Power BI と Office 365 のテナント管理


Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 伊藤

 

Exchange Online や SharePoint Online など、 Office 365 を既にご利用いただいている企業の場合、IT 部門にテナント管理者の方がいて、ユーザー管理等を行っていると思います。そこへ新たに Power BI を使いたいという部門が出てきた時にどうしたらいいのか、以下に 3 つの質問とその答えを紹介します。

  1. Power BI の運用にはテナント管理者権限が必要か?
  2. Power BI を運用する事によって、本来権限のない他の SharePoint サイトが見えてしまったりすることはないか?
  3. ライセンス

 

1. Power BI の運用にはテナント管理者権限が必要か?

Power BI は基本的に「ダッシュボードなどのコンテンツは作成者 (所有者) が管理する」という考え方で、テナント管理者の権限がなくともほとんどの設定が可能ですので、ユーザー部門の方にテナント管理者権限を付与する必要はありません。ただし、Power BI 管理ポータルには「全体管理者 (Global Admin)」権限を持つユーザーしかアクセスできません。「全体管理者 (Global Admin)」もしくは「Power BI 管理者 (Power BI Administrator)」ロールを持つユーザーのみがアクセス可能です。

権限を持つユーザーの設定メニュー

権限のないユーザー の設定メニュー

image  image

 

Power BI 管理ポータルで行う下記の作業をテナント管理者が実施するのであれば、ユーザー部門へは Power BI のライセンスを付与するだけで結構です。

  • 使用状況のモニタリング
  • ユーザー管理 (Office 365 管理センターに移動します)
  • Power BI に関するテナント設定
    以下の項目について、オン/オフの設定を行います。

    • コンテンツパックを組織全体に公開する
    • 外部ユーザーへのコンテンツの共有を許可する
    • Webに公開 (動画)
    • データのエクスポート
    • R ビジュアルとの対話と共有 (動画:R 言語を使ったデータの可視化)
    • ユーザーがデータについて Cortana を使って質問できるようにする
    • ユーザーが、オンプレミスのデータセットを使って “Excel で分析” を利用できるようにする (動画:Power BI Service – Excel で分析)

 

image

 

2. Power BIを運用する事によって、本来権限のない他の SharePoint サイトが見えてしまったりすることはないか?

権限のない「サイト」が見えるようになることはありません。しかし、そのサイトに保存している CSV ファイルや Excel ブックのデータをソースとするダッシュボードを「ダッシュボードの共有」で共有した場合、サイトに対するアクセス権のないユーザーであっても、そのサイトに保存されているファイル内のデータ (を使っているダッシュボード) は閲覧できます。つまり間接的にファイル内のデータを閲覧できるということです。これは「ダッシュボードの共有」機能が、共有されたユーザーが誰であるかにかかわらず、そのダッシュボードの所有者の権限でデータに接続する*1ためです。

image

*1:「ダッシュボードの共有」機能は、データソースが SQL Server Analysis Services の場合は例外的に、共有されたユーザーごとの行レベルアクセス制御を実現できます。

 

3. ライセンス

Power BI のユーザーへは「Power BI (無料)」または「Power BI Pro」のサブスクリプションを購入の上、いずれかのライセンスをを付与するだけで結構です。これらのサブスクリプションは使用するユーザー分だけの単独購入が可能です。また 1 つのテナント内に「Power BI (無料)」と「Power BI Pro」のユーザーを混在させることができます。Office 365 のテナント管理者の方に知っておいていただきたいのは、ユーザーが http://www.powerbi.com にアクセスし Power BI に組織のメールアドレスで「サインアップ」すると、自動的に Power BI (無料) のライセンスが付与される場合があるという点です。詳細はこちらのドキュメント 組織内の Power BI をご覧ください。組織の個々のユーザーがサインアップする方法として、3 つのシナリオに分けて説明しています。

Power BI Pro のライセンスは Office 365 E5 に含まれていますので、Office 365 の契約をお持ちのお客様は担当営業にお問い合わせください。

 

2016年5月に開催した de:code 2016 において、組織で利用するための Power BI セッション を実施しましたので、こちらの資料も参考にしてください。

また、Power BI を始めるにあたりよくあるお問合せについて、サポートチームの blog 記事にもまとめられていますので、こちらもどうぞ。

[Power BI] Power BI for Office 365 と Power BI Service の違いについて

[Power BI] Power BI ライセンス (無償版と Pro 版) で利用できる機能の違いについて

[Power BI] Office 365 管理者が Power BI Service を利用するまで ~ Office 365 テナントの場合 ~

[Power BI] このデータ ソースでは OAuth 認証方法はサポートされていません。管理者にお問い合わせください。

 

2016/07/11:「ダッシュボードの共有」機能について *1 として追記しました。

2016/12/16:Power BI 管理ポータルの利用に必要な権限について赤字で修正しました。

2017/01/05:Power BI 管理者ロールについてはこちらの blog 記事をご覧ください。

Comments (0)

Skip to main content