Microsoft Dynamics CRM : カスタムプラグインを利用した Azure 連携 : 二方向リスナーサンプル

みなさん、こんにちは。 先週は Microsoft Dynamics CRM と Azure 連携について 2 つの 記事を紹介しました。 Microsoft Dynamics CRM : 既定のプラグインを利用した Azure 連携サンプル紹介 Microsoft Dynamics CRM : Azure 連携用のカスタムプラグイン開発 今回は上記の記事を読んでいる前提で、さらに異なるオプションに ついて説明します。 サポートされるリスナーの種類 これまではキューリスナーを利用したサンプルを紹介してきました。 Microsoft Dynamics CRM では、キューリスナー以外にも、一方向、 二方向、REST リスナーをサポートしています。 Windows Azure ソリューション用のリスナーの記述 キューリスナーとの大きな違いは以下の通りです。 – Windows Azure サービスバスに送信されたデータを、その場で 受信しないといけない。 – 二方向、REST リスナーは、受信したデータを加工して、送信元 に差し戻すことが出来る。 尚、差し戻されたデータをプラグイン内で処理するには、既定の プラグインではなく、カスタムプラグインの利用が必須です。 事前準備 前回までの記事では、キューリスナーを利用していたため、一部 設定の変更が必要となります。 1. SDK\bin\PluginRegistrationTool.exe を実行します。…


Microsoft Dynamics CRM : Azure 連携用のカスタムプラグイン開発

みなさん、こんにちは。 今回も開発者の方向けの情報として、前回紹介した Azure 連携サンプルに 続く情報を提供します。以下は前回の記事のサンプルを実行した状態まで 設定が終わっている前提とします。 Azure 連携とプラグイン 前回、Windows Azure サービスバスに対して操作コンテキストを送信する サンプルを紹介しましたが、その際は既定のプラグインを利用しました。 しかし、要件によっては既定のプラグインが送信する情報では不十分な 場合があります。 そこで Azure 連携で利用できるカスタムプラグインの開発を紹介します。 カスタムプラグインサンプル 以下の手順でカスタマプラグインのサンプルをコンパイル、登録します。 1. Visual Studio で sdk\samplecode\cs\azure\windowsazure.sln を 開きます。 2. ソリューションエクスプローラーより Plug-ins プロジェクトを右クリックし ビルドをクリックします。コンパイルが成功することを確認します。 3. SDK\bin\PluginRegistrationTool.exe を実行します。 4. 必要な情報を入力して、組織に接続します。既に ServiceEndpoint が登録されていることを確認します。 登録がない場合、前回の記事のステップを一通り実行してください。 すでに登録がある場合画面のように選択後、右側に出る ServiceEndpointId を 控えてください。 5. Register | Register New Assembly をクリックします。 6. コンパイルしたプラグインを選択し、”Sandbox” に登録します。 7. 登録したプラグインを展開し、ステップを追加します。…


Microsoft Dynamics CRM : 既定のプラグインを利用した Azure 連携サンプル紹介

みなさん、こんにちは。 今回は開発者の方向けの情報として、Windows Azure のービスバス連携機能の 中から、既定のプラグインを利用する方法を紹介します。 Windows Azure と Microsoft Dynamics CRM との統合については、以下ページを 参照してください。 Windows Azure と Microsoft Dynamics CRM との統合の概要 概要 上記リンクにもありますが、基本的なフローは以下の通りです。このフローにある 3 番の箇所のやり方が複数存在しますが、今回は既定のプラグインを紹介します。 また Microsoft Dynamics CRM はオンラインを利用する前提とします。 Windows Azure アカウントの作成 既に Windows Azure のアカウントをお持ちの場合はこちらのステップはスキップ してください。またアカウントをお持ちでない場合、体験版をご利用いただけます。 1. http://www.windowsazure.com/ja-jp/pricing/free-trial/ にアクセスします。 2. 無料で試すリンクをクリックします。 3. 任意の Microsoft アカウントでログインして、画面に沿って進めてください。 4. 体験版の申し込みが完了すれば準備は終了です。 Windows Azure サービスバスの作成 1. 体験版を申し込んだアカウント、または既にお持ちのアカウントで Windows Azure…


Dynamics CRM 2011 : Windows Azure 上にポータルを作成する

みなさん、こんにちは。 今日は開発者の方向けの情報として、先日北米 CRM サポートチーム ブログで公開された Windows Azure 上にポータルを作成する方法を 紹介します。 元記事: Creating and Publishing a Web Portal to an Azure Cloud Service ============================================================== みなさん、こんにちは。この記事は、先日の Convergence にて紹介したデモに 関するもので、潜在顧客の情報の表示や作成が行えるポータルを開発して Windows Azure 上に公開する方法について紹介します。 Windows Azure アカウントの作成 既に Windows Azure のアカウントをお持ちの場合はこちらのステップはスキップ してください。またアカウントをお持ちでない場合、体験版をご利用いただけます。 1. http://www.windowsazure.com/ja-jp/pricing/free-trial/ にアクセスします。 2. 無料で試すリンクをクリックします。 3. 任意の Microsoft アカウントでログインして、画面に沿って進めてください。 4. 体験版の申し込みが完了すれば準備は終了です。 Windows Azure Web サイトの作成 1. 体験版を申し込んだアカウント、または既にお持ちのアカウントで Windows…


Dynamics CRM Online : Yammer 統合

みなさん、こんにちは。 今日は管理者の方向けの情報として、Yammer 統合を紹介します。 Yammer 統合 現在 Microsoft Dynamics CRM 2011 および Microsoft Dynamics CRM Online では、ソーシャル機能としてアクティビティフィードを提供していますが 、Microsoft Dynamics CRM Online では、社内で Yammer をご利用の場合、 アクティビティフィードの代わりに Yammer と統合することが可能です。 尚、統合に際しては有料版の Yammer をご利用いただく必要があります。 統合の手順 1. Microsoft Dynamics CRM Online にブラウザで接続します。新着情報で アクティビティフィードが機能していることを確認します。 2. 設定 | 管理 | Yammer の構成をクリックします。免責事項が出るので 同意できる場合は続行をクリックします。その後構成画面が表示されます。 3. 画面の 「Microsoft Dynamics CRM Online から Yammer への 接続を承認します」…


Microsoft Dynamics CRM Online 2012 年 12月サービスアップデートと SharePoint Online の最新アップデートが SharePoint 統合機能に与える影響

みなさん、こんにちは。 今日は北米 CRM サポートブログより、Microsoft Dynamics CRM 2011 の2012年 12月 サービスアップデートによるSharePoint Online 連携への影響についての情報をお届けします。 元記事: Impact of Dynamics CRM December 2012 Service Update and SharePoint Online Service Update on CRM-SharePoint Integration ========================================================================= 今後数週間に渡り、 Microsoft Dynamics CRM Online 環境に対して、2012年 12月 サービスアップデートの機能が展開されますが、同時期に SharePoint Online の最新サービスアップデートも実際される予定です。詳細(英語) これらの更新は、SharePoint 連携機能を利用しているお客様に影響が出る 恐れがあるため、この記事でその詳細と対処方法をご案内します。 前提として、SharePoint 統合機能を利用するには、別途リストコンポーネントを ダウンロードして適用する必要があります。このコンポーネントは SharePoint に インストールするものであり、12月に SharePoint Server 2013 に対応したものを リリースしました。そのため現在…


Dynamics CRM 2011 と SharePoint 2010 連携 その 3

みなさん、こんにちは。 今回は SharePoint 2010 エンタープライズ検索の結果に、Microsoft Dynamics CRM 2011 のレコードを表示させる方法について紹介します。環境は前回まで のものをそのまま利用します。 Dynamics CRM 2011 と SharePoint 2010 連携 その 1 Dynamics CRM 2011 と SharePoint 2010 連携 その 2 SharePoint 2010 エンタープライズ検索 SharePoint 2010 エンタープライズ検索を利用することで、SharePoint サーバー内のコンテンツだけでなく、外部のカタログも検索できるようになります。今回は 外部のシステムとして Microsoft Dynamics CRM 2011 を利用します。 では早速今回のシナリオを紹介しましょう。 シナリオ 3 要件 1. SharePoint ポータルでの検索結果に Microsoft Dynamics CRM 2011 に 格納した、取引先企業の情報を表示すること。 2….


Dynamics CRM 2011 と SharePoint 2010 連携 その 2

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、今回も SharePoint 2010 連携の記事をお届けします。 今回は取得するレコードをフィルタする方法の紹介となります。 では早速今回のシナリオを紹介しましょう。 シナリオ 2 要件 1. シナリオ 1 の要件に加え、レコードを取引先企業名でフィルタできること。 ソリューション 今回も前回同様 Business Data Connectivity Service (BCS) を利用します。 また前回の手順がすべて完了している前提とします。 外部コンテンツ操作の追加 1. SharePoint デザイナーを起動します。 2. サイトを開くより http://crm2011 を開きます。 3. ナビゲーションより外部コンテンツタイプをクリックします。 4. 外部コンテンツ一覧で、前回追加した FilteredAccount を選択します。 5. 表示リボンより操作デザインビューボタンをクリックします。 6. ADW_MSCRM データソースを展開し、ビューより FilteredAccount を 右クリックし、リストの読み取り操作の新規作成をクリックします。 7. 操作名と操作の表示名を任意のものに変更し、次へをクリックします。 8. フィルターパラメーター構成の画面でフィルターパラメーターの追加 ボタンをクリックします。データソース要素より name を選択します。 9. フィルターの項目でクリックして追加をクリックします。 10….


Dynamics CRM 2011 と SharePoint 2010 連携 その 1

みなさん、こんにちは。 このシリーズでは、Microsoft SharePoint 2010 から見た Microsoft Dynamics CRM 2011 の連携を紹介します。Microsoft Dynamics CRM 2011 上での Microsoft SharePoint 2010 統合は、こちら をご覧ください。 テスト環境 このシリーズで利用する環境は以下の通りです。※すべて設置型です。 サーバー名: AD01.contoso5.local OS: Windows Server 2008 R2 SP1 役割: Active Directory サーバー名: CRM2011.contoso5.local OS: Windows Server 2008 R2 SP1 ソフトウェア: Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard SP2 Microsoft Dynamics CRM 2011 Update Rollup 11 Microsoft…