EF4 Pluralization を試してみた


お疲れさまです。今日はADO.NET Entity FrameworkVNextに搭載されるPluralizationをご紹介したいと思います。Pluralizationと言うとなんだか難しそう?な印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。実際は非常にシンプルな機能です。


 


例えばPubsデータベースに含まれているテーブル名は図のように複数系になっています。著者テーブルであればauthorsという名前になっています。仕事テーブルはjobsです。VS2010では、デザイナを用いてエンティティを作成する際、図のように「Pluralize or singularize generated object names」とうチェックボックスが選択できるようになっています。



 



 


 


 


Pluralize or singularize generated object names」にチェックを付けてEDMを生成すると下記のように単数形でエンティティが生成されます。例えばauthorsテーブルはauthorjobsテーブルはjobです。


 


 


 


エンティティのプロパティを確認すると名前がauthorEntity Set Name authorsになっているのが確認できます。



 


 


 


 


従来は手作業で行っていましたが、このようにツールベースで自動処理が可能になります。Pluralizationはデータベースのオブジェクト数が膨大になってくると便利な機能ですね。大量のエンティティの名前を手動で変更するのは大変ですから・・・・・デフォルトではEnglishのみの対応となります。

Comments (2)

  1. 雲のごとく より:

    前回 は EF4 で追加される予定の POCO を解説しました。 V1 ではエンティティをデータ層として利用すべきか、ドメイン層で利用すべきか、という白熱した??議論がありました。 EF4 では POCO

Skip to main content