[Advent Calendar 2017 Day18] Azure Web Apps パフォーマンスチューニング

こちらの記事は、Qiita に掲載した Microsoft Azure Tech Advent Calendar 2017 の企画に基づき、執筆した内容となります。 カレンダーに掲載された記事の一覧は、こちらよりご確認ください。   こんにちは。 d99 です。 今回は Azure のアドベントカレンダーという事で、Azure で動く Web アプリケーションのパフォーマンスボトルネックを見つける手順をご紹介します。   1) Azure で簡単な php コードを動かす まずは、Azure App Service を作成し、以下のような sleep.php を置きました。パッと見て分かる通り、QueryString に id=3 と渡されたら5秒スリープする、というコードです。既に種明かししてますが。 この程度のファイルを配置するのであれば、kudu コンソール(https://<Web Apps 名>.scm.azurewebsites.net/DebugConsole にアクセスし、D:\home\site\wwwroot に移動してから、上の [+] マークから [New file] を選択してファイル作成、鉛筆マークの [Edit] アイコンから直接書いてしまうのが簡単だと思います。 私は、デスクトップにエディタでさらさらっと書いて、下記赤枠のところにポイっとドラッグ・アンド・ドロップしました。   2) クライアントからリクエストを送る 次にクライアントからリクエストを送りまくります。今回は C# の…