巷で話題の Xamarin が Windows Azure モバイルサービスに


モバイルサービスのプラットフォームの選択項目として正式に追加されました。

xamarin

  

ちなみに、約一年前にXamarin とのパートナーシップ提携に関するお知らせをしまいたが、それがここにきて実を結んだ感じでしょうか。これでクライアントサイドではC# を使ったマルチデバイス向けネイティブアプリ開発が一段と楽になりますし、サーバーサイドはモバイルサービスを活用することで楽が出来ることになります。

個人的にはiOSのアプリとか新しく覚えて開発する気力が湧きませんでしたが、C#が使えるならやってみようかと。

 

ところで、Xamarinとは

clip_image002

・オープンソースの.NET Framework 実装であるmonoをベースとし、C#を利用して、iOS、 Android、 Mac、Windowsクロスプラットフォーム対応の開発ができるプラットフォーム

・ネイティブコードを生成するので、アプリは高速に動作

clip_image004

・iOS、 Android、Windowsのアプリ開発をVisual Studioで一本化

※ iOSのアプリビルドには、Mac OSが必須

・Visual Studioのテスト機能、Team Foundation Server/Team Foundation Service を活用したALM、DevOps

clip_image006

・既存の.NET Frameworkのライブラリを再利用

Xamarin Component Store によるコンポーネント購入や販売

例: Windows Azure Mobile Services 用コンポーネント

 

Azure Mobile Services + Xamarin のビデオ

http://components.xamarin.com/view/azure-mobile-services

 

チュートリアル

http://www.windowsazure.com/en-us/develop/mobile/tutorials/get-started-xamarin-ios/?fb=ja-jp

 

Xamarinの入手

http://xamarin.com/download

 

国内代理店

エクセルソフト様 (技術サポートも提供)

日本向け製品ページはこちら

Comments (0)

Skip to main content