【セミナーのお知らせ】Windows7 & Windows Server 2008 R2対応アプリケーションへの移行のための開発ポイント


こんにちは。最近はTechEdの準備に追われていて、なかなかBlogが更新できない状況です(汗)とはいっても、楽しんで準備しています。もともと、緊張するタイプなのでセミナーは苦手なんですが(じゃぁ、エバになるなと叱られそうですが・・・・)、アンケートでお客様に満足して頂けると嬉しいものです。最近は、いろいろと試行錯誤しながら、どうやったら分かりやすいだろう、、、、役に立つだろう、、、、退屈しないだろう、、、興味を持ってもらえるだろう、、、、と考えるのが非常に面白いですね。エンジニア時代には、なかなか味わえなかった感覚ですね。


 


話がガラッと変わりますが、今日はマイクロソフトの主力製品である Windows 7 & Windows Server 2008 R2 のセミナー情報をお知らせします。7/22 RTM(製造工程向けリリース)が発表され、ボリュームライセンスが91日、パッケージ版が1022日を予定しています。現在、XPVista、Windows Server 2003上でなんらかのアプリケーションをお持ちの方には、是非参加しておいて頂きたい内容になっています。無料セミナーなのでお早めにお申し込みください。


 





























































 ★セミナー概要


http://www.microsoft.com/japan/ftd/windows7


  タイトル


 Windows7 Windows Server 2008 R2対応アプリケーションへの移行のための開発ポイント


  セミナー概要


本セミナーでは、Windows XPWindows Vista Windows Server 2003対応のいずれかのアプリケーションをお持ちで、今後、Windows 7及び Windows Server 2008 R2対応アプリケーションを開発される方々に、知っておいていただきたい変更点と、その対応のポイントを解説致します。


さらに、64bit対応アプリケーション開発のポイントなどについても解説致します。


   開催日時


2009819日(水)10001600(受付930)※昼休憩1時間含みます


2009903日(木)10001600(受付930)※昼休憩1時間含みます


2009918日(金)13001800(受付1230


101112月にも同内容のセミナーを実施を予定しております。
※各日、全て同じ内容のセミナーです


   開催場所


(819日・93)


マイクロソフト株式会社 新宿本社 5FセミナールームA/B


http://www.microsoft.com/japan/mscorp/branch/ost.mspx


151-8583東京都渋谷区代々木 2-2-1小田急サザンタワー


(918)


新宿マインズタワーセミナールーム4


http://space.abitus.co.jp/shinjuku2.html#access


151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内


   参加費用


 無料 (事前登録制)


   対象者


Windows XPWindows VistaWindows Server 2003対応アプリケーションの開発者
開発担当者、プロジェクトマネージャー、システムエンジニア、技術採用権限者


■アジェンダ


  ■Windows 7対応アプリケーション開発の変更点と対応のポイント


    Window 7のバージョンとその対応
  ・UAC (ユーザーアカウント制御)とその対応
    
UIPI (ユーザーインターフェイス特権の分離)、セッション0の分離、WRP (Windowsリソース保護)とその対応
  ・ファイルとフォルダ関連の変更とその対応
   
・その他の主な変更点とその対応


  ■64ビットアプリケーション開発のポイント


   Windows Server 2008 R2固有の変更点とポイント


   Appendix Hyper-VRDSRemote Desktop Service) 、VDIVirtual Desktop Infrastructure))

Comments (0)

Skip to main content