Tech·Ed North America 2011 No2 ~SQL Server 編~


SQL Server 2008 R2の次のバージョンにあたるSQL Server Denali (コードネーム)は現在 CTP1が提供されています。(PVはSQL Serverにしては??とポップな感じです。ご視聴ください。)次のCTP2の提供時期は夏くらいを予定しており、個人的にも夏くらいからキャッチアップしようかなぁ、と漠然と考えていましたが Tech・ed NA 2011で非常に多くの情報が出てきています。30セッション程度あり。夏からだとキャッチアップも大変そうなので、そろそろ手を付け始めようと思います。

 

開発系に関しては新しいツール「SQL Server Developer Tools code-named "Juneau" (SSDT) (ジュノー)」のセッションが目を引きました。これは従来SSMSや、その他の開発ツールで実装してきたデータベース開発(T-SQL、ストアドプロシージャー、スキーマ作成など)とアプリケーション開発の両方をVisual Studioで統合して開発できるようにするための機能を提供します。

 

■機能の一例

・ SSMSライクなUIや機能

・C#やVBのようなデータベース開発のエクスペリエンス提供

(T-SQLの効率的な開発、F5キーでのデバッグ実行、リファクタリング、エラー発生時のトラブルシューティング、など

・オフラインでの開発、テスト(ローカルランタイム利用)

・アプリプロジェクトとDBプロジェクトの統合、バージョン管理

・提供方法は以下を予定しています。

     - SQL Server Denaliに含む

     - Visual Studio vNext(stand-alone Visual Studio 2010 Shell or integrated with an existing Visual Studio 2010 installation)に含む

     - Web Platform Installer (WebPI)

WebPIで提供されるのは嬉しい方、多いかもしれません。どうやらSQL ServerやVSをインストールしないで利用できることも想定しているようです。データベースが手元にないSQL Azureを使ったアプリ開発では、開発時はオフラインにしておいて、アプリが完成したらSQL Azure上に展開して運用していくと便利かも。

 

■リソース情報

Tech・ed NA 2011のセッションでは下記を参考にしてください。

        - Microsoft SQL Server Developer Tools,Code-Named Juneau and the ADO.NET Entity Framework- Best Friends Forever

        - Introducing Microsoft SQL Server Developer Tools,Code-Named Juneau - An Introduction to Doing Database Development in a Modern Way

- Microsoft SQL Server: The Data and BI Platform for Today and Tomorrow

 

・その他

        - SQL Server Developer Tools, codename "Juneau" Team Blog

        - SQL Server code-named "Denali" Resource Center

 

今後はもう少しDenaliの開発系の情報もご提供する予定ですので飽きずに、このBlogもチェックしてくださいませ。

 


Comments (0)

Skip to main content