Entity Framework CTP 5 Code First ウォークスルー

「Code Firstは気持ちいい」 、私の前のデスクに座っている @haruulala さんが呟いていました。 確かに、コーディング大好きデベロッパーには納得の一言だと思います。今日は、2010年では最後のバージョンとなる CTP5 を実際に動かしてみましょう。ちなみにCTP4からは、一部変更されているところもあります。変更点については以前のポスト(Entity Framework Code First CTP5 リリース)を参考にしてください。  「そもそもCode Firstって何よ?」という方も以前のポスト(ADO.NET Entity Framework Code First を使ってみよう)を参考にしてください。   必要な環境 ・Visual Studio 2010 ・SQL Server 2008/R2 Express    1.EF CTP5をインストール ※以前のバージョンが入っていても削除する必要はありません。   2.コンソールアプリ作成 Visual Studio 2010 を起動 ファイル-> 新規作成 -> プロジェクト プロジェクト名は”CodeFirstSample”としてコンソールアプリケーション作成 “OK” をクリック   3.モデル実装 検証用であればProgram.csにそのままつくっちゃいましょう。 ここでは1:Nの関係をもつエンティティを2つ定義しています。 (本当は多:多の方がEFのメリットが分かりやすいかもしれません・・・今回はシンプルさを重視して1:N) public class Category {…

0

祝:【.NET開発テクノロジー入門】Visual Studio 2010対応版 発売!

随分前から執筆を開始していた書籍が発売になります。 例によって例のごとく執筆者にお金がはいるわけではありませんが、いい読み物になるよう時間をかけてクオリティを高めているので、ご購入頂けますと嬉しいです。ちなみに私は前回と同じく第5章データアクセス技術を執筆しました。 NET開発テクノロジー入門 Visual Studio 2010対応版 (MSDNプログラミングシリーズ) [単行本]   内容紹介 大好評だった『.NET開発テクノロジー入門』の待望の改訂版です。Visual Studio 2010/.NET Framework 4に対応し、Silverlightや並列プログラミングなど、最新のテクノロジーを詳しく解説しています。 .NET Frameworkが登場してから数世代にわたってバージョンアップが行われ、データベース開発用のADO.NETを始め、Web開発用のASP.NET、リッチなユーザーインターフェイスを提供するWPF、統一された通信テクノロジーを提供するWCF、ワークフロー開発用のWFなど、さまざまなテクノロジーが追加/機能強化されたことにより、.NET Framework自身の機能も大きくなり、最新技術が常に変化している状況でなかなか全体像を把握するのが困難になってきました。 本書は、こうしたさまざまなテクノロジーについて、その位置付けや活用場面などをわかりやすく解説することによって、開発者の皆さんが.NETの技術体系を理解できるようにするための解説書です。  

0

【Visual Studio 2010 ラウンチツアー】サーバーサイドセッションの内容

これは必見!!Tech Days 2010 のセッションがご視聴いただけるようになっています。 http://www.microsoft.com/japan/events/techdays/2010/     今日は皆さんにガッカリされないように Visual Studio 2010 ラウンチツアーサーバーサイドセッションの内容を先出ししておきます。   アジェンダから分かるように OData から Windows Azure まで幅広くとりあげます。 時間が1時間と短いので、細かい仕組みや手順、プログラミンなどは置いといて次のような内容を目指します。 ・以前はこんな課題があって、それを解決するためにこんな機能が登場しました。 ・こんなに簡単にできます。 ・こんなメリットがあって、こんなシーンで利用してはいかがでしょう。   それぞれのテーマにはキーメッセージ(多様性、柔軟性、俊敏性、選択肢)があります。 これらメッセージがちゃんと伝わる内容にしたいと考えています。 当日はお気軽に話しかけて頂けますと幸いです。 人見知りなのでキョドってますが悪意はありませんので・・・・ それでは。

0

【お知らせ】Future Technolgoy Days — Web テクノロジー & Windows Azure 無料セミナー

先週はMIX10に参加しておりまだまだ時差ボケ真っ最中の井上大輔です。 とはいえ朝六時前に起床する朝方生活を送っているためむしろ健康的ですね。(以前は朝9時くらいに起床)   尚、MIX10のセッションはストリーミングで無料視聴することが出来ます。太っ腹!! 今後のWebテクノロジーのトレンドをキャッチアップしたい方々はKeynoteくらいは見ておいて頂きたいと思います。 英語が苦手な方々もデモ満載なので、だいたいの内容は理解可能かと・・・・・ ちなみにKeynoteは2日間に分けて開催されました。 Keynote Day 1:Silverlight 4、Windows Phone など Keynote Day 2:IE9、HTML5、ASP.NET、OData など     今日はFuture Technolgoy Days — Web テクノロジー & Windows Azure セミナーのご紹介です。 WebテクノロジーについてはMIX10でもスポットライトを浴びたjQueryやMVCなど豊富に取り込んだ内容になっています。 NECラーニングの杉岡さんが講師をされます。 東京はもちろんのこと、今回は大阪でも開催される貴重な機会になっているため早めのご登録を。   Window Azure セミナーについては開発だけでなく、戦略、事例もご紹介します。 全国7都市、津々浦々で開催されるので、こちらも要チェックです。  

0

Tech・days 2010 デモのフォローアップ 4 POCO 編【T2-305 ADO.NET Entity Framework】

今日はPOCO編のフォローアップです。   POCO の特徴や基本的な位置づけについては過去のPOSTをご参考にしてください。 ・Visual Studio 2010 EF4 POCO Part1 ・Visual Studio 2010 EF4 POCO Part2 ・Visual Studio 2010 EF4 POCO Part3      POCOはご自身でも作成することが可能ですが、自動生成ツールが提供されています。 Visual Studio 2010 RC をご利用の方はツールをダウンロードしてインストールしてください。 POCO Entity Generator (C#) POCO Entity Generator (VB)   さらにPOCO 応用編については株式会社アークウェイ森屋 英治氏のセッションがレベルはグッと上がるもののお勧めです。Tech Days 2010 参加者はストリーミングでご覧いただけるようになると思います。     T2-305 セッションのデモ 私のセッションではこんな感じのプロジェクトにしました。       ちなみに各プロジェクトの意味合いは次の通り。 dal…

0

Tech・days 2010 デモのフォローアップ 3 遅延ロードとNative SQL 編【T2-305 ADO.NET Entity Framework】

一先ずセミナーや執筆など諸々終わったので一安心・・・・と思ったのもつかの間、残していた事務作業がテンコ盛りの今日この頃です。まぁ、見ないことにして Blog を Update したいと思います。 今日は遅延ロードと Native SQL を扱います。次回は POCO と Self-Tracking Entities を予定しています。   遅延ロード(レイジーロード) 必要になったタイミングで暗黙的にデータを取得する機能ですね。 下記のコード例では6行目の CourseGrades を取得するタイミングで毎回、クエリが発行されます。 (尚、デフォルトで遅延ロードは true になっています。要するに ON 。) このコードでは People の件数と同じだけ CourseGrades を取得するためのクエリが発行されます。 6名のデータが存在すれば、CourseGrades を取得するために 6 回クエリが発行されることになります。 よって、開発者は CourseGrade データのロードを意識しないでよいため楽ちんですが、ラウンドトリップ回数はパフォーマンスに悪影響を与える可能性があるため意識する必要があります。 // デフォルトは true です。 db.ContextOptions.LazyLoadingEnabled = true; var people = db.People; foreach (var p in people) {    …

0

Tech・days 2010 デモのフォローアップ 2 デザイナ編【T2-305 ADO.NET Entity Framework】

Visual Studio 2010 RC は Beta 2 と比べるとホント快適ですね。 ここまで改善されるとは・・・・感動です。   本日は Tech・days でお話した最初のテーマである「デザイナ」についてフォローアップします。   複数化、外部キー EDM Wizard でDBオブジェクトを取り込むとき、下図のように2つのチェックボックスが追加されました。 上のチェックボックスが複数化、下のチェックボックスが外部キーです。 複数化は Entity を単数形、EntitySetを複数形に変換してくる機能です。 (元になるDBのオブジェクト名は単数形だろうが、複数形だろうが関係ありません) また「外部キー」は、Entityのスカラプロパティとして外部キーが扱えるようになったという機能です。 どちらも細かい変更点ですが、実際に実装していくと意外と便利だったりします。     また、デザイナのプロパティから、下図のパラメーターを Trueに設定すれば、新しく作成するEntityに対して複数化の機能を有効にすることが可能です。   他にもデザイナで新たにAssocitionを追加する時、外部キーを追加する機能が搭載されました。   ちなみに、セミナーでは pubs サンプルDB を用いて次のような EDM を生成しました。     モデルファースト、複合化 モデルファーストは概念モデル(CSDL)から、論理モデル(LDM)やマッピング(MSL)を生成する機能でした。 手順はCSDLをご自身で定義して、コンテクストメニューから新たに追加された次のコマンドを実行するだけです。 ポイントはここだけですね。 尚、EDMの構成は SchoolサンプルDB のデータ構造を元に構成しています。   複合型はモデルブラウザーからプロパティを一つずつ定義していく方法があります。   また、複数のプロパティを選択して、まとめて複合型として定義することも可能です。     WPF連携 GUI…

0

[Future Technology Days] Visual Studio 2010 ラウンチツアー 開催決定!!

みなさん、お疲れさまです。 セミナー続きで、なかなか Tech Days のフォローができず、大変申し訳ありません。先ほど、ようやく環境が整ったので、明日からフォローを再開したいと思います。   今日はFuture Technology Days 第5弾!! Visual Studio 2010 ラウンチツアーのお知らせです。 これは 4/13 に東京で開催される Visaul Studio 2010 ラウンチイベント の地方版になります。 大阪、名古屋、札幌、九州で実施されます。 ご興味ある方は以下のリンクをクリックしてください。 http://www.microsoft.com/japan/powerpro/ftd/vs/seminar.mspx 内容はこんな感じです。   ■時間(10:15 ~17:00)   ■アジェンダ ・Visual Studio 2010 によるこれからのアプリケーション開発のスタイル ・Visual Studio 2010 製品概要セッション『”7″ 時代の次世代Windows 開発 』 ・Web アプリケーション開発『”4″ 時代の次世代 Web 開発』 ・サーバーサイド開発『”クラウド” 時代の次世代サーバーサイド開発』   ■概要 本ツアーでは、Visual Studio 2010 の製品概要・マーケティング情報から製品とアプリケーション開発を理解して頂くための技術セッションまでを網羅し、1…

0

Tech days 2010 デモのフォローアップ 1 【T2-305 ADO.NET Entity Framework】

昨日は Tech Days セッションにご参加頂いた皆様、誠にありがとうございます。 今日から数回にわたってセッションのフォローアップさせて頂きます。 まだ Tech Days も終わっていないので、まずはありものから・・・・・・・・・     ■デザイナ編 ・複数化 ・外部キー ・モデルファースト ・複合型 ・WPF連携     ■関数編 ・遅延ロード ・LINQ to Entities Functions(デモなし) ・Native SQL(デモなし)     ■アーキテクチャ編 ・POCO      – Visual Studio 2010 EF4 POCO Part1      – Visual Studio 2010 EF4 POCO Part2      – Visual Studio 2010 EF4 POCO Part3…

0

VS 2010 Beta2 用の Entity Framework POCO Template がリリースされました。

最近は Tech Days 2010 やその他諸々のため Blog の更新が滞っており申し訳ありません。来月にはセミナーやら書き物などでドーンとまとめてお伝えできると思います。 今日は Entity Framework 4 についてお知らせです。 タイトルにもある通り、VS 2010 Beta 2 で動作する POCO Template がリリースされています。 C# 用と VB 用で異なるのでお間違えなく。 C# 用 POCO Template VB 用 POCO Template これは、EF4 新機能である POCO ベース の Entity を自動的に生成してくれるデザイナの拡張機能です。 POCO をご存じないかたはこちらの記事をご覧ください。 また、POCO Template の具体的な利用方法はこちらです。 POCO Template は今のところ、 VS 2010 RTM に含まれる予定はないようです。 Visual Studio ギャラリーからダウンロードして拡張機能として利用して頂くことになります。  

0