Microsoft.Xrm.Data.PowerShell を Azure Automation で実行する

みなさん、こんにちは。 昨年、Microsoft.Xrm.Data.PowerShell をリリースした際に、多くの フィードバックをいただきました。その中でも Azure Automation で スクリプトを実行したいという要望をいただきました。 結果、Microsoft.Xrm.Data.PowerShell はバージョン 2.0 以降で Azure Automation に対応しましたので、今回は実際の利用方法を紹介します。 Azure Automation とは Azure Automation は PowerShell 実行環境を Azure 上で公開している サービスです。OS のバージョンや高可用性の設定などは Microsoft に よって管理されるため、管理者や開発者はスクリプトを書いて実行する 事に集中できます。Azure Automation は以下のような機能を提供します。 – 独自モジュールのアップロードと利用 – 認証情報や文字列など変数の利用 – スクリプトのスケジュール実行 – スクリプト公開前に、下書きの作成とテスト実行 – GitHub をはじめとする、他サービスとの統合 Azure Automation のより詳細な情報は、こちらをご覧ください。 Azure Automation を利用したスクリプトの開発 今回は、”サインインしたユーザーに「ようこそ」画面を表示する” 機能を オフにするスクリプトを開発してみましょう。 Azure Automation…


Microsoft.Xrm.Data.PowerShell が PowerShell Gallery に公開されました

みなさん、こんにちは。 以前紹介した Dynamics CRM 組織用の PowerShell モジュールですが、 インストールを簡易化するため、PowerShell Gallery に公開しました。 モジュールの概要は以下をご覧ください。 Dynamics CRM: 組織用 PowerShell の紹介 PowerShell Gallery とは   https://www.powershellgallery.com/ PowerShell Gallery は DSC (Desired State Configuration) のリソースや PowerShell コマンドを公開できるレポジトリで、PowerShellGet モジュール を利用して簡単に検索やダウンロードができる仕組みを提供します。 ※現在はまだプレビューです。 Windows 10 をご利用の場合は既定でモジュールが組み込まれていますが それ以外の場合には、上記サイトから必要なモジュールをダウンロード してください。 モジュールの検索 モジュールは Find-Module コマンドで検索が可能です。 1. PowerShell を起動します。 2. 以下のコマンドを実行します。 > Find-Module Microsoft.Xrm.Data.PowerShell 3. 以下のように結果が表示されます。 モジュールのインストール モジュールは…


Microsoft.Xrm.Data.PowerShell サンプルをお試しください!

みなさん、こんにちは。 先日ご案内したように、Microsoft.Xrm.Data.PowerShell とともにサンプルも GitHub に移行しました。 サイト: https://github.com/seanmcne/Microsoft.Xrm.Data.PowerShell.Samples サンプルの種類 現在は以下のサンプルが公開されています。 [CRM ユーザーの登録サンプル] Dynamics CRM オンライン用と設置型用それぞれにサンプルがあります。 [複数組織への操作] スクリプト内で複数の組織に接続するサンプルです。ある組織から取得したデータを他の組織に作成ような作業で利用できます。 [CRM 言語の有効/無効] 言語の有効化と無効化、および一旦無効にして再度有効化する場合に、各ユーザーの言語設定のバックアップと再設定を行うサンプルです。 [Dynamics CRM ユーザー設定の更新] Dynamics CRM ユーザーの設定を更新するサンプルです。一括で同じ設定を複数のユーザーに適用する場合などに活用できます。 サンプルのダウンロード方法 1. ブラウザで次のリンクへ移動します: https://github.com/seanmcne/Microsoft.Xrm.Data.PowerShell.Samples 2. 画面左下にある “Download ZIP” ボタンをクリックします。  3. 任意の場所に保存して、解凍します。 4. 解凍したフォルダ内の Microsoft.Xrm.Data.PowerShell.Samples フォルダ内にサンプルがあります。 ReadMe の確認方法 各サンプルには README.md が含まれますが、このファイルは GitHub 上で表示されることを前提とされているため、以下の手順で確認してください。例えば AddCrmOLUsersFromCSV サンプルを確認する場合は以下の手順となります。 1. サンプルのサイトに移動します。https://github.com/seanmcne/Microsoft.Xrm.Data.PowerShell.Samples 2. Select Microsoft.Xrm.Data.PowerShell…. リンクをクリックします。  3. AddCrmOLUsersFromCSV フォルダーをクリックします。…


Microsoft.Xrm.Data.PowerShell モジュールは GitHub へ引っ越しました

みなさん、こんにちは。 今日は Microsoft.Xrm.Data.PowerShell が GitHub へ引っ越したお知らせです。 以前以下の記事で紹介した Microsoft Dynamics CRM 組織用の PowerShell モジュールは、先日 GitHub 上へ移行しました。 Dynamics CRM: 組織用 PowerShell の紹介 引っ越し先は以下の通りです。 サイト: https://github.com/seanmcne/Microsoft.Xrm.Data.PowerShell リリース: https://github.com/seanmcne/Microsoft.Xrm.Data.PowerShell/releases/ Q&Aや問題の登録 https://github.com/seanmcne/Microsoft.Xrm.Data.PowerShell/issues またサンプルも以下のサイトに引っ越ししました。 サイト: https://github.com/seanmcne/Microsoft.Xrm.Data.PowerShell.Samples 公開されているモジュールはなにも変わりませんが、GitHub に引っ越した ことにより、以下の違いがあります。 リリースの履歴 以前までは最新のモジュールのみ提供していましたが、GitHub ではこれまでの リリースをすべて公開しておくことができます。不具合などで古いモジュールが 必要な場合に安心です。 最新版の入手 まだリリース版にはなっていないが、最新のスクリプトを使うことができます。 1. サイトにいきます。https://github.com/seanmcne/Microsoft.Xrm.Data.PowerShell. 2. Download ZIP ボタンをクリックします。 3. ダウンロードした zip ファイルを解凍して、既存の psm1 と psd1 を上書きします。 問題の登録…


Dynamics CRM: PowerShell で複数組織のシステム設定を確認する

みなさん、こんにちは。 今日は管理者の方向けの情報として、PowerShell を使って複数の Microsoft Dynamics CRM 組織設定を更新する方法を紹介します。設置型/オンライン ともに利用可能です。 事前準備 PowerShell 4.0 今回利用する PowerShell モジュールは PowerShell 4.0 以上が必要と なります。以下の方法でバージョンが確認可能です。 1. PowerShell を起動して、以下のコマンドを実行します。 PS C:\> host 2. Version にバージョン情報が表示されます。 バージョンが 4.0 より古い場合は、以下のページより新しいモジュールを 取得してください。 Windows Management Framework 4.0 http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=40855 Microsoft Dynamics CRM モジュール Microsoft Dynamics CRM 用の PowerShell モジュールのインストールは 以下の記事をご覧ください。 Dynamics CRM: 組織用 PowerShell の紹介 サンプル Microsoft Dynamics…


Dynamics CRM Online: PowerShell でユーザー設定を更新する

みなさん、こんにちは。 今日は管理者の方向けの情報として、PowerShell を使った Microsoft Dynamics CRM ユーザー設定の更新を紹介します。設置型、オンライン ともに利用可能です。 事前準備 PowerShell 4.0 今回利用する PowerShell モジュールは PowerShell 4.0 以上が必要と なります。以下の方法でバージョンが確認可能です。 1. PowerShell を起動して、以下のコマンドを実行します。 PS C:\> host 2. Version にバージョン情報が表示されます。 バージョンが 4.0 より古い場合は、以下のページより新しいモジュールを 取得してください。 Windows Management Framework 4.0 http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=40855 Microsoft Dynamics CRM モジュール Microsoft Dynamics CRM 用の PowerShell モジュールのインストールは 以下の記事をご覧ください。 Dynamics CRM: 組織用 PowerShell の紹介 サンプル Microsoft Dynamics…


Dynamics CRM Online: PowerShell でユーザーを作成する

みなさん、こんにちは。 今日は管理者の方向けの情報として、PowerShell を使った Microsoft Dynamics CRM Online ユーザーの作成を紹介します。 事前準備 PowerShell 4.0 今回利用する PowerShell モジュールは PowerShell 4.0 以上が必要と なります。以下の方法でバージョンが確認可能です。 1. PowerShell を起動して、以下のコマンドを実行します。 PS C:\> host 2. Version にバージョン情報が表示されます。 バージョンが 4.0 より古い場合は、以下のページより新しいモジュールを 取得してください。 Windows Management Framework 4.0 http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=40855 Office 365 PowerShell モジュール Office 365 用の PowerShell も併用するため、まだインストールされていない 場合は、以下記事を参考にインストールしてください。 Windows PowerShell による Azure AD の管理 https://technet.microsoft.com/library/jj151815.aspx 必要なモジュールは以下の 2…


Dynamics CRM: 組織用 PowerShell の紹介

みなさん、こんにちは。 今日は管理者の方向けの情報として、Microsoft Dynamics CRM 組織の データ操作を行う PowerShell を紹介します。 Microsoft.Xrm.Data.Poweshell: PowerShell for Dynamics CRM Organization Data 概要 PowerShell は Microsoft Dynamics CRM 2011 よりサポートされましたが 組織の作成やインポート、トレース設定の変更など、展開サービス関連 の関数とスクリプトが中心となっており、組織レベルの設定の変更や ユーザー設定の変更、レコードの取得などは行えませんでした。 その後 SDK 内で XrmTooling と呼ばれるツールが提供され、その機能の 1 つとして組織に対する PowerShell がサポートされましたが、あまり 広く知られておらず、また使い方も開発者向けのものでした。 Microsoft.Xrm.Data.Poweshell Microsoft.Xrm.Data.Poweshell は XrmTooling をベースにして、より 管理者が使いやすい形式にしたものです。このモジュールは多くの 関数を提供します。これらの関数を組み合わせることで用途にあった スクリプトを作成し、各種作業を自動化することができます。 セットアップの仕方 1. Microsoft.Xrm.Data.Powershell.zip をサイトよりダウンロードして 以下のフォルダのいずれかに解凍します。特定のユーザーで利用する 場合は上のパスを、システム全体で利用する場合は下のパスを使います。    • %USERPROFILE%\Documents\WindowsPowerShell\Modules    •…


Dynamics CRM 2015 設置型 監視サービス新機能紹介 その 2

みなさん、こんにちは。 前回に続き、Microsoft Dynamics CRM 2015 設置型の役割である監視サービスの 新機能を紹介します。今回は監視結果の取得 について紹介します。 監視結果をデータベースへ格納 前回紹介した通り、既定で監視結果はファイルとして保存されています。もし Web サービスや PowerShell 経由で監視結果を確認したい場合は、以下手順で データベースに結果を格納するように変更します。 1. 展開サービスがインストールされているサーバーにログインします。 2. 以下のコマンドを入力して Powershell モジュールを読み込みます。 >Add-PSSnapin Microsoft.Crm.Powershell 3. 以下のコマンドを入力して現在の監視設定を取得します。 >$setting = Get-CrmSetting –SettingType MonitoringSettings 4. 以下コマンドを実行して設定を確認します。 ※前回記事で設定を変えているため、以下画面は既定の設定とは異なります。 >$setting 5. 以下のコマンドでデータベースへの格納を有効にします。 >$setting.StoreResultsInDatabase = $true 6. 以下のコマンドでデータベースに保存する監視履歴数を設定します。 ここでは 10 としています。 >$setting.ResultsToKeepInDatabase = 10 7. 以下のコマンドでパスワードを再設定します。前回パスワードを設定した場合も 必ず再設定してください。 >$setting.MonitoringOrganizationUserPassword = “<ユーザーのパスワード>” 8. 以下のコマンドで設定を有効化します。…


Dynamics CRM 2015 設置型 監視サービス新機能紹介 その 1

みなさん、こんにちは。 今回と次回で管理者向けの情報として、Microsoft Dynamics CRM 2015 設置型の役割である 監視サービスの新機能を紹介します。今回は機能の概要を紹介し、次回は監視結果の取得 について紹介します。 監視対象の増強 Microsoft Dynamics CRM 2013 までは証明書の有効期限だけを監視していましたが、 Microsoft Dyanmics CRM 2015 からは以下の項目の監視が行われます。 VerifyAsyncServiceMaintenanceRunning – 非同期処理サービス (maintenance) の死活状況 VerifyAsyncServiceRunning  – 非同期処理サービスの死活状況 VerifyAsyncServiceMaintenanceRunning – 非同期処理サービス (maintenance) の死活状況 VerifyAsyncServiceRunning  – 非同期処理サービスの死活状況 VerifySandboxServiceIsRunning  – サンドボックス処理サービスの死活状況 VerifyUnZipServiceIsRunning – 解凍サービスの死活状況 VerifyVSSWriterServiceIsRunning – VSS ライターサービスの死活状況 VerifyWebsiteIsRunning – インターネットインフォーメーションサービス上の Microsoft Dynamics CRM Web サイトの死活状況 VerifyApplicationAppPoolIsRunning  -…