、食事を取るのに持ちやすい形である必要はありますが、しょせんは器です。 「いやいや、器の見た目だって料理を引き立てる重要な要素でしょ。」という意見もあるかもしれません。もちろん、その通りです。 しかし、どんなに立派な器だって中に入ったシチューという料理自身が最も重要であることには変わりがありませんし、その料理を食べにくくしてしまうような器では本末転倒だと言うことです。 更に、その器の中に入っているシチューを美味しく頂くためには、スプーンやフォーク、場合によってはナイフや箸といったような食器も必要になってきます。 これらがあって初めて、器の中に入っているシチューを快適に美味しく頂くことができるというわけです。   今から 20 年以上前に SQL Server をリアーキテクトした開発者達は、データベースの中に収まっているデータこそがユーザーにとって最も重要なものであり、ストレージコストばかりかかる宝の持ち腐れデータとして終わらせるのではなく、ユーザーにとって価値ある情報(インテリジェンス)に変えて提供するという部分まで考える必要があると考えたのです。 ですから、SQL Server 7.0 には当時から既に OLAP や ETL と言われるビジネス インテリジェンス領域の機能も製品の中に包含されていました。 つまり、これが上述のスプーンやフォークといった食器にあたります。     その後、ビジネスアナリティクス分野も含めて数え上げるときりがないほどの追加や拡張は行われているものの、データが全ての中心にあってこれを最大限利活用する為のデータ プラットフォーム、これこそマイクロソフトが目指すべき SQL Server という製品の形であるというコンセプトはこの 20 数年の間何一つ変わることなく今に至っています。   SQL Server の歴史を振り返る編は次回が最後になります。

0

SQL Server の歴史を振り返る(第 1 回目)

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 坂本 禎尚 先週 US で、ついに SQL Server 2016 のローンチに関する発表がされました。 その週の頭の 7 日は Linux への対応を表明したりと、ここ最近良い意味で何かと世間をお騒がせしている SQL Server  ですが、皆さんは SQL Server と聞いて何を思い浮かべますか? おそらく多くの人が思い浮かべるのはリレーショナル データベースというキーワードではないでしょうか? それは間違いではありませんが、実は SQL Server というプロダクトを正しく表現したものではないのです。 なぜなら、SQL Server は非常に多面的な顔を持ったプロダクトであり、リレーショナル データベースは SQL Server が持つ複数の顔のたった一つにすぎないからなのです。 ではなぜ、SQL Server がそんな複数の側面を持つに至ったかを説明する為にも、ここで SQL Server の歴史を簡単に振り返っておきましょう。     マイクロソフトの SQL Server の歴史は、マイクロソフト自身がエンタープライズ領域のデータベースの必要性を感じ Ashton-Tate 社と Sybase…

0

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team Blog へようこそ

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team こちらは日本マイクロソフト株式会社でデータプラットフォーム製品群の技術営業を担当しているチームの Blog サイトです。 マイクロソフトが提供するデータプラットフォーム製品群は様々な製品・サービスで構成されており、主に SQL Server、Azure、Power BI が含まれます。   本 Blog では、我々 Data Platform Technical Sales Team が担当している製品・サービスに関して、最新の技術情報や、公開可能なロードマップ、製品をご利用いただく上でのベストプラクティス、また、日々の皆様の業務を改善させるためのソリューションなどなど、あらゆるトピックをご紹介していきたいと思っております。   こちらはマイクロソフトのデータプラットフォームに関するビジョンを示した動画になっております。 次の記事で【データプラットフォーム】という言葉に込められている深い思いをお伝えします。

0