Dynamics CRM 2013/Fall ’13 フォームのアクティブ/非アクティブステータス

みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall ’13 で提供されるフォームのステータスについて紹介します。 情報元 : Form Activation\Deactivation state 概要 Microsoft Dynamics CRM 2011 より、各エンティティは複数のフォームを 持てるようになり、フォームセレクターによる切り替えの他、ロール別 に異なるフォームをアサインするなど柔軟性が高くなりました。 その一方で開発中のフォームを含め非常に多くのフォームを保持する場合 開発者の意図しないフォームをユーザーが選択できてしまう問題が出て 来ました。 そこで今回のバージョンではメインフォームについてステータスを提供 することになり、フォームのアクティブ/非アクティブの切り替えが可能に なりました。 手順 フォームのアクティブ/非アクティブはソリューションより切り替えが可能です。 1. 任意のエンティティのカスタマイズよりフォーム一覧を表示します。 2. ステータスを変更したいフォームを選択します。 グリッド右上にアクティブ化、非アクティブ化ボタンがあります。 またフォームの状態列で現在の状態を確認できます。 3. 非アクティブ化ボタンをクリックします。選択したフォームが 非アクティブになり、ユーザーからも見れなくなります。 4. 非アクティブフォームを表示するにはビューを切り替えます。 注意点 – 現在はメインフォームでのみアクティブ/非アクティブを切り替え可能です。 その他のフォームでは切り替えが行えません。 – 各エンティティで必ず 1 つはアクティブなメインフォームが必要です。 SDK フォームのステータスは…


Dynamics CRM 2013/Fall ’13 自習書の紹介 2

みなさん、こんにちは。 先日 Microsoft Dynamics CRM 自習書シリーズに新しい コンテンツが追加されたのでお知らせします。 http://technet.microsoft.com/ja-jp/cloud/crm_learning 新ドキュメント トライアル申込手順書 最新のトライアル申込み手順になります。 How to SFA 編 SFA 編の簡易版で30分で自習が可能です。 Office 365 連携設定編 Office 365 連携 (SharePoint、Lync) ならびに Outlook 連携の自習書になります。 ステップアップ機能編 メニューとコマンド バーの修正方法など中級者向けの カスタマイズ自習書になります。 Dynamics CRM Fall ’13、Dynamics CRM Server 2013 の新機能編 新機能の自習書に特化しており、解説と演習の 2 パターンになります。 是非ご覧ください。 – 中村 憲一郎


Dynamics CRM 2013/Fall ’13 タブレット用 CRM アプリケーション その 5

みなさん、こんにちは。 前回に続き、Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall ’13 向けタブレット用 CRM アプリケーションを紹介します。 今回はスクリプト開発を紹介します。 Xrm.Page オブジェクトモデル タブレット用 CRM アプリケーションでも、Xrm.Page オブジェクトモデル を利用してスクリプト開発が行えますが、以下の注意事項があります。 ダイアログメッセージ メイン UI の処理を中断する window.alert, window.confirm, window.prompt はサポートされません。代わりに Xrm.Utility.alertDialog/confirmDialog を 使用してください。これらの関数はスクリプトを中断しないため問題なく 動作します。 もしカスタマスクリプトがすでに window.alert を含んでいる場合、自動的 に Xrm.Utility.alertDialog 関数に置き換えられますが、これは一時的な処置 のため、早い時点で明示的に置き換えを検討してください。 制限 以下の関数はタブレット用 CRM アプリケーションでは動作しません。 Xrm.Page.context.getCurrentTheme Xrm.Page.uiViewPort Xrm.Page.data.entity.getDataXml Xrm.Page.ui control Web リソースおよび IFRAME 関連の関数 Xrm.Page.ui.formSelector…


Dynamics CRM 2013/Fall ’13 タブレット用 CRM アプリケーション その 4

みなさん、こんにちは。 前回に続き、Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall ’13 向けタブレット用 CRM アプリケーションを紹介します。 今回はリストおよびグリッドの機能とカスタマイズを見ていきます。 リスト タブレット用 CRM アプリケーションのダッシュボードやフォーム上の サブグリッドで表示されるリストには、以下の機能があります。 表示内容 リストにはプライマリフィールド以外に 2 つの列が表示されます。表示 される列は既定のビューより定義を取得しています。 [カスタマイズしていない場合] [2列目に取引先責任者を移動した場合] 予定のリスト 予定のアイコンは種類によってことなる画像が表示されます。画像以外に 期限が表示れされ、また期限が切れているものは濃い赤で、まだ期限で ないものは薄い赤で表示されます。 [期限が切れた予定] [タスク] [電話] [予定] [期限が切れる前のタスク] グリッド タブレット用 CRM アプリケーション専用のビュー定義は存在しない ため、通常のビュー定義をそのまま再利用できます。グリッドでは 以下の機能が利用できます。 列のサイズ変更 任意のビューの任意の列サイズを変更できます。変更した情報は 端末に保存されます。 1. 任意のエンティティのグリッドを開きます。 2. 画面下からスワイプアップするか、マウスで右クリックして コマンドバーを表示します。 3. コマンドバーから列のサイズ変更をクリックします。 4. ビューの上部にドラッグできるアンカーが表示されます。 5….


Dynamics CRM 2013/Fall ’13 タブレット用 CRM アプリケーション その 3

前回に続き、Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall ’13 向けタブレット用 CRM アプリケーションを紹介します。 今回はフォームのカスタマイズを見ていきます。 メインフォーム タブレット用 CRM アプリケーションでは以下の機能をサポートします。 – 既定のメインフォームの定義を再利用 – 最大 5 タブ – 最大 75 フィールド (隠しフィールド含む) – レコードナビゲーション – タイル、コンタクトカード – ビジネスプロセスフロー – サブグリッド – ヘッダー – フォームスクリプト – Skype との統合 また現時点では以下機能は利用できません。 – Yammer およびアクティビティフィード – Bing マップ – iFrames および UI…


Dynamics CRM 2013/Fall ’13 タブレット用 CRM アプリケーション その 2

みなさん、こんにちは。 前回に続き、Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall ’13 向けタブレット用 CRM アプリケーションを紹介します。 今回から各種機能と関連するカスタマイズを見ていきます。 対応エンティティと変更可能範囲 タブレット用 CRM アプリケーションに対しては、有効で編集可能、有効で 読み取り専用、無効の設定が存在しますが、エンティティによって行える 設定が限られています。 設定の確認、変更はエンティティのカスタマイズ画面を使用します。 グレーアウトしている設定は利用できません。 [有効かつ編集が可能な場合] [有効だが読み取り専用の場合] [無効の場合] 以下に一覧を紹介します。 カテゴリ ー エンティティ名 既定値 既定のエンティティ 編集可能 取引先企業 取引先担当者 潜在顧客 営業案件 営業資料 競合企業 つながり メモ 活動: •予定 •タスク •電話 既定で編集有効 読み取り専用または 無効に変更可能 カスタムエンティティ 編集可能 カスタムエンティティ カスタム活動エンティティ 既定で無効 有効または 読み取り専用に変更可能…


Dynamics CRM 2013/Fall ’13 タブレット用 CRM アプリケーション その 1

みなさん、こんにちは。 今回から Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall ’13 向けのタブレット用 CRM アプリケーションを 紹介します。 概要と前提 タブレット用 CRM アプリケーションは、当初日本語のサポートは ありませんでしたが、先日のアップデートのより日本語のサポート が開始されました。尚、日本語のタブレット用 CRM アプリケーション を利用するには、サーバー側も Update Rollup 1 が必須となります。 Microsoft Dynamics CRM Online 環境は既に Update Rollup 1 相当の パッチが適用済ですので、そのままご利用いただけます。 設置型については、追加の要件として IFD の構成が必須となります。 こちらについては後日改めて詳細を紹介します。 アプリケーションは Windows Store および Apple App Store より それぞれ Windows 8/Windows 8…


Dynamics CRM 2013/Fall ’13 自習書の紹介

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM Online ’Fall 13 および Microsoft Dynamics CRM 2013 設置型がリリースされてから、連続 50 投稿を目標に日々 情報を提供してきましたが、早いもので今日で 50 投稿目です。 今後も情報は随時更新していきますが、1 つの節目ということで 勝手ながら一人で喜んでおります。 さて今回は先日リリースしたばかりの Microsoft Dynamics CRM Online ’Fall 13 対応の自習書を紹介します。 http://technet.microsoft.com/ja-jp/cloud/crm_learning 上記サイトにて、以下の自習書が公開中です。 SFA (Sales Force Automation: 営業支援) シリーズ 3 部作 ・顧客管理編 ・商談管理編 ・活動管理編 設定編 カスタマイズ編 今後も自習書を充実させていく予定ですので、是非定期的に チェックしてみてください。 – 中村 憲一郎


Dynamics CRM 2013/Fall ’13 SDK モバイルおよびリッチ クライアントの開発 その 4 – Azure AD、AAL、サンプル詳細

みなさん、こんにちは。 今回は SDK で提供されている Windows ストアサンプルプログラムに 関して、キーとなる技術について紹介します。既に紹介した内容と 重複する箇所もありますが、事前にご了承ください。 Windows Azure Active Directory (AD) Windows Azure AD は Azure 上にホストできるディレクトリサービス であり、Office 365 や Windows Intune などで利用されています。 ユーザーの管理、ログオンプロセス、認証サービス、フェデレーション サービスなど主要な ID サービスを提供します。また既存の Active Directory と同期することが可能で、シングルサインオンなどの機能を 実現できます。 参考 : Windows Azure Active Directory What is Windows Azure Active Directory? (Video) Active Directory Federation Service (AD FS) 2.2 Windows Server…


Dynamics CRM 2013/Fall ’13 SDK モバイルおよびリッチ クライアントの開発 その 3 – 認証(設置型)

みなさん、こんにちは。 今回はモバイルおよびリッチ クライアントの開発に関して設置型 における設定とサンプルの実行を紹介します。尚、以下の記事の 内容をすでに理解している前提となります。 Dynamics CRM 2013/Fall ’13 SDK モバイルおよびリッチ クライアントの開発 その 1 – 概要とサンプル紹介 Dynamics CRM 2013/Fall ’13 SDK モバイルおよびリッチ クライアントの開発 その 2 – 認証(オンライン) Dynamics CRM 2013 IFD 構成における AD FS 2.2 のサポート 設置型の認証基盤 設置型で非ブラウザアプリケーションから OAuth を利用するには Windows Server 2012 R2 で提供される AD FS 2.2 を使用した IFD が必須です。AD FS 2.2 の新機能については以下のサイトを参照 してください。(英語)…