SQL Server 2016 Reporting Services 新機能 1


SQL Server Reporting Services (SSRS) は、リレーショナル データ ソースおよび多次元データ ソースのデータを含む、表形式、グラフ形式、および自由形式のレポートの作成と管理に使用できるサーバー ベースのプラットフォームです。作成するレポートは、Web ベースの接続を経由して表示および管理されます。これが SQL Server に含まれていることをご紹介すると、「こんな機能、いつからあったんですか?!」と聞かれることがあるのですが、実は SQL Server 2005 から、つまり 10 年以上前から存在する機能なんです。

SSRS 進化の歴史

SSRS は時には大幅に、時には細かい部分の機能強化中心に、進化を遂げ続けてきました。
簡単に振り返ると下表のようになります。

バージョン 主な新機能・強化点
2000 ・ ファースト リリース
2005 ・ レポート ビルダの提供
・ データ順序の対話的な並べ替え
・ SharePoint 統合
2008 ・ OS コンポーネントの http.sys を取り込むことによる IIS からの独立
・ Dundas 社の Visualization Parts の一部取り込みによるゲージ等のグラフ形式の追
・ テーブル形式とマトリックス形式を融合した Tablix 形式の追加
2008 R2 ・ 再利用可能にするレポート パーツ
・ グラフの強化(マップ、スパークラインとデータ バー、インジケーター)
2012 ・ SharePoint Server との連携強化 (Power View レポート, データ警告)
・ Office Open XML 形式でのレポートのエクスポート
2014 ・ 多次元モデルに対応する Power View レポート

 

そして 2016 では以下のような機能強化がされ、大きく進化しています。

image

HTML5 対応と同時に、 表やグラフ、レポート ビルダーもモダンな見た目になっています。

さらに 2015 年春に買収した Datazen の統合により、新しい Web ポータルとモバイル デバイス用のレポートが追加されていますので、次回はこれらについてご紹介します。

Comments (0)

Skip to main content