Unified Service Desk の拡張 : CTI イベントルーティングにおける汎用リスナーアダプターの利用

みなさん、こんにちは。前回まで全 7 回にわたる Unified Service Desk の構成チュートリアルをご紹介いたしました。今回は拡張編として、Unified Service Desk と CTI システムを連携する仕組みについてご紹介いたします。なお、今回紹介する内容は基本的に以下のチュートリアルの内容に沿っています。Walkthrough: Use the generic listener adapter for CTI event routing   事前準備 USD のインストールが完了している必要があります。以下の記事を参考にしてインストールを完了しておいてください。Unified Service Desk のインストール インストール時に展開されるサンプルパッケージの機能を一部利用します。前回までの全 7 回の Unified Service Desk の構成 Part 1 ~ Part 7 で使用したユーザーと同じユーザーを使うときは、Unified Service Desk の構成 Part 1 ステップ 3 でユーザーに割り当てた構成を解除してください。 サンプル CTI シミュレーター アプリケーションの Visual Studio プロジェクトを以下からダウンロードします。http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=519007 …

0

Unified Service Desk の構成 Part 7 : エージェントアプリケーションにエージェントスクリプトを構成

みなさん、こんにちは。今回も前回から引き続き Unified Service Desk の構成チュートリアルをご紹介します。なお、今回紹介する内容は基本的に以下の内容に沿っています。Walkthrough 7:Configure agent scripting in your agent application   事前準備 前回までの構成にコントロールを追加していきますので、以下の記事を参考にして構成を作成しておいてください。今回のシナリオでは Part 1、Part 3 と Part 4 の構成は必須です。Unified Service Desk の構成 Part 1 : シンプルなエージェントデスクトップの構成Unified Service Desk の構成 Part 2 : エージェントアプリケーション内に外部の Web ページを表示Unified Service Desk の構成 Part 3 : エージェントアプリケーション内に Microsoft Dynamics CRM レコードを表示Unified Service Desk の構成 Part 4 :…

0

Unified Service Desk の構成 Part 6 : エージェントアプリケーションにデバッガーのホストされたコントロールを構成

みなさん、こんにちは。今回も前回から引き続き Unified Service Desk の構成チュートリアルをご紹介します。なお、今回紹介する内容は基本的に以下の内容に沿っています。Walkthrough 6:Configure the Debugger hosted control in your agent application   事前準備 前回までの構成にコントロールを追加していきますので、以下の記事を参考にして構成を作成しておいてください。今回のシナリオでは Part 1 と Part 3 の構成は必須です。Unified Service Desk の構成 Part 1 : シンプルなエージェントデスクトップの構成Unified Service Desk の構成 Part 2 : エージェントアプリケーション内に外部の Web ページを表示Unified Service Desk の構成 Part 3 : エージェントアプリケーション内に Microsoft Dynamics CRM レコードを表示Unified Service Desk の構成 Part 4…

0

Unified Service Desk の構成 Part 5 : セッション名とセッション概要データの表示

みなさん、こんにちは。今回も前回から引き続き Unified Service Desk の構成チュートリアルをご紹介します。なお、今回紹介する内容は基本的に以下の内容に沿っています。Walkthrough 5: Display enhanced session information by displaying session name and overview data   事前準備 前回までの構成にコントロールを追加していきますので、以下の記事を参考にして構成を作成しておいてください。今回のシナリオでは Part 1 、Part 3 と Part 4 の構成は必須です。Unified Service Desk の構成 Part 1 : シンプルなエージェントデスクトップの構成Unified Service Desk の構成 Part 2 : エージェントアプリケーション内に外部の Web ページを表示Unified Service Desk の構成 Part 3 : エージェントアプリケーション内に Microsoft Dynamics CRM レコードを表示Unified…

0

Unified Service Desk の構成 Part 4 : エージェント アプリケーション内のセッションに Microsoft Dynamics CRM レコードを表示

みなさん、こんにちは。今回も前回から引き続き Unified Service Desk の構成チュートリアルをご紹介します。なお、今回紹介する内容は基本的に以下の内容に沿っています。Walkthrough 4:Display a Microsoft Dynamics CRM record in a session in your agent application   事前準備 前回までの構成にコントロールを追加していきますので、以下の記事を参考にして構成を作成しておいてください。今回のシナリオでは Part 1 と Part 3 の構成は必須です。Unified Service Desk の構成 Part 1 : シンプルなエージェントデスクトップの構成Unified Service Desk の構成 Part 2 : エージェントアプリケーション内に外部の Web ページを表示Unified Service Desk の構成 Part 3 : エージェントアプリケーション内に Microsoft Dynamics CRM レコードを表示  …

0

Unified Service Desk の構成 Part 3 : エージェントアプリケーション内に Microsoft Dynamics CRM レコードを表示

みなさん、こんにちは。今回も前回から引き続き Unified Service Desk の構成チュートリアルをご紹介します。なお、今回紹介する内容は基本的に以下の内容に沿っています。Walkthrough 3:Display Microsoft Dynamics CRM records in your agent application   事前準備 前回までの構成にコントロールを追加していきますので、以下の記事を参考にして構成を作成しておいてください。Unified Service Desk の構成 part 1 : シンプルなエージェントデスクトップの構成   今回の内容 今回はエージェントアプリケーション内に Microsoft Dynamics CRM レコードを表示する手順についてご説明します。コールセンターで既存のお客様からお問い合わせがあった時、まずは顧客名や顧客コード、電話番号などで問い合わせしてきたお客様情報を検索することから始めると思います。今回のシナリオでは USD のエージェントアプリケーション内に Dynamics CRM の顧客情報(取引先企業または取引先担当者)を検索するメニューボタンを配置し、ボタンをクリックすると取引先企業または取引先担当者の簡易検索ビューを表示させる構成をご説明します。   ステップ1:取引先企業と取引先担当者レコードを表示するホストされたコントロールを作成 このステップでは、取引先企業と取引先担当者レコードをそれぞれ表示する二つの CRM ページタイプのホストされたコントロールを作成します。   Microsoft Dynamics CRM にサインインします。 ナビゲーションで Microsoft Dynamics CRM をクリックし、設定 を選択します。 設定 > Unified Service…

0

Unified Service Desk の構成 Part 2 : エージェントアプリケーション内に外部の Web ページを表示

みなさん、こんにちは。今回も前回から引き続き Unified Service Desk の構成チュートリアルをご紹介します。なお、今回紹介する内容は基本的に以下の内容に沿っています。Walkthrough 2:Display an external webpage in your agent application   事前準備 前回作成した構成にコントロールを追加していきますので、前回の記事を参考にして構成を作成しておいてください。Unified Service Desk の構成 Part 1 : シンプルなエージェントデスクトップの構成   今回の内容 USD の大きな特徴として、Microsoft Dynamics CRM 以外の外部アプリケーションを USD で構成したエージェントアプリケーション内に呼び出すことができる機能があります。呼び出した異なる外部アプリケーションの画面間でデータを受け渡したり、呼び出した外部アプリケーション上で行う操作を自動化するなど、高度なデスクトップ統合機能が用意されておりますが、今回はシンプルにエージェントアプリケーション内に外部の Web ページを表示する手順についてご説明します。   ステップ1:Web ページを表示するホストされたコントロールを作成 このステップでは Web ページを表示する 標準 Web アプリケーションタイプのホストされたコントロールを作成します。   Microsoft Dynamics CRM にサインインします。 ナビゲーションで Microsoft Dynamics CRM をクリックし、設定 を選択します。 設定…

0

Unified Service Desk の構成 Part 1 : シンプルなエージェントデスクトップの構成

みなさん、こんにちは。Unified Service Desk (USD) の構成や開発には 、USD 関連エンティティの概念や User Interface Integration (UII) フレームワークの機能など多くのことを理解している必要があります。USD の管理者や開発者が USD の構成方法や開発手法を素早く理解し習得できるようにチュートリアルが用意されています。今回から数回にわたり、用意されているチュートリアルの内容をご紹介いたします。今回はシンプルなエージェントデスクトップの構成についてご説明いたします。今回紹介する内容は基本的に以下の内容に沿っています。Walkthrough 1:Build a simple agent application 事前準備 USD のインストールが完了している必要があります。前回の記事を参考にしてインストールを完了しておいてください。Unified Service Desk (USD) のインストール    ステップ1:基本的なホストされたコントロールの作成 アプリケーションが Microsoft Dynamics CRM インスタンスに接続できるように以下の三つのタイプのホストされたコントロールを作成します。これらのホストされたコントロールは USD の構成でそれぞれ一つ必要となります。なお、チュートリアルの中で作成するコントロールの名前の頭には識別しやすいように Contoso というシナリオ名を入れて作成いたします。 接続マネージャー Global Manager パネルレイアウト Microsoft Dynamics CRM にサインインします。 ナビゲーションで Microsoft Dynamics CRM をクリックし、設定 を選択します。 設定 > Unified…

0

Unified Service Desk (USD) のインストール

みなさん、こんにちは。今回から全 9 回にわたって Unified Service Desk (USD) の展開や構成方法をご紹介していきます。今回はインストール手順をご紹介いたします。以前ご紹介した Unified Service Desk の概要については以下の記事をご確認ください。 Unified Service Desk (USD) のご紹介   Microsoft Dynamics CRM Online 30日間無償トライアル環境の取得 今回は Microsoft Dynamics CRM Online の環境を使って手順をご説明いたします。 以下のサイトから Dynamics CRM Online 無料トライアル環境を取得してください。 Microsoft Dynamics CRM 30 日間無料トライアルなお、USD は Microsoft Dynamics CRM 2015 および Microsoft Dynamics CRM 2013 Service Pack 1 (SP1) の設置型環境でも動作いたします。  Unified…

0

Guid.NewGuid(); 使用時の注意点

  みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 開発に関するトピックを紹介します。この記事は以下のブログの紹介です。 The Dangers of Guid.NewGuid(); http://blogs.msdn.com/b/crminthefield/archive/2015/01/19/the-dangers-of-guid-newguid.aspx 背景と概要 Microsoft Dynamics CRM は GUID をエンティティのプライマリキーとして使用します。GUID をプライマリキーとして使用する事は、ランダムな数字と文字列がプライマリキーとして使用される為、SQL Server の観点からベストプラクティスではありません。しかし、Dynamics CRM プラットフォームは GUID を連続な順番で生成する機能があります。 SQL Server のインデックス管理 SQL Server のインデックスはキーデータが指定された並び順(昇順・降順)で保存されています。GUID はランダムな数字と文字列の組み合わせなので、キーとして使用される場合、格納されているキーデータの間に新規データが追加される場面が発生します。SQL Server はこのような場合、ページを分割します。ページ分割は、ページ分割自体が手数がかかる処理であると同時に、ページ内のデータ個数の低下、インデックスページがデータファイル内で連続しなくなる断片化という、パフォーマンス面で考慮するべき幾つかの挙動が伴います。このような側面から、GUID のようなランダムな文字列をプライマリキーとして使用するのは、SQL Server の観点からベストプラクティスではありません。 Dynamics CRM の 連続した GUID 生成機能 Dynamics CRM プラットフォームは GUID を連続な順番で生成するアルゴリズムを持っています。 キーとして使用される GUID が連続しているので、常にインデックスの最後に新規データが追加されます。 この為、新規データ作成時にページ分割は発生しません。これにより、SQL Server がエンティティテーブルを効率的にインデックスする事を可能にします。結果、レコード取得を速める効果を期待できます。…