5分で試せる最新Visual Studio ~Azure仮想マシンでVisual Studioを入手する~

ここでは次のことをご紹介します。 ・AzureとMSDNについて ・Microsoft Azure をアクティブにする ・Microsoft Azureの仮想マシンにVisual Studioのインスタンスを作成 ・仮想マシンにアクセスする Windows編 ・仮想マシンにアクセスする Mac編 ・Visual Studioを起動する   AzureとMSDNについて Azure は開発環境(Visual Studio 入りのWindows 8, Windows 7 などクライアントOS)、テスト環境(SQL Server やSharepoint入りの Windows Server や Linux)、チームコラボレーション環境(TFS)をまとめて提供しています。要するにリモートデスクトップが使える低スペックのクライアント環境さえあれば、大規模テストや最新のアプリ開発が可能になるわけです。   いまのところ正式版のクライアントOSが利用できるのはMSDN Subscriptionsをお持ちのユーザーのみです。そしてMSDN SubscriptionsにはAzureを継続して無償利用できるお得な特典がついています。ご存じでしたか? Azureを利用している方も、まだ使ってない方も、この機会に有効化にしておきましょう。   Microsoft Azure をアクティブにする MSDN Subscription の管理ページにアクセスします。管理ページから「Microsoft Azure をアクティブにする」のリンクをクリックします。 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/subscriptions/manage/   プロフィール情報を入力します。   携帯電話による本人確認があるため、電話番号を入力して「テキストメッセージを受信」を押すと、テキストメッセージ、もしくは電話で確認コードを受けることができます。 確認コードをテキストボックスに入力して「コードの確認」を押します。     確認が終わると「COMPLETE」と表示されます。 契約をご確認の上、チェックボックスにチェックして、サインアップをクリックします。  …


Windows Azure BLOB ストレージの管理は Visual Studio のサーバーエクスプローラーが意外と便利

数あるWindows Azure のストレージのなかでも便利でよく利用されているのが Windows Azure BLOB ストレージでしょう。単純な画像やテキストファイルといったデータの置き場所以外にも様々な使い方があります。SQL Serverのデータを直接バックアップ・リストアしたり、SQL Database のデータベースを直接インポート・エクスポート、AzCopyを利用して異なるストレージアカウントにデータをコピーすることだって出来ます。 Visual Studio 2012/2010 を使えば、この BLOB ストレージをGUIで管理することが出来ます。具体的には 「サーバーエクスプローラー」からAzure ストレージに接続すると以下のようにコンテナ単位でデータを表形式で表示できます。 カラムは「名前」「サイズ」「更新日時」「コンテンツタイプ」「URL」。     また、フィルタリングやアップロード、ダウンロード、削除など一般的な機能を兼ね備えています。   BLOB以外に、Tableや Queueの管理にも利用できます。詳しい使い方はこちら。 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windowsazure/ff683677.aspx


VS魂 100連発! やってます。

Visual Studioを中心として、ちょっと緩めにツールや技術を紹介する動画集です。今後まだまだ増えていきます。 Visual Studio/.NETに興味がある開発者向けですが、今年から働き始めるルーキーのトレーニングに活用してもGoodだと思いますよ。 VS魂 100連発! コンテンツ インデックス LIVE 中継 (Ustream) YouTube 配信