Custom Vision Service の Object Detection を使ってみよう


Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team

高橋 健太

2018年5月7日に Azure Cognitive Services の Custom Vision Service に Object Detection(物体認識)の機能が追加されましたので、利用方法をご紹介します。(7/3 現在はまだプレビューです)

Custom Vision Service の Object Detection とは

はじめに、Custom Vision Service の概略です。Custom Vision Service は、自分で準備した画像を使って独自の画像認識モデルを GUI だけで作成できる Azure Cognitive Services の一つです。これまで Custom Vision Service では画像の分類(例えば、この画像は “犬の画像” という分類)はできましたが、画像の中に複数の物体がある場合に、それぞれの物体の位置の識別(例えば、この画像の “この部分は犬” 、”この部分は猫” という識別)をすることはできませんでした。今回の Object Detection の機能が追加されたことにより、その物体識別ができるようになりました。

Object Detection の使い方

Object Detection は以下の手順で簡単に利用できます。

  1. プロジェクトを作成
  2. 画像をアップロード
  3. 画像内のオブジェクトにタグ付け
  4. モデルの学習
  5. モデルの(クイック)テスト

1. プロジェクトを作成

New Project から新規でプロジェクトを作成します。今回は Object Detection をしたいので、Project Type で ” Object Detection (preview) ” をチェックします。 ちなみに、Project Type で " Classification “ をチェックすると、画像分類の機能が利用できます。

image

2. 画像をアップロード

次に、” Add images ” からモデルを作成するための画像をローカルPCからアップロードします。識別したい物体毎(タグ毎)に最低15枚の画像が必要になります。今回は、犬と猫の画像を使用します。

image

3. 画像内のオブジェクトにタグ付け

画像をアップロードしたら、画像の物体にタグ付けをします。一つの画像に複数の物体が写っている場合でも、マウス操作で範囲を指定して、複数のタグを付けることができます。

image

この作業をアップロードした写真の数分、繰り返します。今回は犬を22枚、猫を16枚タグ付けしました。

4. モデルの学習

画像のタグ付けが終わったら、いよいよモデルの学習を行います。緑色の “ Train “ ボタンを押して数十秒~数分(時間は枚数によります)待つと、学習は完了します。

image

ここで、モデルのパフォーマンスを見ることができます。ざっくり言いますと、パーセンテージが高いほど、モデルが優れているという意味合いになります。 ” Performance Per Tag “ の下にあるタグをクリックして、結果の詳細をドリルダウンすることもできます。

5. モデルの(クイック)テスト

モデルを公開したりアプリケーションで使用したりする前に、" Quick Test " 機能からモデルをテストすることができます。” Quick Test “ ボタンを押してローカルPCまたは Azure Blob などのオンラインストレージから画像を選択するとテストができます。

image

image

犬と猫の両方が写っている画像2枚をテストしたところ、2枚とも犬と猫の両方を結構良い精度で当ててくれています。

API 経由でモデルを使用したい場合は、” PERFORMANCE ” の ” Prediction URL ” から情報を取得できます。

image

最後に

いかがでしたでしょうか?Azure Cognitive Services では、今回ご紹介した Custom Vision Service の他にも、動画・文字・顔・会話の解析など、様々なサービスを非常に簡単にご利用できますので、是非お試しください。

参考情報

Custom Vision: https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/cognitive-services/custom-vision-service/

Azure Cognitive Services: https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/cognitive-services/

Comments (0)

Skip to main content