PowerBI.com で Dynamics CRM Online のデータを解析する: その 5 高度なデータセットの作成

みなさん、こんにちは。 前回は、Power BI Desktop を利用した独自データセットの作成を紹介しましたが、 今回はより高度なデータセットの作成について紹介します。 テーブルと接続 前回の記事では、Dynamics CRM Online に対して接続を一度だけ行い、そこから テーブルを複数取得しましたが、実際には各テーブルはそれぞれ独立して接続を 保持しています。 前回の方法でデータを取得した場合には、以下の課題が残ります。 – 取得する列の指定ができないため、不要な行データを取得してしまう。 – テーブルに対してフィルターを指定できないため、不要な列データを取得してしまう。 今回は上記の課題に対応できる、より高度なデータセットの作成を紹介します。 クエリを利用した行と列のフィルター まず、行と列にフィルターをしてデータを取得する方法から紹介します。 1. Power BI Desktop を開きます。アプリケーション起動時に表示されるスプラッシュウィンドウで 「データを取得」をクリックします。 2. データソースの一覧から 「Dynamics CRM Online」 を選択して、「接続」 を クリックします。 3. Web API を利用した取引先企業を取得する URL を入力します。今回は有効な取引先企業のみ、 および名前と取引先企業番号のみを取得するようにしました。 https://<組織名>.crm7.dynamics.com/api/data/v8.0/accounts?$select=name,accountnumber&$filter=statecode eq 0 4. 前回の記事で一度データを取得していると、認証情報が残っているため認証は聞かれません。 認証情報が残っていない場合には、認証画面で「組織アカウント」を選択して、「サインイン」を してください。 5. Office 365 の認証画面がポップアップするので、サインインします。サインイン完了後、 「接続」をクリックします。 6….


PowerBI.com で Dynamics CRM Online のデータを解析する: その 4 データセットの作成

みなさん、こんにちは。 今回は PowerBI.com に対して、Dynamics CRM Online から独自のデータセット を追加する方法を紹介します。Microsoft が用意しているコンテンツパックについては 以下の記事をご覧ください。 PowerBI.com で Dynamics CRM Online のデータを解析する: その 1 コンテンツパック概要 PowerBI.com で Dynamics CRM Online のデータを解析する: その 2 コンテンツパックのデータセットとレポート PowerBI.com で Dynamics CRM Online のデータを解析する: その 3 コンテンツパックのダッシュボード 尚、Dynamics CRM 2016 以降で新しい Web API エンドポイントがリリースされ、 それ以前のバージョンとはアクセスするアドレスが異なる他、機能も強化されて いますので、ここでは Dynamics CRM 2016 バージョンを前提として解説します。 Power BI Desktop PowerBI.com から直接…


PowerBI.com で Dynamics CRM Online のデータを解析する: その 3 コンテンツパックのダッシュボード

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、PowerBI.com を利用した Dynamics CRM Online データの 表示を解析を紹介します。今回はコンテンツパックで追加されたダッシュボード について解説を行います。これまでの記事は以下をご覧ください。 PowerBI.com で Dynamics CRM Online のデータを解析する: その 1 コンテンツパック概要 PowerBI.com で Dynamics CRM Online のデータを解析する: その 2 コンテンツパックのデータセットとレポート ダッシュボード PowerBI.com のダッシュボードには、任意レポート上の特定のビジュアル(グラフ)や ページ全体を配置することができるほか、ダッシュボードから実行できるクエリによって 作成されたビジュアルやカードも配置できます。 また基礎となるデータが更新された場合には、自動で更新されます。 コンテンツパックのダッシュボード Dynamics CRM Online のコンテンツパックで提供されるダッシュボードは レポート上にあるビジュアルと、クエリで作成したカードが混在しています。 クエリから作成されたカード 例えば、ダッシュボードの一番左上にある Revenu カードはクエリを元に 作成されたものです。以下の手順でクエリを確認できます。 1. PowerBI.com ポータルでダッシュボードにアクセスします。 2. コンテンツパックで導入されたダッシュボードより、任意の Revenue を クリックします。ここでは LAST 12 MONTHS…


PowerBI.com で Dynamics CRM Online のデータを解析する: その 2 コンテンツパックのデータセットとレポート

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、PowerBI.com を利用した Dynamics CRM Online データの 表示を解析を紹介します。今回はコンテンツパックで追加されたデータセットと レポートの解説を行います。 データセット データセットはレポートを作成するための元となるテーブルを複数含んでいます。 データセット内のテーブルはそれぞれ異なるデータソースから取得したものでも 構成できますが、こちらのコンテンツパックは、すべて Dynamics CRM Online より取得されています。 本コンテンツパックは営業案件を解析するものであるため、以下のエンティティ がテーブルとして取得されています。 本コンテンツパックでは REST 2.0 エンドポイントを利用しているため、テーブル 名はすべて <エンティティ名>Set となっています。また日付関連用に DateTable をもっています。 各テーブル内のデータは以下の方法で簡単に確認できます。 1. 「視覚化」より「テーブル」を選択します。 2. 表示したい列を指定します。   レポート レポートは、データセットから作成したビジュアル(グラフ)の情報が保存 されています。すでに存在するレポートを編集したい場合、「レポートの編集」 ボタンをクリックします。新規にレポートを作成したい場合は、データセットを 選択した状態で「視覚化」からビジュアルを配置していき、保存します。 レポートの特徴は、既定でビジュアルごとにレコードのフィルターが連動する ことです。これによる、あるビジュアルで領域を選択すると連動して、 他のビジュアルもフィルターされます。 なお、このフィルターの連動は解除することも可能です。 早速新しいレポートを作成してみましょう。 1. Power BI ポータルでデータセットより Dynamics CRM Sales を選択します。 2. 「視覚化」一覧より「積み上げ縦棒グラフ」を選択します。 3….


PowerBI.com で Dynamics CRM Online のデータを解析する: その 1 コンテンツパック概要

みなさん、こんにちは。 今回から数回で、PowerBI.com を利用した Dynamics CRM Online データの表示ついて紹介します。 PowerBI.com PowerBI.com は、簡単にデータを可視化できるツールであり、Office 365 サービスの 1 つ です。基本機能は無料で利用できる他、ブラウザベースでもネイティブアプリケーション ベースでも利用できる便利なサービスとなっています。 コンテンツパック Power BI では外部のデータを「データソース」として登録し、データをもとに「レポート」 を、レポートをもとに「ダッシュボード」を作ることができます。コンテンツパックとは これらをセットにして、簡単に展開するための機能であり、Dynamics CRM チームからも 営業案件の情報を分析するための、コンテンツパックが提供されています。 PowerBI.com の利用 はじめて PowerBI を利用する場合、以下の手順でサインアップします。 1. https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/ へアクセスします。 2. 画面右上の「サインイン」をクリックします。 3. ウイザードとなっているので、Dynamics CRM Online のユーザーアカウントなどで サインインします。 サインアップが完了すると、Power BI のポータル画面へと遷移するので、ここから Dynamics CRM Online に接続が可能となります。 コンテンツパックの利用方法 以下の手順で Dynamics CRM のコンテンツパックが利用できます。 1. Power…


LINQPad 用 Dynamics CRM Web API ドライバーが公開されました!

みなさん、こんにちは。 今日は先日公開された、LINQPad 4 および LINQPad 5 用 Dynamics CRM Web API ドライバーを紹介します。 https://crmlinqpadwebapi.codeplex.com/ LINQPad とは LINQPad (http://www.linqpad.net/) は LINQ クエリを様々なデータソースに対して 実行できる、開発者向けのツールです。また、LINQ クエリだけでなく C#/F#/VB の ステートメントやコードブロックを実行する機能持っています。一部の機能は 無償で提供されていますが、IntelliSense やデバッグ機能は有償となっています。 本 ドライバーで行えること 本 ドライバーは以下の機能を提供します。 – Dynamics CRM 組織に対する LINQ クエリーの実行 – Web API Action と Function の実行 – Dynamics CRM Online の場合、Azure AD への登録 尚、本ドライバーは Dynamics CRM 2016…


Microsoft.Xrm.Data.PowerShell を Azure Automation で実行する

みなさん、こんにちは。 昨年、Microsoft.Xrm.Data.PowerShell をリリースした際に、多くの フィードバックをいただきました。その中でも Azure Automation で スクリプトを実行したいという要望をいただきました。 結果、Microsoft.Xrm.Data.PowerShell はバージョン 2.0 以降で Azure Automation に対応しましたので、今回は実際の利用方法を紹介します。 Azure Automation とは Azure Automation は PowerShell 実行環境を Azure 上で公開している サービスです。OS のバージョンや高可用性の設定などは Microsoft に よって管理されるため、管理者や開発者はスクリプトを書いて実行する 事に集中できます。Azure Automation は以下のような機能を提供します。 – 独自モジュールのアップロードと利用 – 認証情報や文字列など変数の利用 – スクリプトのスケジュール実行 – スクリプト公開前に、下書きの作成とテスト実行 – GitHub をはじめとする、他サービスとの統合 Azure Automation のより詳細な情報は、こちらをご覧ください。 Azure Automation を利用したスクリプトの開発 今回は、”サインインしたユーザーに「ようこそ」画面を表示する” 機能を オフにするスクリプトを開発してみましょう。 Azure Automation…


Dynamics CRM 2016 サポートされるアップグレード

みなさん、こんにちは。 今回は、Dynamics CRM 2016 へのアップグレードについて紹介します 詳細な情報は以下をご覧ください。 Upgrade Microsoft Dynamics CRM Server(英語) https://technet.microsoft.com/en-us/library/hh699669.aspx 概要 アップグレードの基本的な方法 3 つを紹介し、 主なアップグレード手順をバージョンごとに紹介します。 Dynamics CRM 2015 からのアップグレードオプション 以前のバージョンからアップグレードするオプションは 3 つです。 新しい Dynamics CRM 2016 展開へ組織インポート(推奨) 新しい Dynamics CRM 2016 環境を構築し組織インポート機能によりアップグレードを実施します。 他のオプションと比べ最もダウンタイムが少なく、ロールバックが容易なオプションです。 同じ SQL インスタンスへ移行 新しい Dynamics CRM 2016 環境を構築時に既存の SQL Server インスタンスを指定することで 既定の組織データベースがアップグレードされます。 アップグレード失敗時には、データベースのロールバックのみで復旧が可能です。 インプレースアップグレード 既存の Dynamics CRM 展開を直接アップグレードします。 アップグレード失敗時には、Dynamics CRM…

0

Dynamics CRM: 仮想環境におけるメモリ管理

みなさん、こんにちは。 今回は、弊社が提供しているブログ Dynamics CRM in the Field の記事より 仮想環境におけるメモリ管理のポイントについて紹介します。 本記事で紹介する方法は設置型でのみに有効な方法です。 情報元: Memory management for Dynamics CRM in a virtual environment ==================================================== Hyper-V や VMware など Dynamics CRM を仮想環境内に構築されている場合、 仮想環境のメモリ設定が Dynamics CRM のパフォーマンスに大きく影響する場合があります。 先日、あるお客様環境のすべての Dynamics CRM サーバーにパフォーマンスカウンターを設定し、 パフォーマンスレビューを実施したところ、バックエンドサーバー上で興味深いデータが 検出されました。Available Mbytes やその他の主要なカウンターは閾値内にも関わらず Pages/sec カウンター値のみ閾値を超過していました。 Available MBytes 実行中のプロセスに使用できる物理メモリのサイズ (MB 単位) を測定します。 Pages/sec ハード ページ フォールトを解決するためにディスクから読み取られた、 またはディスクに書き込まれたページの数を測定します。 このバックエンドサーバーは、プラグインのロード処理や非同期サービスが実行されており、 かつ…

0

Microsoft.Xrm.Data.PowerShell が PowerShell Gallery に公開されました

みなさん、こんにちは。 以前紹介した Dynamics CRM 組織用の PowerShell モジュールですが、 インストールを簡易化するため、PowerShell Gallery に公開しました。 モジュールの概要は以下をご覧ください。 Dynamics CRM: 組織用 PowerShell の紹介 PowerShell Gallery とは   https://www.powershellgallery.com/ PowerShell Gallery は DSC (Desired State Configuration) のリソースや PowerShell コマンドを公開できるレポジトリで、PowerShellGet モジュール を利用して簡単に検索やダウンロードができる仕組みを提供します。 ※現在はまだプレビューです。 Windows 10 をご利用の場合は既定でモジュールが組み込まれていますが それ以外の場合には、上記サイトから必要なモジュールをダウンロード してください。 モジュールの検索 モジュールは Find-Module コマンドで検索が可能です。 1. PowerShell を起動します。 2. 以下のコマンドを実行します。 > Find-Module Microsoft.Xrm.Data.PowerShell 3. 以下のように結果が表示されます。 モジュールのインストール モジュールは…