Entity Framework Code First CTP5 リリース


Entity Framework Code Firstの最新のCTP5がリリースされています。

機能的には、これで大分出揃ったという感じでしょう。

これが最後のCTPになるようです。また、2011年1月~3月くらいにはリリース予定です。

英語では既に様々な機能を紹介したPostがあるので参考にしてください。このBlogでもご紹介する予定です。

Model & Database First with DbContext

Code First Walkthrough

Code First Fluent API Samples

Looking at EF4 CTP5 in Parts: Part 1 - A New T4 Template

Looking at EF4 CTP5 in Parts: Part 2–Internal Validation

Looking at EF4 CTP5 in Parts: Part 3–Easy Access to In-Memory Entities

Looking at EF4 CTP5 in Parts: Part 3–Easy Access to In-Memory Entities

 

ちなみに変更点は

・アセンブリ名が変更になりました。

    Microsoft.Data.Entity.CTP.dll –> EntityFramework.dll

・既存DBをコードファーストで利用する時(正確にはDBファースト)Database InitializerをOFFにする必要がなくなった。

・DbContextのメンバーにprotected ObjectContextが含まれていたが含まれなくなった。IObjectContextAdapterを使ってObjectContextを取得できる。

・クラス名が変更

CTP4 Name
CTP5 Name
Database System.Data.Entity.Database.DbDatabase
RecreateDatabaseIfModelChanges System.Data.Entity.Database.DropCreateDatabaseIfModelChanges
AlwaysRecreateDatabase System.Data.Entity.Database.DropCreateDatabaseAlways
CreateDatabaseIfNotExists System.Data.Entity.Database.CreateDatabaseIfNotExists
SqlConnectionFactory System.Data.Entity.Database.SqlConnectionFactory
SqlCeConnectionFactory System.Data.Entity.Database.SqlCeConnectionFactory

追加機能は

DbContext

・モデルファースト、DBファーストからDbContextの利用
・アノテーションをベースとした保存時のバリデーション
・Change Tracker API 
        変更管理が可能になります。
・No-Tracking クエリのサポート
・WPFやWinFormのデータバインディング強化
・遅延ロードのサポート
・DbContext.DatabaseのSqlQuery、SqlCommandを使うと、ネイティブT-SQLの実行が可能
・同時実行制御におけるエラー制御の改善

 

Code First

・フルでアノテーションをサポート

KeyAttribute
StringLengthAttribute
MaxLengthAttribute
ConcurrencyCheckAttribute
RequiredAttribute
TimestampAttribute
ComplexTypeAttribute
ColumnAttribute 
TableAttribute
InversePropertyAttribute
ForeignKeyAttribute
DatabaseGeneratedAttribute
NotMappedAttribute

 

・流れるようなAPI の改善


コードがすっきり。
テーブルとカラムマッピングの単純化
クラスとプロパティを無視する機能

・Pluggable Conventions


詳細はまた次回

 



Comments (0)

Skip to main content