Entity Framework CTP 5 Code First ウォークスルー

「Code Firstは気持ちいい」 、私の前のデスクに座っている @haruulala さんが呟いていました。 確かに、コーディング大好きデベロッパーには納得の一言だと思います。今日は、2010年では最後のバージョンとなる CTP5 を実際に動かしてみましょう。ちなみにCTP4からは、一部変更されているところもあります。変更点については以前のポスト(Entity Framework Code First CTP5 リリース)を参考にしてください。  「そもそもCode Firstって何よ?」という方も以前のポスト(ADO.NET Entity Framework Code First を使ってみよう)を参考にしてください。   必要な環境 ・Visual Studio 2010 ・SQL Server 2008/R2 Express    1.EF CTP5をインストール ※以前のバージョンが入っていても削除する必要はありません。   2.コンソールアプリ作成 Visual Studio 2010 を起動 ファイル-> 新規作成 -> プロジェクト プロジェクト名は”CodeFirstSample”としてコンソールアプリケーション作成 “OK” をクリック   3.モデル実装 検証用であればProgram.csにそのままつくっちゃいましょう。 ここでは1:Nの関係をもつエンティティを2つ定義しています。 (本当は多:多の方がEFのメリットが分かりやすいかもしれません・・・今回はシンプルさを重視して1:N) public class Category {…