マイクロソフトの IoT ソリューションの概要と特徴


Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team

倉重 秀昭

昨今、様々なメディアで「 IoT 」が取り上げられていますが、今回は マイクロソフトの IoT ソリューションの概要とその特徴についてご紹介したいと思います。

マイクロソフト の IoT ソリューションは、 IoT 基盤に必要な機能を「データ受信」「データ処理」「ストレージ」「分析」「可視化」に分割し、それぞれの機能を Azure 上のサービスとして提供しています。

各機能毎に複数のサービスを提供していますので、実際に IoT システムを構築する際は、要件に応じて最適なサービスを選び、それらを組み合わせて実装する形となります。

また各サービスは API を公開するなどして、カスタムアプリケーションからアクセスできるようになっていますので、特殊な機能要件や制約があり Azure 上のサービスでは対応できない場合には、その部分だけカスタムアプリケーションで実装する事も可能です。
(例えば、デバイスから送信されるデータの受信は Azure のサービス( Event Hubs 等)を利用し、データ処理の部分だけカスタムアプリケーションで実装し、その後の工程は Azure のサービスを利用するといった事が可能です。)

この様に マイクロソフトの IoT ソリューションは、機能毎に部品化してサービスを提供し、それらのサービスやカスタムアプリケーションを組み合わせて構成することができる為、 「構築の容易性」「導入スピード」、および「カスタマイズの柔軟性(特殊要件への対応)」のいいとこ取りができる様になっています。

スライド7

  次に マイクロソフトの IoT ソリューションを構成する主なサービスについて紹介していきます。

  • データ受信

    デバイスから送信されるデータを確実に受信し、一時保持するための機能

     

    • Event Hubs

    • IoT Hub

      • デバイスから送信されるイベントデータの受信の他、デバイスに対するメッセージの送信も可能

      • 対応するプロトコルは、HTTP、AMQP、AMQP over WebSockets の他、MQTT にも対応

      • デバイス単位でのセキュリティー制御が可能

      • 参考URL:https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/iot-hub/

  ※ Event Hubs と IoT Hub の違いについては、以下をご覧ください。

  https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/iot-hub-compare-event-hubs/

  • データ処理

    Event Hubs や IoT Hub で受信したデータを取り出し、準リアルタイムでデータ処理を行う機能

  • ストレージ

    受信したデータを永続的に保持するためのデータ格納基盤

  • 分析
    機械学習やHadoopを使ったデータ処理など、集めたデータを分析するための基盤

     

  • 可視化
    受信・蓄積したデータを可視化するための分析基盤

    • Power BI Service

      • SaaS型のデータ可視化プラットフォーム

      • SQL Database等に蓄積したデータを可視化したり、Stream Analytics や Spark で処理したデータを受け取り、準リアルタイムに可視化する事も可能

      • 参考URL:https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/

  • 本記事では、マクロソフトのIoTソリューションの概要と特徴について記載いたしましたが、各機能の詳細については、別の記事でご紹介する予定です。


Comments (0)

Skip to main content