Entity Framework 5 (EF5) が遂にリリース–そして EF 6へ


Visual Studio 2012 のリリースに合わせて、EF5が完成しました。

Visual Studio 2010 ユーザーも Entity Framework NuGet package から利用できます。

ただし新しく追加されたほとんどの機能は .NET 4.5 ベースなのでご注意ください。

 

EF 5の強化ポイント

  • Enum をサポート
  • Spatial データ(DbGeography、DbGeometry型)をサポート
  • パフォーマンスアップ (以前のブログで紹介しました
  • Code First から デフォルトDBの自動探知(以前は SQL Express のみだったか LocalDb でも OK)をサポート

Visual Studio 2012 は LocalDbを含む、Visual Studio 2010 は SQL Expressを含む

  • 既存DBに対して、コードファースト からテーブルの追加

 

Visual Studio 2012  の強化ポイント

  • EF デザイナがデフォルトで DbContext を継承した DB クラスを作成し、またエンティティ クラスはPOCOのを生成(ObjectContextを生成することもできます。
  • モデルごとに複数ダイアグラムを作成可能。またエンティティに対してカラーリングなどもできる。
  • 既存 DB のテーブル値関数を利用可能
  • ストアドプロシージャのバッチインポート

 

 

すでに 次のバージョンにあたるEF6 に関する情報も出てきています。

最初に下記の機能強化に取り組むとのこと。

  • 非同期クエリ、非同期更新などが可能
  • コードファースト でストアドプロシージャとファンクションをサポート
  • コードファーストでカスタム可能なコンベンション

 

Comments (0)

Skip to main content