Microsoft Office 365 Service Communications API を使用した Dynamics 365 Customer Engagement サービス監視:メンテナンス情報の取得

みなさん、こんにちは。 前回は、Office 365 から Dynamics 365 サービスの正常性を取得しました。今回は、現在予定されているメンテナンス情報を取得してみます。 まだ前回の記事をご覧になっていない方は一読ください。 Microsoft Office 365 Service Communications API を使用した Dynamics 365 Customer Engagement サービス監視: 概要 Microsoft Office 365 Service Communications API を使用した Dynamics 365 Customer Engagement サービス監視: 事前準備 Microsoft Office 365 Service Communications API を使用した Dynamics 365 Customer Engagement サービス監視:サービス正常性の取得 メンテナンス情報 Office 365 管理センターには前回取得したサービスメンテナンス情報のほかに、今後計画されているメンテナンス情報が表示されています。今回はこの情報を API で取得してみたいと思います。 – メッセージセンターの情報を取得 -…

0

Microsoft Office 365 Service Communications API を使用した Dynamics 365 Customer Engagement サービス監視:サービス正常性の取得

みなさん、こんにちは。 前回は、Office 365 からサービス正常性を取得するための事前準備をしました。 まだご覧になっていない方は一読ください。 Microsoft Office 365 Service Communications API を使用した Dynamics 365 Customer Engagement サービス監視: 概要Microsoft Office 365 Service Communications API を使用した Dynamics 365 Customer Engagement サービス監視: 事前準備 今回は、実際に Dynamics 365 CE サービス正常性を取得してみます。Office 365 の管理センターの内容と比較しながら見ていきます。 – 有効なサービスを取得- 現在の状態を取得- インシデントの詳細を取得- 過去の状態を取得 有効なサービスを取得 Office 365 テナントで有効になっているサービスを取得してみます。最初に Office 365 管理センターで確認します。 [Office 管理センター] > [正常性] > [サービス正常性]…

0

Microsoft Office 365 Service Communications API を使用した Dynamics 365 Customer Engagement サービス監視: 事前準備

みなさん、こんにちは。 前回に続き、Office 365 Service Communications API を使って Dynamics 365 CE のサービス監視を試してみます。 まだ前回の記事をご覧になっていない方は一読ください。 Microsoft Office 365 Service Communications API を使用した Dynamics 365 Customer Engagement サービス監視: 概要 Office 365 管理センターの正常性 Office 365 の管理センターにてテナントに含まれるサービスの正常性を確認することができます。 正常性メニュー配下に 2 つのメニューがあり、主に以下の情報が確認できます。 – サービス正常性(現在の状態、過去の状態) – メッセージセンター(予定されているメンテナンス情報) 早速 Office 365 Service Communications API で取得してみます。 事前準備 最初に Office 365 Service Communications API を呼び出すクライアントアプリを決めます。 プログラムを書いてもいいですが素早く検証するため OAuth2.0…

0

Microsoft Office 365 Service Communications API を使用した Dynamics 365 Customer Engagement サービス監視: 概要

みなさん、こんにちは。 Microsoft Office 365 Service Communications API を使用した Dynamics 365 Customer Engagement (CE) のサービス監視について紹介します。最初に本記事で概要を説明します。弊社が提供しているブログ Dynamics 365 Customer Engagement in the Field の記事を翻訳したものです。次回以降で実際に評価環境で試していきます。 情報元: Monitoring Dynamics 365 CE service health and messages using the Microsoft Office 365 Service Communications API ==================================================== 最近、Microsoft Dynamics 365 CE サービスの正常性を監視するオプションについて、お客様と会話をしました。具体的な要望は、Office 365 管理センターより提供されているサービス正常性の表示よりもより高い可視性が必要とのことでした。これにより Dynamics 365 サービス管理者は便利にサービスの正常性を確認できます。しかし、場合によっては、利用者がこれらのメッセージにアクセスするために Office 365 内で適切な役割を持たないため、実際は管理者に依存するようになることがあります。 そこで Office…

0

Dynamics CRM 2016 Online 新機能: Outlook 用 Dynamics CRM アプリケーション その 1

みなさん、こんにちは。 今回は、Dynamics CRM 2016 Online で提供される Outlook 用 Dynamics CRM アプリケーションを 紹介します。 この機能は Dynamics CRM 設置型では利用できません。 概要 Outlook 用 Dynamics CRM アプリケーション(Outlook アプリ)は、 Dynamics CRM Online 2015 Update 1 でプレビュー版としてリリースされていましたが、 本バージョンで正式に機能提供されました。Outlookアプリはサーバー側同期を前提とした機能です。 Outlook クライアントとの違い Outlook クライアント用 Microsoft Dynamics CRM のアドインとは違い Outlook アプリは Outlook Web App (OWA) 上に展開される Web ベースのアプリケーションです。 そのため、オンラインの状態でのみ利用できます。利用者はブラウザから OWA にアクセスして 利用するため Mac や 携帯電話、タブレットからも利用できます。…

2

Dynamics CRM 2016 Online : Office グループ統合の紹介

みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2016 の新機能より、Office Group の 統合について紹介します。尚、この機能はオンライン 版のみとなります。 Office グループとは Office 365 で提供されるサービスで、グループコラボレーションを 実現するための機能となります。詳細は以下のリンクをご覧ください。 Office 365 グループについて Office グループ統合機能を利用する前提 本機能を利用するには、Office 365 のサブスクリプション、または SharePoint Online または Exchange Online などのオンライン サービス に対するサブスクリプションが必要です。詳細は、以下をご覧ください。 Office 365 の紹介および Office 365 と CRM Online との関連付けの方法 Office グループソリューションの構成 Office Group を利用するためには、専用のソリューションを導入 する必要があります。 1. Office 365 管理ポータルに管理者権限でログインします。 2. 管理者メニューより CRM…


Dynamics CRM 2016 新機能: Office Graph (Delve) 連携

みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2016 の新機能より、Office Graph (Delve) の連携について紹介します。 概要 Delve は Office 365 で提供されるドキュメント共有の仕組みです。 Delve を使うことにより、ユーザーが関心のあるドキュメントを 自動的に表示することができます。 詳細については以下のリンクをご覧ください。 Office Delve とは 今回のリリースでは Microsoft Dynamics CRM 上に Delve の情報を 表示することが出来るようになりました。 構成手順 前提として Office 365 で Delve を利用できる状態である必要が あります。ここでは Office 365 E3 体験版を利用してみます。 Delve を利用するために必要な情報は以下のリンクをご覧ください。 Office Delve (Office 365 管理者向け) – Delve を使うのに必要なもの Delve の確認…


Dynamics CRM 2015: サーバーサイド同期でのメールボックスのテストと有効化について

みなさん、こんにちは。 今日は管理者の方向けの情報として、Dynamics CRM 2015 サーバー側 同期でのメールボックスのテストと有効化について情報を提供します。 情報元: http://blogs.msdn.com/b/crm/archive/2015/08/31/test-and-enable-mailboxes-in-microsoft-dynamics-crm-2015.aspx ================================================ Microsoft Dynamics CRM を利用する理由の一つとして、電子メールや予定、 連絡先やタスクを一元管理することで、顧客に対する情報をチームで同時に 確認できる点があげられます。 サーバー側同期を利用する場合、事前にメールボックスのテストと有効化を 実施する必要があります。 この記事ではメールボックスのテストと有効化についての詳細をお伝えします。 メールボックスのテストと有効化が必要な理由 メールボックスのテストと有効化はサーバー側同期を利用する場合にのみ 必要で、Outlook や電子メールルーターで同期を利用する場合には必要が ありません。 すべての Dynamics CRM ユーザーは既定でメールボックスが作成されますが サーバー側同期を利用する場合は、「メールボックスのテストと有効化」を クリックして正しく構成できているか確認する必要があります。 上記ボタンをクリックした際、以下の検証が行われます。 – 電子メールアドレスが有効か – 電子メールサーバーの接続が機能するか – 電子メールボックスにアクセスする権限があるか これらの検証が成功した場合、メールボックスが有効になります。 送信メールでサーバー側同期を利用する場合は、テスト用の電子メールが 送付されます。このテストメールは無効にすることも内容を変更する事も できません。 テストを実行できるユーザーと場所について テストと有効化が実行できるのは以下のユーザーです。 – メールボックスの所有者 – システム管理者 – 他ユーザーのメールボックスにアクセス権があるユーザー 自分のメールボックスをテストする場合 1. 画面右上のギアアイコンより「オプション」を選択。 2. 電子メールタブより「メールボックスの表示」リンクをクリック。 3. メールボックスレコードが開くので、「メールボックスのテストと有効化」…


Dynamics CRM Online 2015 Update 1: Excel にエクスポートの新機能

みなさん、こんにちは。 今回は Dynamics CRM Online 2015 Update 1 で強力に拡張された Excel に エクスポート機能を紹介します。 概要 今回のリリースでは以下の機能拡張が実施されました。 – Excel ファイルとしてのエクスポート – クイックエクスポート – Excel Online 統合 早速順番に見ていきましょう。 Excel ファイルとしてのエクスポート これまでの Excel にエクスポート機能では、エクスポートしたファイルは ネイティブな Excel ファイルではなく、ファイルを開く際に警告が表示 されたり、通貨のフォーマットが数値として認識されないため、 合計が上手くできないなどの弊害がありました。 今回のリリースではエクスポートしたファイルは Excel ネイティブな形式に なります。そのため、ファイルを開く際に警告は出ません。またセルの 形式は以下の通りです。 セルの形式 テキスト、シンボル、電話番号、オプションセット、参照: テキスト形式 電子メール、URL: 標準 数値、通貨: 数値 日付: 日付 (OS の設定でフォーマットが決まります) 計算列、ロールアップ列: Excel で変更が可能 クイックエクスポート これまで…


Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サーバー側同期 Exchange Online との予定、タスク、取引先担当者連携

みなさん、こんにちは。 前回は、サーバー側同期機能を利用した Exchange Online との電子メール連携を紹介しました。今回は、電子メール以外のサーバー同期対象である予定、タスク、取引先担当者の連携について紹介します。 ※予定、タスク、取引先担当者の連携は、Exchange Online でのみ有効な機能となります。 概要 同期機能によりMicrosoft Dynamics CRM Online で作成した予定、タスク、および取引先担当者 が Exchange Online にも自動で作成されます。その後各種レコードを更新した際も、双方に自動で変更が反映されます。ただしこの機能を利用する際、以下のことに注意してください。 – 処理は非同期で実行されるため、即時に反映されない場合があります。- 同期できるレコードは Microsoft Dynamics CRM Online で作成されたものです。先に Exchange Online で作成したレコードは同期されません。 では早速手順を見てみましょう。尚、各種構成は前回の記事で紹介していますので、まだご覧になっていない方はこちらからご確認ください。 手順 メールボックスの有効化 予定、タスク、担当者の同期設定もメールボックス設定で行います。 1. 設定 | 電子メールアクセス構成 | メールボックスをクリックします。 2. ユーザーのメールボックスを開きます。 3. 予定、取引先担当者、タスク 設定が 「サーバー側同期」 であることを確認します。 4. まだ承認していない場合は「電子メールの承認」をクリックして電子メールを承認します。  5. 確認画面で「OK」をクリックします。 6. 設定が正しく行われているか確認するため、「メールボックスのテストと有効化」をクリックします。 7. 確認画面で「OK」 をクリックします。…

5