SQL Data Services (SDS) のT-SQLサポート



今日もお疲れさまです。


SQL Data Services (SDS) T-SQLサポートについてSDS team blogに言及されています。


 


 



ご存じの方も多いと思いますが、SDSはもともとACE(Authority, Container, Entity)データモデルが採用され、SOAP/RESTインタフェースが提供される予定でした。(ご存じなければをご確認ください。)その後、多くのユーザーからのフィードバックを受け、リレーショナルデータモデルが扱えるように方向性が変更されました。これによりTDS + TSQLによるデータアクセスが可能になる予定です。つまり、オンプレミスと同様のSQL Serverがクラウドにあるイメージです。とはいっても異なる点もあります。


 


·ハードウェアリソースは自社で用意する必要はなくマイクロソフトのデータセンターを活用


現存する数十万台規模のデータセンターを利用できます。ただし、日本にはデータセンターがない(他社も概ねそうですが)ためLatencyなどは考慮する必要があるでしょう。


·マルチテナントシステムが前提


みんなで有効利用しよう、というモノなので。


·SDS はパッケージでなくサービスとして活用


インスツールやアップデート、パッチ適用など必要なく、即座に利用できるところは魅力的です。


 


尚、T-SQLについてはSDS専用で特別に機能追加する予定は今のところないようです。また、SQL Server上で利用できるT-SQLが全て利用できるわけではありません。


ではSDS v1でサポートされる機能を見ていきましょう。


DDL


SDSでは下記の機能をサポートします。(ただし一部利用できないオプションもあります)


· FUNCTION


· INDEX


· PROCEDURE


· ROLE


· SCHEMA


· STATISTICS


· SYNONIM


· TABLE


· TRIGGER


· VIEW


上記オブジェクトのCREATEALTERステートメントは一部がサポートされます。例えば、CREATE TABLEステートメントのfilegroup オプションはサポートされません。


 


DML


DMLについては下記がサポートされます。


·SELECT/INSERT/UPDATE/DELETE functionality


·DML triggers


·JOINs


·Transactions


·built-in functions (aggregates, math, date and time, ranking, etc.)


 


現状、分散クエリやSpatialデータ型の操作などはサポートされないようです。V2でサポートされるのでしょうか。


 


Manageability


管理はもっとも制限が多いエリアです。まぁ、クラウドなので。


利用可能


·SET SHOWPLAN SET STATISTICSによるクエリチューニング


·createdrop indexによるIndexチューニング


·UPDATE STATISTICSによる統計管理


·Information schema viewssystem catalog views (e.g., sys.databases)


·可用性はサービスの一部として自動提供


·SSMS VS toolsの活用


 


利用不可


·Backupコマンドは利用できません。BCP もしくは SSIS を代わりに利用してください。.


·Server options (sp_configure)


·SQL Profiler


·SQL traceflag


 


以上、簡単ですがSDSをご紹介しました。


SDSは今年中にUSでリリース予定です。日本でも早くリリースされて、利用するのが楽しみです。

Comments (0)

Skip to main content