機能追加: ユーザー セッションとアクセスの管理

みなさん、こんにちは。 今回は、最近機能追加が実施されたユーザー セッションとアクセスの管理機能について紹介します。 本記事の内容は、弊社が提供しているブログ Microsoft Dynamics 365 Team blog の記事を翻訳したものです。 尚、情報元記事中では、未だリリースがなされていない旨のご案内となっておりますが、既に機能リリース済で 以下のバージョンの Dynamics 365 にて利用可能でございます。 Dynamics 365 (オンライン) バージョン 8.1 以降 Dynamics 365 (設置型)、当機能はこの更新プログラムに含まれています。 Dynamics CRM 2016 (設置型) バージョン 8.1 以降、当機能を有効化するためにはサポートにお問い合わせください。 Microsoft Dynamics CRM 2015 (設置型)、当機能を有効化するためにはサポートにお問い合わせください。 情報元: Security Enhancements: User session and Access management ==================================================== ユーザー セッション タイムアウトをより柔軟に管理可能とするセキュリティ機能改善を展開する過程にあります。 これらの機能追加により、セキュリティおよびデータのプライバシー ポリシーに準拠することもできます。 ユーザー セッション 設定された期間の後にユーザーを強制的に再認証させるために、システム管理者は、個々の Dynamics 365 インスタンスのセッションタイムアウトを設定できます。 ユーザーは、設定された期間の間のみ、アプリケーションにサインインしたままにすることができます。…


Dynamics CRM クライアント SDK バージョンを更新し、ACSの参照を除外する方法

みなさん、こんにちは。 Azure Access Control Service (ACS)の廃止に伴い、古いSDK を使用しているSDK クライアントを 更新する必要があります。本記事では更新対象のSDKクライアントの特定方法と更新方法をご紹介します。 Dynamics 365 バージョン8.2 (Online) 環境ではこちらの対応を実施しないと認証処理がエラーで失敗しますので即日対応が必要です。Dynamics CRM 8.1 Online 環境では 2017年6月30日 から同様にエラーが発生するようになるので、この日までに対応が必要となります。Dynamics 365 8.2, Dynamics CRM 8.1 設置型環境では 2017年6月30日以降もエラーは発生しませんが、サポートされる構成にするために可能な限り早く、SDK クライアントを最新のものに更新する必要があります。サポートされるSDK と CRM Server の組み合わせについては チームブログ をご確認ください。 本記事は、海外チームのブログにて投稿された内容を基に記載しています。 情報元: Update Dynamics CRM Client SDK version to avoid calls to ACS =================================================== 問題 Azure Access Control Service (以下 ACS)…


お知らせ: Microsoft Dynamics CRM 2016 SP1 用の更新プログラム 0.1 がリリースされました!

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 (設置型) 用の 更新プログラム 0.1 が 2017 年 5 月 18 日にリリースされ、 Microsoft ダウンロードセンターよりダウンロード可能になりましたのでお知らせします。 [ダウンロード情報] タイトル: Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1.1 (設置型) URL: https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=55254 ビルド番号: 8.1.1.1005 更新プログラムのロールアップ情報や更新方法、更新プログラム 0.1 で解決される問題一覧は、 以下のリンクをご参照ください。 https://support.microsoft.com/ja-jp/help/3203310/update-0.1-for-microsoft-dynamics-crm-2016-service-pack-1   [バージョン確認方法] 製品画面右上の歯車 –> [情報] をクリックするとバージョン情報が表示されます。   なお、下記記事にございます通り、オンラインに対する本アップデートは 2017 年 4 月に適用されております。 タイトル: Microsoft Dynamics CRM…

1

Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 on Azure IaaS パフォーマンス ベンチマークに関するホワイトペーパーが公開されました!

みなさん、こんにちは。 先日、ダウンロードセンターに、Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 (SP1) on Azure Infrastructure as a Service (IaaS) に関する パフォーマンスベンチマークテストの資料が公開されました。重要な内容のため、文書の内容を紹介していきたいと思います。 Microsoft Dynamics CRM 2015 and Microsoft Dynamics CRM 2016 Performance and Scalability Documentation(英語): https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=45905 上記のリンク内の文書のうち、「Microsoft Dynamics CRM 2016 SP1 Performance Benchmark on Azure IaaS」(12/05/2016 現在)の 内容を対象にしています。この文書は Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 を対象とした内容です。 Dynamics CRM Online に関するベンチマーク結果は、こちらの記事を参照ください。 本文書の概要、目的…

0

Dynamics CRM Online 2016 Update 1 パフォーマンス ベンチマークに関するホワイトペーパーが公開されました!

みなさん、こんにちは。 先日、ダウンロードセンターに、Dynamics CRM Online 2016 Update 1 に関する パフォーマンスベンチマークテストの資料が公開されました。重要な内容のため、文書の内容を紹介していきたいと思います。 Microsoft Dynamics CRM 2015 and Microsoft Dynamics CRM 2016 Performance and Scalability Documentation(英語): https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=45905 上記のリンク内の文書のうち、「Performance Benchmark for Microsoft Dynamics CRM Online 2016 Update 1」(12/05/2016 現在)の 内容を対象にしています。この文書は Dynamics CRM Online 2016 Update 1 を対象とした内容です。(設置型は対象外) 本文書の概要、目的 本文書は、Dynamics CRM Online 2016 Update 1 において、複数のユーザーが同時に利用している状況下で パフォーマンスを評価し、Dynamics CRM Online 2016 Update…

2

Microsoft Dynamics CRM Plugin Registration Tool による Plugin の更新について

みなさん、こんにちは。 今回は Dynamics CRM において、Plugin Registration Tool を利用し、既存のプラグインを更新する際に、 以下のエラー メッセージが発生し、更新が失敗する場合があります。 本投稿では何故エラーとなってしまうか、またその際の対処策についてご案内いたします。 エラー内容 – エラー メッセージ抜粋 Plug-in assembly does not contain the required types or assembly content cannot be updated (Error Code -2147204725) 原因と対処策について 本エラー発生には複数の原因がありますが、主に以下 3 点が発生の条件となります。 1. プラグイン アセンブリ メタデータを変更してしまっている場合 プラグイン の Major バージョン、Minor バージョン、Name、PublicKeyToken、Culture 属性が変更された場合、本エラーが発生いたします。 更新後の プラグイン アセンブリのバージョンを更新前のバージョンに合わせるためには、Visual Studio で該当プラグイン プロジェクトを開き、アセンブリ情報ダイアログの 「アセンブリ バージョン」を変更することでアセンブリ バージョンを変更できます。…


Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能: 強化された Power BI 統合: その 2

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能から Power BI 統合強化について紹介します。前回の記事をご覧になっていない方は、参照ください。 Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能: 強化された Power BI 統合: その 1 他のユーザーへダッシュボードの共有 前回の記事では、Dynamics CRM ダッシュボード上に Power BI タイルを配置する方法を紹介しました。 今回は、Power BI タイルを配置したダッシュボードを他のユーザーへ共有する手順について紹介します。 共有する上でのポイントは 2 つです。…

1

Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能: 強化された Power BI 統合: その 1

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能から Power BI 統合強化について紹介します。 概要 Power BI は、蓄積されたデータを分析するのに役立つ BI ツールです。Dynamics CRM に蓄積されたデータを分析することが可能です。 詳細については過去の記事を参照ください。 https://blogs.msdn.microsoft.com/crmjapan/2016/03/30/powerbi-com-dynamics-crm-online-3/ 本バージョンから、コンテンツパックを利用して作成された Power BI レポートを Dynamics CRM 上の個人ダッシュボードに配置できるようになりました。 事前準備 事前準備として、Dynamics CRM Online と同じアカウントにて Power BI にレポートを作成します。 今回は、サービスマネージャー用のコンテンツパックを作成します。詳細は手順は過去の記事を参照ください。 過去の記事では、コンテンツパックを利用する際に、Dynamics CRM の組織サービスを指定していましたが、 現在は新しい Web API の URL が自動的に指定されるようになりました。…

0

Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能: 対話型サービス ハブの機能強化

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能から 対話型サービス ハブの機能強化について紹介します。 概要 対話型サービスの強化ポイント 2 点です。 – IFrame および Web リソースを追 – SLA タイマーの追加 IFrame および Web リソースを追加 対話型サービス ハブで Web リソースを追加する例として、 フォームの OnLoad 処理にポップアップを表示する JScript を設定します。 Web リソースの追加 1. Dynamics CRM にログインします。 2. [設定] > [カスタマイズ] をクリックします。…

0

Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 新機能: フィールド サービス: モバイル アプリケーション その 3

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 新機能からフィールド サービスについて紹介します。 本記事はシリーズもののため、前回の記事をご覧になっていない方は合わせてご参照ください。 Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 新機能: フィールド サービス: 概要 Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 新機能: フィールド サービス: 事前準備 Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 新機能: フィールド サービス: 作業指示書の作成、割り当て Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 新機能: フィールド サービス: 予約の確認、作業完了報告…

0