ASP.NET 運用デバッグ入門 2) デバッガの動作確認

こんにちは、d99 です。 さて、前回の連載エントリで Debugging Tools Windows のインストールまでを解説しました。今回は、さらにそれを使ってちょっとしたデバッガの “動作確認” をしてみましょう。 – 用意するもの 1) テスト用 IIS なければ Visual Studio 付属の ASP.NET 開発サーバでも構いません。IIS をお使いの際には、アプリケーションを作成しておいてください。また、ASP.NET を動かすので、.NET Framework のインストールがもちろん必要です。バージョンは特に問いません。 2) 以下のコードを記述したページ System.Diagonostics.Debug.WriteLine(“hoge”); Visual Studio をお使いの場合は、Page_Load あたりにでも上記の一行を記述してください(C# です)。もしくは以下の一行だけのテキストファイルをテキストエディタで作成して、アプリケーションフォルダに置くだけでも構いません。 <%  System.Diagonostics.Debug.WriteLine(“hoge”) %> 3) 以下の内容の web.config  <compilation debug=”true” /> Visual Studio をお使いの場合は、プロジェクトに [Web 構成ファイル] を追加し、上記の行があると思いますので、false を true へ書き換えてください。テキストエディタ党 🙂 の方は、以下の web.config をアプリケーションフォルダに置いてください。  <?xml…


Aspnet_regiis.exe って何してるの?

こんにちは。d99 です。図つきでなくて申し訳ないのですが。。。:-) [トラブルシュート][ASP.NET]Temporary ASP.NET Files’ への書き込みアクセスが与えられていません。の対処方法http://blogs.wankuma.com/ogiogi/archive/2008/03/11/127161.aspx aspnet_regiis って、いろいろ裏でなんかしてますよ・・・・詳しくご存じの方は、ぜひ図つきの解説をトラックバックしていただけるとww(ぼそ) ASP.NET 登録ツール(aspnet_regiis.exe)を -i オプションで実行すると、イベントログの [アプリケーション] に以下のようなログが残ります。  ソース:ASP.NET 2.0.50727.0 イベント ID:1019 ASP.NET (バージョン 2.0.50727.0) の登録を完了します。登録ログの詳細は、C:\DOCUME~1\<ユーザー名>\LOCALS~1\Temp\ASPNETSetup.log で確認できます。  ソース:ASP.NET 1.1.4322.0 イベント ID:1019 ASP.NET (バージョン 1.1.4322.0) の登録を完了します。登録ログの詳細は、C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Temp\ASPNETSetup.log で確認できます。 前者は Windows Server 2003 に ASP.NET 2.0 をインストールした場合、後者は Windows Server 2008 に ASP.NET 1.1 をインストールした場合です。OS のメジャーバージョンが異なるため、ユーザーの Temp パスが違っていますね。Windows Server 2003 では 8 3 形式になってしまっていますが、フルパスは c:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local…


ASP.NET 運用デバッグ入門 1) デバッガのインストール

こんにちは、d99 です。 ※ 2010/3 追記: 2012/7 更新: Debugging Tools for Windows は 6.12 から入手方法および同梱のツール内容が変わっています。以下の内容は、下記ダウンロードページにて [以前のバージョンの Debugging Tools for Windows] から、バージョン 6.11 をダウンロードして行ってください。 32 ビット版 Debugging Tools for Windowshttp://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/hardware/gg463016 新年度 4月も始まる事ですし、これから何回かに渡り「ASP.NET Debugging 入門」と題して、ASP.NET アプリケーション運用デバッグのために、基本的なデバッガ等の使い方に関する内容を連載させて頂きます。何度か挫折を繰り返してしまっているこの blog ですが、何とか頑張ってみたいと思います。 この連載を通して、例えば「運用環境でサーバから応答がない!」とか「サーバで例外が出てるみたいなんだけど発生要因が分からない。。。」とか、そんな時の手段の一つに運用デバッグを加えて頂ければ幸いです。なお、途中までは単に「デバッガの使い方」になると思うので、通常のデスクトップアプリケーションやサービスなど、ユーザーモードアプリケーション全般に使える部分もあると考えています。 1. デバッガのインストール 今回は、デバッガのインストールについて解説します。もちろんデバッガとして、Visual Studio や Visual Web Developer でも良いのですが、運用環境にそれらをインストールするのはあまりに大仰ですし、いざ現象が起きてからインストールする、というのも無理がありますよね? もっと軽量で、フォルダのコピーでもインストール出来て、より運用環境等での使用に適したデバッガとして、弊社では「Debugging Tools for Windows」というデバッガツール群をリリースしています。今連載ではこの中に含まれる windbg というデバッガを主に使っていきます。ではインストールをステップバイステップで見てみましょう。 1) ダウンロード Debugging Tools…