12月1日(土)パフォーマンスに悩めるIT担当必見:インメモリOLTPを実現する”Hekaton”が日本で語られる


来週末開催されるSQLSaturdayで次期SQL Server “Hekaton”のセッションがあります。Hekatonにはトランザクションの処理速度を劇的に向上するためのインメモリ技術が搭載されています。これによりアプリを修正することなく、なんと数十倍の速度向上が期待できるのです!前回のBlogでもサラッとご紹介しました。

セッションのスピーカーはSQL Server超スペシャリスト集団SQLCATのメンバーであるMS多田。彼ほどSQL Serverの将来に詳しい人間はMS社内でもいないでしょう。

 

–開催概要–
日時: 2012年12月1日 13:30 開始 (13:00 開場)
場所: 日本マイクロソフト株式会社 品川本社 セミナールーム

 

[セミナートラック]
13:30-14:15 「TSQL 振り返り」Speaker:お だ(SQL World)
14:30-15:15 「ここからはじめる SQL Server の状態取得」 Speaker:ムッシュ小澤(SQLTO)
15:30-16:15 「BIをはじめてみよう」 Speaker:小塚大介(SQLTO)
16:30-17:15 「次期SQL Serverの新機能 Hekaton とは?」 Speaker:多田典史(日本マイクロソフト株式会社 SQLCAT)

[ハンズオントラック]
13:30-15:15 「今さら聞けない!? SQL データベース(旧称:SQL Azure)超入門」 Trainer:井上大輔、武田正樹(日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト)

 

申込みはこちら

http://atnd.org/event/E0011257

 

 

ちなみに私もこっそりSQL Azureについて話します。次のような方を対象としています。

・SQL ServerとSQL Azureの違いをしりたい。

・Azureの進化が早すぎてキャッチアップ出来ていない。この機会にSQL Azureの最新情報を体系的に知りたい。

こっちは余力があれば参加してくださいw


Comments (0)

Skip to main content