【PHP】Eclipseで作ったアプリケーションを Windows Azure に Deploy したい? No2


今日は PHP Developer 向けのネタです。



マイクロソフトの Windows Azure は Interoperability を非常に重視しているお話を以前しました。今日はその続きです。


余談ですが私も以前は PHP や Java を使った開発を何年間かやっており、なかなか興味深い分野です。


 


 




Azure サイトには Interoperability のページがありますね。


http://www.microsoft.com/windowsazure/interop/



このページを見るとなんだか便利そうな、SDK や Accelerator が用意されているのがわかります。


キャプチャ


 


 




さらに Window Azure Tools for Eclipse のサイト。


http://www.windowsazure4e.org/


 



このサイトの Learn ページでは以下のようなメニューでラボが用意されています。


初心者でもStep By Step で学べる非常によいドキュメントです。



Lab 0 — Quick Start
Lab 1 — Windows Azure Web Applications
    1.1. Getting Started with Hello World
    1.2. Converting Projects
Lab 2 — Windows Azure Data Storage
    2.1. Getting Started using Blob Services
    2.2. Using Table Services
Lab 3 — Windows SQL Azure




 


 


 


試しに Eclipse と Azure Plugin をインストール。


メニューに Azure 用のコマンドがあり、ここから Development Fabric の起動や、 Windows Azure へ発行が出来るようです。


キャプチャ



 


 


次に、Interoperability サイトで公開されている


Windows Azure MySQL PHP Solution Accelerator を試してみました。


こいつを使うと Azure 上で MySQL が使えるようになります。


余談ですが私も以前は MySQL を使った開発を何年間かやっており、なかなか興味深い分野です。うざいですね・・・・・・・・



Developement Fabric上で実行すると以下のように、MySQL は WorkerRoleで動作することになります。


キャプチャ




 


 


WebRole で動いている PHP Admin もちゃんと Developement Fabric 上で動作します。





キャプチャ



 


 マニュアルには Windows Azure 上に Upload する手段も記述してあるので、お試しください。



 


Comments (0)

Skip to main content