ASP.NET 用デバッガエクステンションが公開されました

こんにちは d99 です。 Tom の blog に記載されているように、psscor2 と呼ばれるデバッガエクステンションが公開となりました。 New debugger extension for .NET, Psscor2, released http://blogs.msdn.com/tom/archive/2010/03/29/new-debugger-extension-for-net-psscor2-released.aspx Download Center: Psscor2 Managed-Code Debugging Extension for WinDbg http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=5c068e9f-ebfe-48a5-8b2f-0ad6ab454ad4&displayLang=en 実はこちらは、主に ASP.NET を担当する弊社エンジニアが使用していたエクステンションになります。遅くなりましたが、やっと公開できる運びとなりました。一般的に使用されている sos.dll のスーパーセットになりますので、是非ご活用頂ければと思います。 今回は、Tess の blog でも紹介されている psscor2 で特長的な二つのコマンドについて、どういったシチュエーションで有効なのかを簡単にご紹介させて頂きます。 New debugger extension for .NET (PSSCOR2) http://blogs.msdn.com/tess/archive/2010/03/30/new-debugger-extension-for-net-psscor2.aspx   !DumpAllExceptions !DumpAllExceptions は、ダンプファイル中に残されている .NET の例外を列挙するコマンドです。短縮形は !dae です。 例えば、サーバ側で例外が出ているようだ、という時、ハング モード ダンプを採取した上でダンプを開き、エクステンションをロードしてこのコマンドを実行すると、ヒープ中に残っている未処理例外がその時のスタックトレースと共に列挙されます。.NET Framework…


ASP.NET が認識できる User-Agent の長さが 512 文字に拡張されました

こんにちは d99 です。 今回は、最近リリースされた ASP.NET の修正モジュールについて解説をさせて頂きます。 ASP.NET (1.1 および 2.0) では、セキュリティ上の理由から、認識できる User-Agent の長さが 256文字 に制限されていました。これを 最大512文字 に拡張する修正モジュールがリリースされています。 ASP.NET 1.1 ASP.NET 1.1 では 256文字 を超える User-Agent を受け取った場合、Request.Browser.Borwser が “Unknown” となっていました。これによって、ASP.NET は最低レベルのブラウザに対応したレンダリングを行います。例えば、javaScript が無効なブラウザだと判断される事で Validation コントロールのクライアントサイド検証用のスクリプトが出力されなくなる、といった現象が発生します。 この現象を再現させる手順は以下の通りです。 以下の内容を “test.aspx” として保存します。 UA:<% = Request.UserAgent %><BR> Browser:<% = Request.Browser.Browser %><BR> <form id=”Form1″ runat=”server”> <asp:TextBox id=”TextBox1″ runat=”server” ForeColor=”Lime” BackColor=”Red”></asp:TextBox> </form>  …

4