Entity Framework CTP 5 Code First ウォークスルー

「Code Firstは気持ちいい」 、私の前のデスクに座っている @haruulala さんが呟いていました。 確かに、コーディング大好きデベロッパーには納得の一言だと思います。今日は、2010年では最後のバージョンとなる CTP5 を実際に動かしてみましょう。ちなみにCTP4からは、一部変更されているところもあります。変更点については以前のポスト(Entity Framework Code First CTP5 リリース)を参考にしてください。  「そもそもCode Firstって何よ?」という方も以前のポスト(ADO.NET Entity Framework Code First を使ってみよう)を参考にしてください。   必要な環境 ・Visual Studio 2010 ・SQL Server 2008/R2 Express    1.EF CTP5をインストール ※以前のバージョンが入っていても削除する必要はありません。   2.コンソールアプリ作成 Visual Studio 2010 を起動 ファイル-> 新規作成 -> プロジェクト プロジェクト名は”CodeFirstSample”としてコンソールアプリケーション作成 “OK” をクリック   3.モデル実装 検証用であればProgram.csにそのままつくっちゃいましょう。 ここでは1:Nの関係をもつエンティティを2つ定義しています。 (本当は多:多の方がEFのメリットが分かりやすいかもしれません・・・今回はシンプルさを重視して1:N) public class Category {…

0

祝:【.NET開発テクノロジー入門】Visual Studio 2010対応版 発売!

随分前から執筆を開始していた書籍が発売になります。 例によって例のごとく執筆者にお金がはいるわけではありませんが、いい読み物になるよう時間をかけてクオリティを高めているので、ご購入頂けますと嬉しいです。ちなみに私は前回と同じく第5章データアクセス技術を執筆しました。 NET開発テクノロジー入門 Visual Studio 2010対応版 (MSDNプログラミングシリーズ) [単行本]   内容紹介 大好評だった『.NET開発テクノロジー入門』の待望の改訂版です。Visual Studio 2010/.NET Framework 4に対応し、Silverlightや並列プログラミングなど、最新のテクノロジーを詳しく解説しています。 .NET Frameworkが登場してから数世代にわたってバージョンアップが行われ、データベース開発用のADO.NETを始め、Web開発用のASP.NET、リッチなユーザーインターフェイスを提供するWPF、統一された通信テクノロジーを提供するWCF、ワークフロー開発用のWFなど、さまざまなテクノロジーが追加/機能強化されたことにより、.NET Framework自身の機能も大きくなり、最新技術が常に変化している状況でなかなか全体像を把握するのが困難になってきました。 本書は、こうしたさまざまなテクノロジーについて、その位置付けや活用場面などをわかりやすく解説することによって、開発者の皆さんが.NETの技術体系を理解できるようにするための解説書です。  

0

【Visual Studio 2010 ラウンチツアー】サーバーサイドセッションの内容

これは必見!!Tech Days 2010 のセッションがご視聴いただけるようになっています。 http://www.microsoft.com/japan/events/techdays/2010/     今日は皆さんにガッカリされないように Visual Studio 2010 ラウンチツアーサーバーサイドセッションの内容を先出ししておきます。   アジェンダから分かるように OData から Windows Azure まで幅広くとりあげます。 時間が1時間と短いので、細かい仕組みや手順、プログラミンなどは置いといて次のような内容を目指します。 ・以前はこんな課題があって、それを解決するためにこんな機能が登場しました。 ・こんなに簡単にできます。 ・こんなメリットがあって、こんなシーンで利用してはいかがでしょう。   それぞれのテーマにはキーメッセージ(多様性、柔軟性、俊敏性、選択肢)があります。 これらメッセージがちゃんと伝わる内容にしたいと考えています。 当日はお気軽に話しかけて頂けますと幸いです。 人見知りなのでキョドってますが悪意はありませんので・・・・ それでは。

0

[Future Technology Days] Visual Studio 2010 ラウンチツアー 開催決定!!

みなさん、お疲れさまです。 セミナー続きで、なかなか Tech Days のフォローができず、大変申し訳ありません。先ほど、ようやく環境が整ったので、明日からフォローを再開したいと思います。   今日はFuture Technology Days 第5弾!! Visual Studio 2010 ラウンチツアーのお知らせです。 これは 4/13 に東京で開催される Visaul Studio 2010 ラウンチイベント の地方版になります。 大阪、名古屋、札幌、九州で実施されます。 ご興味ある方は以下のリンクをクリックしてください。 http://www.microsoft.com/japan/powerpro/ftd/vs/seminar.mspx 内容はこんな感じです。   ■時間(10:15 ~17:00)   ■アジェンダ ・Visual Studio 2010 によるこれからのアプリケーション開発のスタイル ・Visual Studio 2010 製品概要セッション『”7″ 時代の次世代Windows 開発 』 ・Web アプリケーション開発『”4″ 時代の次世代 Web 開発』 ・サーバーサイド開発『”クラウド” 時代の次世代サーバーサイド開発』   ■概要 本ツアーでは、Visual Studio 2010 の製品概要・マーケティング情報から製品とアプリケーション開発を理解して頂くための技術セッションまでを網羅し、1…

0

Tech days 2010 デモのフォローアップ 1 【T2-305 ADO.NET Entity Framework】

昨日は Tech Days セッションにご参加頂いた皆様、誠にありがとうございます。 今日から数回にわたってセッションのフォローアップさせて頂きます。 まだ Tech Days も終わっていないので、まずはありものから・・・・・・・・・     ■デザイナ編 ・複数化 ・外部キー ・モデルファースト ・複合型 ・WPF連携     ■関数編 ・遅延ロード ・LINQ to Entities Functions(デモなし) ・Native SQL(デモなし)     ■アーキテクチャ編 ・POCO      – Visual Studio 2010 EF4 POCO Part1      – Visual Studio 2010 EF4 POCO Part2      – Visual Studio 2010 EF4 POCO Part3…

0

ADO.NET Entity Framework を用いたN階層システムの構築手法

今日は ADO.NET Entity Framework + N 階層システムについて考えてみたいと思います。 現バージョンの ADO.NET Enity Framework ではシリアライズ対象でない ObjectContext が変更履歴(CRUDステータス 、Old Value、FKチェックなどなど)を管理しているため、特に同時実行制御を考慮したN階層システムの構築が困難なケースがあります。 当然ながら変更履歴を管理するDTOなどを自身で作成すれば対応できますが、スキーマ構造が複雑化するにつれて相乗的に実装が困難になるでしょう。 その結果、WCFなどを使った更新を伴うデータサービスの構築を考えた場合、必ずしもDataSetより優れているとは言い難いのが現状だと思います。   この問題の解決策として登場するのが Microsoft ADO.NET Entity Framework Feature Community Technology Preview に含まれる Templates for Self-Tracking Entities (N-Tier support) になります。 これは 以前のPost でも少し紹介しました。おそらく乱暴すぎてよく理解できなかった方々がほとんどでしょう。(反省) 今回は実際にいじってみましょう。 尚、ADO.NET team のBlogでも紹介されているので、ちちらも参考にしてください。 ※ US版サンプルコードダウンロード : EFFeatureCTP2_Walkthrough_STE.ZIP     環境 ・Visual Studio 2010 Beta 2…

0

Visual Studio 2010 Beta 2 用 ADO.Net Entity Framework Community Technology Preview リリース!

今日は Microsoft Developer Forum 2009 でしたね。私は会場ではなく自席で Streaming 視聴しました。 Smooth Streaming は相変わらずスゴイですね。 画質が綺麗だし、巻き戻し再生もできる。MS 社員としてではなく単純に利用者として普及してほしいテクノロジーです。 Developer Forum では主に UX、Cloud  が目立っていたように感じました。 大丈夫です、ちゃんと データアクセスも目立たない・・・ところで強化されています。   このたび VS 2010 Beta2 用の Microsoft ADO.NET Entity Framework Feature Community Technology Preview 2 がリリースされました。  下記の機能が含まれています。 Templates for Self-Tracking Entities (N-Tier support) Code-Only Programming Model that allows you to write Entity Data Model based…

0

Visual Studio 2010 Beta 2 + Entity Framework 4 を試してみました。

Visual Studio 2010 Beta 2 (English) をインストールしてみました。    こんな画面     全体的に見た目は Beta 1と大差ないですね。しかし、パフォーマンスがアップしているのでちょこちょこ触ってみても、かなり軽快に動作することが分かります。(Beta 1は正直、遅かったので、、、、、これはうれしい)。246 days remaining と書いてあるので、8カ月間くらいは使えるみたいです。まぁ、それまでにはRTM版になっているとは思います。         ちょっとだけ、先日ご紹介した Entity Framework の機能も確認してみましょう。あっ。   EDM Wizard   「Include foreign key columns in the model」なるものが追加されています。これが Entity に対して Foreign Key のプロパティを追加する機能ですね。         EDMデザイナ   やっぱり Foreign Key が employee エンティティのプロパティに追加されています。 ついでに生成された…

0

Entity Framework 4 Beta 2 アナウンス

先日、ご紹介した通り Visual Studio 2010 Beta 2 がダウンロード出来るようになっています。ADO.NET team blogを見ると New features の記載があります。後々検証する予定ですが、ここで簡単にまとめておきます。   ·    Foreign Keys: エンティティのプロパティとしてForeign Keyが持てるようになります。Tech・Edでも解説しましたが現行バージョンではForeign Key の操作が大変です。(できないわけではありません)   ·    Improvements to POCO Support: これはPOCOのサポートですね。Beta 2では細かいところが改良されているみたいです。   ·    Lazy Loading on by Default in new Models: どうも遅延ロードがデフォルトtrueになるようです。これは、善し悪し。   ·    EntityDataSource support for Query Extenders and POCO: 現行バージョンASP.NETではEntityDataSourceコントロールを使って簡単にデータバインドできます。.NET 4では Query ExtendersとPOCOがEntityDataSourceでサポートされます。ちなみにQuery Extendersは.NET 4で追加される新機能です。XXXDataSource系のコントロールを拡張するのに使います。  …

0

データアクセスもさらに強化!! Visual Studio 2010 Beta2

いろいろと旅をしており、すっかりブログの更新をさぼってしまいました。すみません。 ようやくVisual Studio 2010 Beta2 が公開されましたね。まだ英語版だけですが、近いうちに日本語版も出てくると思います。データアクセス系も近々、検証していきたいと思います。 http://msdn.microsoft.com/en-us/vstudio/default.aspx   また、業務の都合上PHPも関連をキャッチアップする必要が出てきたため、Blogでも情報公開していきたいと思います。このBlogでは特にPHP on Azureにフォーカスして情報を提供したいと思います。(多分、興味ない方も多いので、次回からはタイトルに「PHP」、タグに「PHP」を明示しておきます)。 ちなみにマイクロソフトのオープンソースへの取り組みの全体については、下記のブログを参考にしてください。 http://blogs.technet.com/port25j/       尚、PHP on Azure について、ようやく情報が揃ってきたといった状態です。ここで簡単にまとめておきましょう。  ・データアクセス SQL Server Driver for PHP 1.1 ようやくSQL Azureに対応したDriverがリリースされました。(SQL Server Driver for PHP 1.0は対応していません。) 本バージョンよりUTF-8もサポートされました。多少イジルと便利なOSSもAzure上で使えるようになります。 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=ccdf728b-1ea0-48a8-a84a-5052214caad9   Microsoft SQL Server Driver for PHP Team Blogのブログは以下 http://blogs.msdn.com/sqlphp/     ・開発環境 Visual Studio 2008 残念ながらVisual Studio では効率的な開発ができないため、アシアルさんなどが提供している3rd パーティ製の製品を利用して頂く必要があります。…

0