統合ソリューション BizTalk の概要 と 最新情報


Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team

森本 信次

・BizTalkとは
BizTalk は マイクロソフトが提供するシステム間・統合プラットフォームです。

以下 EAI 、B2B 、および オンプレミス-クラウド間連携 のためのデータ連携機能を提供します。

  • EAI (Enterprise Application Integration) : 企業内の複数のシステムを連携させ、データやプロセスを統合
  • B2B(Business-to-Business) : 企業間の物品の売買やサービスの提供、企業と金融基幹との取引など

 

BizTalk は 稼働するプラットフォームにより 2つに大別できます。

  1. オンプレミスのサーバー上で稼働する BizTalk Server ( 2000年提供開始、最新バージョンは BizTalk Server 2013 R2 )
  2. Microsoft Azure つまり クラウド上で Paas として提供されている BizTalk Services ( 2013年提供開始 )

 

・最新情報

ロードマップ等の最新情報としては、

前者の BizTalk Server については今年秋頃に次期バージョンとなる BizTalk Server 2016 のリリースが予定されており、下記に挙げるような拡張が予定されています (一部抜粋)

  • SQL Server 2016、Windows Server 2016、Visual Studio 2015、Office 2016 への対応
  • SQL Server 2016 AlwaysOn Availabilty Groups のサポート ( Azure 仮想マシンも含め )
  • SAP アダプターの SAP Connector for .NET の使用 ( RFC SDK ベースのアダプターも継続サポート予定 )
  • SFTP アダプターの WinSCP 対応 など

 

BizTalk Server のロードマップを含む詳細情報については以下をご参照ください。
http://social.technet.microsoft.com/wiki/contents/articles/33958.first-look-at-biztalk-server-2016.aspx

 

BizTalk Services についても オンプレミス-クラウド間の連携機能が  “Hybrid Connection ( プレビュー )” として提供されており、

先行して提供していた “BizTalk Adapter Service” よりも幅広な連携ニーズに対応できるようになります。

  • SQL Server への .NET Framework アクセス
  • WebClient による HTTP/HTTPS サービスへの .NET Framework アクセス
  • SQL Server または MySQL への PHP アクセス
  • SQL Server、MySQL、Oracle への Java アクセス
  • HTTP/HTTPS サービスへの Java アクセス

BizTalk Service についての詳細は以下をご参照ください。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/biztalk-services/


・まとめ

本記事では 統合ソリューション BizTalk の位置づけと、ロードマップなどに簡単に触れましたが、

詳細についてはまた別の記事で触れていく予定です。

Comments (0)

Skip to main content