Dynamics CRM 2015 Outlook 同期に関するホワイトペーパー その 3

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き Outlook クライアントの同期に関するホワイトペーパーを紹介します。 本記事はシリーズもののため、前回の記事を見られていない方はご覧ください。 Dynamics CRM 2015 Outlook 同期に関するホワイトペーパー その 1 Dynamics CRM 2015 Outlook 同期に関するホワイトペーパー その 2 Microsoft Dynamics CRM: How it works documentation:    http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=48718 今回は、Dynamics CRM 2013 / 2015 の特定のシナリオにおいて、 各コンポーネントやプロセスがどのように関わって同期されるかを紹介します。 Dynamics CRM 2013 / 2015 における同期処理 Outlook クライアントの同期は、フィルターで定義した条件に基づき同期されます。 最初に CRM から Outlook にレコードが複製され、その後 CRM または Outlook 上で 変更されたものは、システムフィルターの条件に基づき同期されます。 Outlook クライアントでアイテムを変更 以下の図は、同期されている取引先担当者のレコードを…

0

Dynamics CRM 2015 Outlook 同期に関するホワイトペーパー その 2

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き Outlook クライアントの同期に関するホワイトペーパーを紹介します。 本記事はシリーズもののため、前回の記事を見られていない方はご覧ください。 Dynamics CRM 2015 Outlook 同期に関するホワイトペーパー その 1 Microsoft Dynamics CRM: How it works documentation:    http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=48718 今回は、予定、タスクといった情報がどのようなルールに基づき同期されるかを紹介します。 また、同期の観点で Outlook クライアントのベストプラクティスを紹介します。 予定、取引先担当者、タスク 以下は、Outlook クライアントで操作したアイテムがどのように同期されるかを示しています。 Outlook 上のグリッドで一覧表示されている画面を”一覧”、その一覧からアイテムをダブルクリックすると 表示されるフォームのことを”フォーム”と記載しています。 アイテム 説明 フォームから追跡 ユーザーがアイテムを保存した直後に追跡される フォームから更新 ユーザーがフォームを閉じた直後に同期される フォームから追跡を解除 ユーザーがフォームを閉じた直後に同期される フォームから削除 削除ルールに従って CRM へ同期される 一覧から追跡 アイテムはすぐに CRM に追跡される 一覧から関連付け アイテムはすぐに CRM と同期される 一覧から削除 削除ルールに従って CRM へ同期される 注意事項…

0

Dynamics CRM 2015 Outlook 同期に関するホワイトペーパー その 1

みなさん、こんにちは。 Dynamics CRM for Outlook (以下、Outlook クライアント) の同期に関するホワイトペーパーが 公開されました。 今回から 3 回に分けて紹介して行きます。 Microsoft Dynamics CRM: How it works documentation: http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=48718 概要 このホワイトペーパーは、主に Dynamics CRM とOutlook クライアントが同期した場合、 CRM データベース、Outlook クライアントの Offline 用データベースと Exchange Server や POP3 サーバーの間でどのような同期処理が行われているか記載されています。 – Outlook 同期の概要 – シナリオと同期ルール – Dynamics CRM 2013 / 2015 における同期 今回は、概要とシナリオ、同期ルールからクライアントの種類について紹介します。 Outlook 同期の概要 Outlook クライアントの同期を知るうえで知っておくべき要素が 3 つあります。…

0

Microsoft Dynamics CRM 2015 Outlook クライアント同期の新機能 2

みなさん、こんにちは。 今回は前回に引き続き Microsoft Dynamics CRM 2015 Outlook クライアントにおける、同期の新機能の情報をお届けします。 Microsoft Dynamics CRM 2015 Outlook クライアントの同期には –フィールド単位の同期 –予定に添付したファイルの同期 –取引先担当者の住所の同期 –Outlook で割り当てられたタスクの同期 の4つの新機能が追加されました。 今回は取引先担当者の住所の同期と、Outlook で割り当てられたタスクの同期について説明します。 ============================================================= 取引先担当者の住所の同期 以前は出来なかった Dynamics CRM 取引先担当者の住所と、その取引先担当者に関連した Outlook の連絡先の住所の同期が、新機能の追加により Microsoft Dynamics CRM 2015 Outlook クライアントで可能となりました。 取引先担当者の住所の同期の設定は、デフォルトでは下記のとおり Outlook の連絡先のある郵送住所のみを同期するシステムの設定となっています。   実際の同期のイメージは下記のとおりとなります。例えば、前出のデフォルトの同期の設定で、Outlook クライアント上に下記のような連絡先がある場合、   この連絡先の電子メールアドレスと同じ取引先担当者を Dynamics CRM で作成し、Outlook クライアントで同期すると下記のとおり住所の情報も同期されます。     Outlookで割り当てられたタスクの同期 以前は出来なかった Outlook により他のユーザーから割り当てられたタスクの同期が、Microsoft Dynamics CRM…

0

Microsoft Dynamics CRM 2015 Outlook クライアント同期の新機能 1

みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2015 Outlook クライアントにおける、同期の新機能の情報をお届けします。 Microsoft Dynamics CRM 2015 Outlook クライアントの同期には –フィールド単位の同期 –予定に添付したファイルの同期 –取引先担当者の住所の同期 –Outlook で割り当てられたタスクの同期 の 4 つの新機能が追加されました。 今回は特にフィールド単位の同期と、予定に添付したファイルの同期について説明します。 ============================================================= フィールド単位の同期 これまでの製品ではフィールド単位の同期の制御は実装されていませんでしたが、Microsoft Dynamics CRM 2015 Outlook クライアントでは、フィールド単位で同期の制御が実装され、個々のフィールドの同期を許可もしくは制限することが出来るようになりました。また同期の方向についても制御が可能です。同期の方向については後ほど説明します。 設定は下記の手順で行います。 1. Dynamics CRM にログインします。 2. 設定—管理—システムの設定 の画面に移動します 3. 同期タブをクリックします 4.  [同期されたフィールド] のリンクをクリックします 下記が Microsoft Dynamics CRM 2015 Outlook クライアントの同期の設定のダイアログです。  下記がフィールド単位の同期の設定のダイアログです。  この画面で各エンティティに対しフィールド単位での同期の制御が可能です。 フィールド単位で同期の方向も可能となっています。同期の方向は下記の 4…

0

【サポートトピック】 Dynamics CRM 2015/Online 2015 更新プログラム 電子メールの本文において文字化けが発生する

みなさん、こんにちは。Dynamics CRM 2015 / Online 2015 更新プログラム (以降、Dynamics CRM 2015) でお問い合わせ頂いた、日本語特有の問題がございますので共有します。 [現象] – Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 2015 (Outlook クライアント 2015) にて追跡をオンにしたメールを送信すると、Dynamics CRM 2015 の活動/電子メールの「本文」が文字化けしている – Exchange Online 電子メールでは発生せず、POP3 電子メールを使用すると発生する – 電子メールの本文は文字化けしているが、「件名」は文字化けしていない – Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 2013 (Outlook クライアント 2013) を使用すると文字化けは発生しない [手順] 1. [設定] > [電子メール アクセス構成] >…


Microsoft Dynamics CRM 2015 Outlook クライアントのセットアップおよびアップグレード

みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2015 Outlook クライアントにおける、セットアップおよび アップグレードについての情報をお届けします。 今回は特に重要な点を抜粋しておりますので、詳細については、以下のリンクを参照ください。 電子メールの処理および Outlook 用 CRM のセットアップと管理: https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn832099.aspx Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 2015 へのアップグレード: https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh699711.aspx Outlook 用 CRM のサポート マトリックス: https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn832152.aspx ============================================================= Outlook 用 Dynamics CRM 2015 のシステム要件 オペレーティングシステム ・Windows 8.1 (64 ビットと 32 ビット バージョンの両方) ・Windows 8 (64 ビットと 32 ビット バージョンの両方) ・Windows 7 (64…


Dynamics CRM 2015/Online 2015 更新プログラム 認証の新機能 : Outlook クライアント多要素認証のサポート

みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2015 および Microsoft Dynamics CRM Online 2015 更新で拡張された認証の機能を紹介します。 概要 セキュリティの新機能としては、以下の 2 つの機能が追加されました。 – Outlook アドイン : 構成ウィザードの改善と多要素認証のサポート – SDK : 組織サービス利用時に OAuth 2.0 の利用をサポートするクラスを提供 今日は前者の紹介を行い、SDK については次回紹介します。 構成ウィザードの改善 この記事のメインは多要素認証サポートの紹介ですが、構成ウィザードで 利用される機能である他、構成ウィザード自体も改善されていますので、 ここで合わせて紹介します。 Outlook クライアント用アドインの導入では、いくつか問題が発生しえる ポイントがあります。その中でも構成ウィザードはユーザーが初めに操作 する必要がある一方、サーバーのアドレスを間違えたり、入れるべき値が よくわからないという問題が発生します。 今回のリリースでは、構成ウィザードの体験を大幅に簡素化することで、 問題がより発生しないよう配慮がされています。 多要素認証のサポート 多要素認証は、従来のユーザー名/パスワード認証以外に、携帯にコードを 送って入力させるなど、セキュリティをより強固にできます。これまでは ブラウザでしかサポートしなかった多要素認証ですが、今回のリリースでは Outlook クライアントもサポート対象となりました。 必要要件 Microsoft Dynamics CRM Online をご利用の場合は特に要件はなく、管理者 ポータルから多要素認証を有効化することで対応が行えます。設置型は、…


診断パッケージ: CRM Outlook クライアント情報

みなさん、こんにちは。 弊社CRMサポートチームは問題の早期解決のため、情報を自動取得する診断パッケージをご案内することがあります。今回はCRM Outlook クライアントの情報を取得する診断パッケージの使用方法とパッケージと同様の情報を手動で取得する方法について説明します。なお、診断パッケージを正しく動作させるためには PowerShell 2.0 が必要になるケースがありますので環境に PowerShell 2.0 が無い場合、事前に以下のサイトから PowerShell 2.0 を取得してください。 Windows Management Framework (Windows PowerShell 2.0、WinRM 2.0、および BITS 4.0) http://support.microsoft.com/kb/968929/ja 目次: パッケージが取得する情報 診断パッケージの使用方法 手動での情報取得手順 パッケージが取得する情報: Outlook クライアントの情報を取得する診断パッケージは以下の情報を取得することができます。 Outlook のクラッシュ・ハングダンプと Outlook クライアントトレース は明示的に取得するように設定する必要がありますが、その他情報は自動的に取得されます。 Outlook のクラッシュ・ハングダンプと Outlook クライアントトレース を取得するように設定を行う方法は以下の 「診断パッケージの使用方法」で説明します。 1. Outlook のクラッシュダンプ 2. Outlook のハングダンプ 3. Outlook クライアントトレース 4. システム情報 (コンピューター名、OSバージョン、RAM等) 5. 環境にインストールされているアプリケーションの名前とバージョン…


Dynamics CRM 2011 Beta 版 – Outlook クライアント3 : 電子メールと予定

Dynamics CRM 2011 Beta 版 Outlook クライアント機能について、これまでも英語版の情報をもとに紹介してきましたが、今日は電子メールと予定に関する新機能を紹介します。 Dynamics CRM Outlook クライアントといえば、”CRMで追跡” 機能を思い浮かべる方が多いと思います。Dynamics CRM 導入を検討していただく際に Outlook クライアントとの統合は特徴的な機能となっており、中でも電子メール、予定に設定できる “CRMで追跡” はみなさんが関心を持たれる機能です。 まず、「CRM で追跡」から紹介します。 CRM で追跡 毎朝、仕事はじめに Outlook を起動し、受信トレイの電子メールを確認されると思います: 電子メールに目を通し、必要なメールには「CRM で追跡」を設定していると思います。Dynamics CRM 2011 Beta 版では、新機能として、追跡を設定した電子メールに関連する CRM データが Reading ペインに表示されるようになりました。電子メールに指定されている取引先担当者に対して、右側の Reading ペインに CRM レコードへのリンクを確認することができます。このリンクは、見やすいようにレコード種類でまとめられており、このリンクをクリックして CRM フォームを開くことができます。また、受信者に CRM に登録されていない担当者がいる場合は、赤字で表示され、該当するデータが CRM に登録されていないことが一目でわかります。未登録の担当者をクリックし、取引先担当者、あるいは潜在顧客として CRM に登録することもできます: 電子メールを営業案件やサポート案件に変換したい場合、あるいは接続を追加したい場合もリボン メニューから行うことができます。 大量の電子メールがあり、大量の関係者がいる場合、一つ一つ手で登録するのは大変ですよね。このような場合も、新しい Dynamics CRM Outlook クライアントでは、電子メール追跡を使用して取引先担当者や潜在顧客を送信者の電子メールから自動作成することができます。また、作業に必要な CRM…

0