Dynamics 365 更新プログラム スケジュール

みなさん、こんにちは。   Dynamics 365 (オンライン) 更新プログラム スケジュールについての案内が、2016 年 11 月 5 日に英語の電子メールで管理者宛てに送信されてます。今回は、この Dynamics 365 (オンライン) の電子メール内容の翻訳版を案内します。   タイトル: Awareness: Scheduling your Organization for a Microsoft Dynamics 365 Update 通知: Microsoft Dynamics 365 更新プログラムのスケジュールが開始されます     電子メールの翻訳内容 ==================================================   通知: Microsoft Dynamics 365 更新プログラムのスケジュールが開始されます Microsoft Dynamics 365 Dynamics 365 のロールアウトに伴い、組織に適用する更新プログラムについて、お客様が効率よくスケジュールできるよう、以下の情報を共有いたします。 顧客主導更新 (Customer-Driven Update: 以下 CDU) プロセスの最新情報:…

1

Dynamics 365 Fall Wave がリリースされました !

みなさん、こんにちは。 2016 年 11 月 1 日に、Dynamics 365 Fall Wave (Centaurus) がリリースされました。   Dynamics 365 では、CRM (顧客管理) と ERP (業務基幹システム) クラウドソリューションがひとつのクラウドサービスに統合され、 それに伴い、以前までのネーミングである Dynamics CRM (Online/設置型) から Dynamics 365 (Online/設置型) に変更されました。   今回は Dynamics 365 リリースの追加機能である Dynamics 365 ホームページについて簡単に紹介します。   Dynamics 365 ホームページ ユーザーがアプリケーションを簡単に探し出し、アプリケーションを起動することができる Dynamics 365 ホームページ (home.dynamics.com) が新しく加わりました。Dynamics 365 ホームページでは、ユーザーが使用可能な Dynamics 365 アプリケーションがモジュール タイルとして表示され、簡単に起動することができます。また、複数のDynamics 365…

1

Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 新機能: オンラインバックアップと復元機能

みなさん、こんにちは。2016 年 8 月より Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 (Dynamics CRM Spring 2016 Wave) からの新機能として、オンデマンドで Dynamics CRM Online 組織のバックアップ・復元を管理者にて実行することが可能になりました。   機能実装前は、データーセンター側で日次バックアップされている組織 (システムバックアップ) を復元するには、技術サポートに問い合わせをし、データーセンターにて復元作業を行う必要がありました。 この機能が実装されたことで、管理者は任意のタイミングで Dynamics CRM Online 組織をオンデマンドでバックアップや復元を行うことができるようになります。 ただし、復元先はサンドボックスインスタンスが対象となるので、サンドボックスインスタンスが必要です。   オンラインバックアップと復元機能概要 機能実装前 – データーセンターにおいて、Dynamics CRM Online 組織のシステムバックアップを日次で行われている – 日次のシステムバックアップを復元させるには、技術サポートに問い合わせをし、データーセンターにて復元作業を行う – システムバックアップは、記憶容量を消費しない   機能実装後 – 引き続き、データーセンターにて組織のシステムバックアップが日次で行われる – Dynamics CRM Online 管理者は、任意のタイミングで組織のオンデマンドバックアップや復元を行うことができる – Dynamics CRM Online…

2

Dynamics CRM Online 組織の記憶域管理の変更

みなさん、こんにちは 2016 年 4 月中旬より、Dynamics CRM Online の 記憶域の管理について変更がありました。 変更前は、Dynamics CRM Online の 設定 > 管理 > [使用中のリソース] に各インスタンス (実稼働インスタンス、非実稼働インスタンス) 毎に表示されてましたが、変更後の記憶域 (ストレージ) の使用量は、CRM Online 管理センターのサービス正常性タブに表示されるようになりました。 CRM Online 管理センターにて、記憶域の使用量や各インスタンスの正常性の確認が、以前と比べて容易になりました。   [サービス正常性] の機能については、こちらのブログを参照してください。   概要 – Dynamics CRM Online 管理者への使用量に関する通知 (※ 1) が改善されました – 非管理者へは通知がされなくなりました。変更前はストレージ容量が超過する前に警告メッセージをログインしたユーザーにも表示されました – CRM Online 管理センター > サービス正常性 タブに、ストレージ使用量の合計と各インスタンスの使用量が表示されます – Dynamics CRM Online の使用中のリソース項目は、削除される予定です…


Dynamics CRM Online インスタンス毎のサービス正常性

みなさん、こんにちは。 Dynamics CRM Online 管理センターに [サービス正常性] のタブが追加され、Dynamics CRM Online インスタンス毎のサービス正常性が表示されました。 この新機能により、複数の Dynamics CRM Online インスタンス (実稼働インスタンス、サンドボックスインスタンス) 毎にサービスの状態を表示させることができます。複数インスタンスがある場合には便利な機能です。 引き続き、Office 365 ポータルの [管理] > [サービス正常性] で製品毎にサービスの状態が表示され、Dynamics CRM Online の組織の各カテゴリ別に詳細情報を確認することも出来ます。   概要 – Dynamics CRM Online インスタンス毎にサービス正常性を表示 – Dynamics CRM Online インスタンスは各地域データーセンターのサーバー群で管理されているので、あるインスタンスで障害が発生しても、別サーバー群で管理されている他インスタンスでは問題が発生しない場合もある – どのカテゴリのサービスに問題が発生しているかは、Office 365 ポータルの [管理] > [サービス正常性] > Dynamics CRM Online (※注) で、サービス正常性の詳細を確認することができる – この新機能の詳細は、こちらを参照してください (現在は英語のみ)…