Windows Azure の記事を書きました

こんにちは d99 です。 実は私は Windows Azure のサポートチームにも所属していたりするのですが、その関係で Windows Azure に関連して記事を書きました。 Windows Azure サポートの現場から > リモート デスクトップを利用したデバッグ (その 2) http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windowsazure/jj219279 もしよろしければご賞味ください 🙂 内容としては Azure 特有のハナシではありません。むしろ普通の Web アプリケーションで有用かなと思います。上記の記事では OutputDebugString() API を紹介しています。 他にそういったデバッグで使い易い API 関数と言えば、DebugBreak() API でしょうか。この関数は、要はアタッチしているデバッガを止めるというもので、以前ご紹介した windbg.exe などのデバッガで任意のタイミングでブレークさせる、というものです。DebugBreak() API のプラットフォーム呼び出し定義は以下のようになります。 [DllImport(“kernel32.dll”)] static extern void DebugBreak(); さて、これに対応したマネージドメソッドはないのでしょうか? 実は System.Diagnostics.Debugger.Break() メソッドがそれに当たるのですが、これが NET Framework 2.0 と 4.0 で動きが少し異なります。.NET Framework 2.0…


マイクロソフト サポートでの私の仕事

こんにちは!d99 です。よくよく考えてみると、技術的な分野をお伝えしないといったいどんなブログなのかまったく分からないですよねぇ。というわけで、前回のご挨拶に引き続き自己紹介を。 私が所属するサポートチームでは、Web 系のシステム、つまり Internet Infomation Service (IIS)、その上で動く ASP、ASP.NET を核に、関連するサーバ製品群を担当しています。こういったコードを書くとエラーになる、意図した動きをしない、こういう公開関数はあるか、といった開発フェイズでのご質問や、突然ユーザーアプリケーションが落ちた、サーバから応答がない、負荷が跳ね上がったというような運用フェイズでのご質問を頂きます。 そんなチームで、私は監察医のような事を主にやっています。 死体を見て死因を判断する。つまりシステムに問題が発生した際に、その時の情報を解析し、問題の原因にアタリを付けるという事です。いわゆる運用デバッグに当たるのですが、マイクロソフトサポート メニューの中でも上位のご契約が必要な事、技法に関する日本語のドキュメントが少ない事などから、それほど一般的には知られていないように思います。 私はあまり設計やコーディングなどの高尚なお話し等には詳しくないのですが、サポートでの経験からシステムのトラブルシューティングについてや (troubleshooting タグ)、Web サーバのダンプファイルばかり年間数百本ほど見ていますのでその技術について(debugging タグ)、少しお話しができるかと思います。 また、そんな私だけでは心もとないので、今回ブログを始めるにあたり Doug、Tess、Todd、Jerry などのいわば “デバッグマスター” のような人達や 、Scott、Maoni など開発のアーキテクト達に、彼らのブログエントリの翻訳をしてもよいか聞いてみました。皆に快諾してもらえたので、彼らのエントリを日本語化しつつ(恐らく私の訳はかなり意訳になると思いますが)、日本でよく見られた問題などをご紹介できればと考えています。また、こういったトラブルシューティング方法があるといいなぁといったアイディアなどがありましたら是非教えてください。 よろしくお願いします。 d99 でした。


ご挨拶

初めまして!d99 です。 私は マイクロソフト株式会社 グローバル テクニカル サポート センターのエンジニアです。技術専門分野や得意技 🙂 などの細かい点については、これからここでお伝えしていきたいと考えています。 今現在、日本のマイクロソフトで、エンジニアという単語が付く職種の人間が blog を書いているのはもしかすると珍しいのかもしれません。そんな事もあってやや緊張気味ですが、まぁあまり肩肘張らず気楽な感じで続けていければいいな、と思っています。 ちなみにペンネームなのはちょっと恥ずかしいから、、、というだけなので、いずれはどこの誰なのかをこっそり about あたりに書いておくかもしれません。 これからもよろしくお願いします。d99 でした。