Dynamics CRM 2011 次のアップデートで壊れる可能性のあるスクリプトの対応

※ 2012年 11月 27日 カスタムコード検証ツールが公開されているため、情報を追加。※ カスタムコード検証ツールはこちらのリンクをご覧ください。 みなさん、こんにちは。 以前お伝えしたように、今後 Microsoft Dynamics CRM 2011 はマルチブラウザを サポートする予定です。利用者の方はとても楽しみである反面、開発者の方は 開発したスクリプトが正常に動作するか心配ではないでしょうか。 先日 US チームで JScript に関する記事が公開されたので、紹介します。 情報元 : Resolve Breaking Script Issues When Upgrading to the Next Release of Microsoft Dynamics CRM 背景 私たちは Microsoft Dynamics CRM をご利用の方々に、素晴らしい体験を提供 したいと思っています。その一環として次のアップデートでは、複数のブラウザ をサポートするために、Web アプリケーションが大幅に変更されます。 この変更により Microsoft Dynamics CRM を利用するユーザーや組織が増加 することが見込まれ、ソリューション提供者の方々にも、今後より多くの機会が あると考えていますが、その際、既存のソリューションが、新しいアップデートに 対しても機能することが重要となります。その目標を達成するため、すでに 私たちが認識しているスクリプトに関する問題の情報を提供し、また解決の ためのガイドラインを示したいと思います。…


Dynamics CRM 2011 Update Rollup 9 (R8) ベータ版公開!!

みなさん、こんにちは。 本日はとてもエキサイティングな情報をお届けします。 元記事 : Microsoft Dynamics CRM 2011 UR9 (a.k.a “R8”) Beta is here! とうとう待ちに待った Microsoft Dynamics CRM 2011 Update Rollup 9 の ベータ版がパブリック公開になりました。このバージョンは R8 としても知られ ており、マルチブラウザのサポート等、多くの機能を提供します。 設置型でのみの提供となり、ベータから製品版への移行のサポートは ありませんが、現在開発しているプログラムが動作するかを確認する には最適です。 是非正式リリース前に、お試しください。 ベータ版に含まれるもの – 評価目的用の設置型のビルド – 事前に録画されたセッションの動画およびプレゼンテーションファイル – 実装ガイド – SDK と Readme ※ドキュメント類は英語のみとなっております。 注意事項 ベータ版は評価目的のみでの利用が前提となり、商用には利用できません。 また出荷版に移行するパスは用意されませんので、事前にご了承ください。 ベータ版には、出荷版には含まれえる予定のいくつかの機能が含まれません。 ベータ版の入手方法 マイクロソフト Connect サイトよりダウンロードが可能です。 1. 以下のリンクより、 R8 Beta…


Microsoft Dynamics CRM 2011 バーチャル ローンチ イベント

こんにちは、昨年は Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版の機能を紹介してきましたが、いよいよ Microsoft Dynamics CRM 2011 ローンチが近づいてきました。米国では、2011年1月20日 9:00 am (太平洋標準時)からバーチャル ローンチ イベントが予定されており、Microsoft CEO Steve Ballmer が Microsoft Dynamics CRM 2011 を紹介します。また、Microsoft Dynamics CRM Online 2011 は 40 市場、41言語でサービスが開始される予定です。日本語版 CRM Online は、この 40 市場、41言語に含まれます。 英語となりますが、次の Web ページからバーチャル ローンチ イベントへの参加登録を行うことができます。http://crm.dynamics.com/2011launch/ ローンチ イベントでは、開発者向けの仮想フォーラムが企画されていますので、興味のある方は上記サイトをご覧ください。 また、開発者の方や、パートナーの皆さんが Microsoft Dynamics CRM 2011 を始めるのに便利なホワイト ペーパーも用意されています。 Building Business Applications with Microsoft Dynamics…

0

Microsoft Dynamics CRM 2011:目標管理(Goal Management)

こんにちは、今日は節分ですね。みなさんは、何かイベントを楽しまれましたか。いつから関東でも流行ったのか思い出せませんが、定着してきた(?)恵方巻を食べたりするのでしょうか。 今回は、Microsoft Dynamics CRM 2011 のアプリケーション新機能である目標管理(Goal Management)について紹介します。 営業目標を達成するために、複数のテリトリ、製品にまたがる複雑な分析、進捗管理に悩まされている方が多いのではないでしょうか。Microsoft Dynamics CRM 2011 で新しく追加された目標管理機能を利用すると、実績の自動ロールアップにより、様々な対象/目標を階層をまたいで様々な角度から分析することができます。 シナリオ1 : 別々の取引先企業に対して設定された達成目標を管理 次のような組織階層があります。 Kevin は第 2 四半期に USD 300,000 の目標が設定されています。目標達成のために、次のような個人目標をチーム メンバーに割り当てます。 Nancy : 90,000David : 120,000Michael : 90,000(Account1)、110,000(Account2) これを Microsoft Dynamics CRM 2011 で追跡してみましょう。Microsoft Dynamics CRM 2011 の目標管理では、目標(Goals)、目標指標(Goal Metrics)、ロールアップ クエリ(Rollup Queries)の 3 つのエンティティが新たに準備されています。この 3 つのエンティティの関連を把握することが、目標管理機能を理解するためには重要です。 1) 目標レコードを開きます。目標指標が “第 2 四半期売上” という名前で設定されています。 2) [下位の目標(Child…

3

Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版ダッシュボードを使ってデータを追跡

今回は、Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版ダッシュボードを使って、データを追跡する方法を紹介します。CRM を利用される場合、顧客データの動向をリアルタイムに把握したい、という要件をお持ちの方が多いのではないでしょうか。また、どのデータが、いつ変更されたか、さらに調査が必要な点がないかを把握する必要もありますよね。Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版ダッシュボードを使用すれば、このような要件を簡単に実現することができます! ここでは、顧客データで起こっていることを追跡するために Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版グラフとダッシュボード機能を使用します。機能紹介のため、ビジネス シナリオはシンプルな内容にしています。 シナリオ :営業課長のケビンはチームが取り組んでいる様々な営業データがいつ修正されたか、現在のステータスはどうなのか把握したいと考えています。ケビンとチームが確認したいエンティティは、取引先企業 (Account)、取引先担当者 (Contact)、潜在顧客 (Lead)、営業案件 (Opportunity)、受注 (Order)、見積もり (Estimate) です。 Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版のグラフとダッシュボード機能があれば、ユーザーがシナリオ要件を満たすダッシュボードを簡単に作成することができます。ダッシュボードを作成するための方法をステップ バイ ステップで紹介します。ここで紹介する手順は、現在公開されている Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版に基づくものです。 ステップ1 – 解決すべきビジネス上の問題を把握 営業課長のケビンは、ダッシュボードを使用して、次のような業務上の簡単な確認を行う予定です :  1. エンティティはいつ変更されたか。 2. 自分の潜在顧客と営業案件パイプラインがどのように見えているか。 3. 非アクティブ化された取引先企業があるか。 4. 最近、見込みなしになった潜在顧客は何件あったか。 5. 失注した営業案件があったか。 6. 進行中の営業案件で何件受注があったか。何件キャンセルがあったか。 7….

0

Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版ダッシュボード

今週は、「Bing マップと Microsoft Dynamics CRM オンライン」ブログの冒頭でふれたダッシュボード機能に関する紹介です。Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版では、データから素早く実態を把握するためグラフとダッシュボード機能が提供されています。ここでは Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版のカスタマイズ機能を使い、どのように分析していくかを紹介します。 ステップ1-グラフとダッシュボードをカスタマイズするときに理解しておくこと ブログ Tracking Your Data Using Microsoft Dynamics CRM Dashboards(英語) でグラフとダッシュボード デザイナーをどのように使っているか紹介しています。Account、Contact、Lead、Opportunity、Order、Quote について実態を把握するために簡単なダッシュボードを作成しています。 ブログで作成したすべてのグラフは単一レベルでグループ化したものでした。 もちろん、単純な分析には十分ですが、グラフではもっと色々なことができます!Account が修正された時だけでなく、Account の現在のステータスを表示し、グラフのプロパティをより詳細にコントロールできる Account 用グラフを想像してみてください。 また、前に作成したグラフをダッシュボード上に表示し、そこからそれぞれのビューに含まれるすべてのレコードの集計情報を表示しました。特定の Account のコンテキスト情報にアクセスするには Manager ロールが必要な場合もあります。ここでは、グラフをカスタマイズし、フォームに埋め込む方法を紹介します。 ステップ 2 - カスタマイズが必要なビュー、グラフ、フォーム、ダッシュボードの確認 まず、このブログで説明しているカスタマイズのうち 2 つのカテゴリについて検討します。1 つ目は、2 つの条件(修正日と現在のステータス)でグループ化されたグラフです。2 つ目は、特定の Account コンテキストで表示される Account フォームのグラフです。(メモ:グラフを表示するために CRM の任意のフォームをカスタマイズできます。)…

0

Bing マップと Microsoft Dynamics CRM オンライン

Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版では、ダッシュボード機能のように、データを様々な視点で可視化することにより生産性の向上がはかられています。関心が寄せられてる可視化として、 Bing マップ の統合があります。今日は、Bing マップと統合についてご紹介します。 たとえば、次のように自分の取引先担当者の所在地をマップ上で表現したい場合を考えます: このソリューションは HTML Web リソースを使用しており、取引先担当者情報を CRM で検索後、所在地と合わせて Bing マップにレンダリングし、ダッシュボードに表示します。 はじめに 1. Web リソースとダッシュボードを実装するために新しいソリューションを作成します(または既存のものを開きます)。2. 新しい *.html ファイルを作成し、IDE で (ここでは Visual Studio を使用します) 開きます。まず、以下のテンプレートで進めます。ここには、Virtual Earth (Bing マップ)、jQuery、および Global Client context など必要なライブラリへの参照が含まれています。Bing マップは、div 要素 id=”map” でレンダリングされ、ページ全体に表示されます(余白が調整され、要素に対する高さ/幅に 100% を指定)。また、URL パラメーターを簡単に解析できる一般的な関数も含めています。 <!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.0 Transitional//EN” > <html>…

2

Dynamics CRM 2011 Beta 版 - Outlook クライアント3 : 電子メールと予定

Dynamics CRM 2011 Beta 版 Outlook クライアント機能について、これまでも英語版の情報をもとに紹介してきましたが、今日は電子メールと予定に関する新機能を紹介します。 Dynamics CRM Outlook クライアントといえば、”CRMで追跡” 機能を思い浮かべる方が多いと思います。Dynamics CRM 導入を検討していただく際に Outlook クライアントとの統合は特徴的な機能となっており、中でも電子メール、予定に設定できる “CRMで追跡” はみなさんが関心を持たれる機能です。 まず、「CRM で追跡」から紹介します。 CRM で追跡 毎朝、仕事はじめに Outlook を起動し、受信トレイの電子メールを確認されると思います: 電子メールに目を通し、必要なメールには「CRM で追跡」を設定していると思います。Dynamics CRM 2011 Beta 版では、新機能として、追跡を設定した電子メールに関連する CRM データが Reading ペインに表示されるようになりました。電子メールに指定されている取引先担当者に対して、右側の Reading ペインに CRM レコードへのリンクを確認することができます。このリンクは、見やすいようにレコード種類でまとめられており、このリンクをクリックして CRM フォームを開くことができます。また、受信者に CRM に登録されていない担当者がいる場合は、赤字で表示され、該当するデータが CRM に登録されていないことが一目でわかります。未登録の担当者をクリックし、取引先担当者、あるいは潜在顧客として CRM に登録することもできます: 電子メールを営業案件やサポート案件に変換したい場合、あるいは接続を追加したい場合もリボン メニューから行うことができます。 大量の電子メールがあり、大量の関係者がいる場合、一つ一つ手で登録するのは大変ですよね。このような場合も、新しい Dynamics CRM Outlook クライアントでは、電子メール追跡を使用して取引先担当者や潜在顧客を送信者の電子メールから自動作成することができます。また、作業に必要な CRM…

0

Microsoft Update で Dynamics CRM 2011 クライアント Beta 版更新プログラムを取得

こんにちは、Dynamics CRM 2011 Beta 版では Microsoft Update から更新プログラムを取得できるようになる予定です。前バージョンの製品でもご要望のあった機能かと思いますので、今日はその内容を簡単にご紹介します。 今後数か月に渡って、開発チームでは Beta 版更新プログラムのリリースを予定しており、Microsoft Update からの更新プログラム配布の検証を行いつつ、Beta 版を利用されているみなさんが必要な緊急度の高い更新プログラムを利用可能にしていくことを目的としています。ここでは、Dynamics CRM 2011 Beta 版クライアントの更新プログラム取得方法についてご紹介します。また、クライアント以外の Dynamics CRM 2011 Beta 版コンポーネントについても Microsoft Update から更新プログラムが利用可能となる予定です。 なお、次に掲載しているスクリーンショットは Windows 7 クライアント(英語版)からのものです。 Microsoft Update を有効にする Dynamics CRM 2011 Beta 版の更新プログラムを入手するためには、該当コンピュータで Microsoft Update を有効にする必要があります。Microsoft Update が有効になっていない場合は、次のスクリーンショットの画面が Dynamics CRM 2011 Beta 版クライアントのセットアップ中に表示され、Dynamics CRM 2011 Beta 版クライアントのセットアップ中に、ユーザーが Microsoft Update を有効にすることができます。…

0

Dynamics CRM 2011 Beta 版ソリューション管理

秋分の日を過ぎたら、先日までの猛暑が嘘のようですね。今年は秋が来ないんじゃないか、とも思いましたが、例年通り秋の味覚も楽しめそうです。 さて、9月に入ってから、Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版 のリリースについてお伝えしてきましたが、拡張機能として Dynamics CRM 2011 Beta 版で追加された「ソリューション管理」をご紹介します。 情報元 : CRM 2011 Solutions: Business applications on steroidshttp://blogs.msdn.com/b/crm/archive/2010/09/15/crm-2011-solutions-business-applications-on-steroids.aspx これまでの Dynamics CRM の拡張機能を思い浮かべていただくと、Dynamics CRM 2011 Beta 版のカスタマイズ機能が、全く新しいものとなっている点に気づいていただけると思います。Dynamics CRM 2011 Beta 版では、各コンポーネントを集約し「ソリューション」として扱うことができます。ソリューションを使用することで、より短期間でビジネス アプリケーションを定義、移管、展開、保守および使用することができます。これは、より少ないクリックで、データ モデル、プロセス、ユーザー インターフェイスおよび分析を定義することができるためです。また .NET プラグイン、SRS レポートなどのカスタマイズもソリューションの一部として含めることができます。 これは是非注目していただきたい機能です。ソリューションは、ただ単に各コンポーネントを集約するのではなく、プラットフォームがソリューションの境界を判断することが可能です。そのことで実現する機能を以下で詳しくご紹介します。 マネージドおよびアンマネージドソリューションの開発と配布 まずはじめにマネージド ソリューションとアンマネージド ソリューションを紹介します。これは、新しく Dynamics CRM 開発に携わる方にとっても、既に Dynamics CRM 4.0 での開発経験をお持ちの方にとっても興味深い話題だと思います。まず、ソリューションを新規に作成すると、アンマネージドとして作成されます。作成したソリューションには既存のコンポーネントを追加したり、新しいコンポーネントを作成することや、それぞれに変更を加えることができます。 ソリューション開発が完了し配布の準備ができたら、マネージドとしてエクスポートすることが可能です。マネージドにすることで、エンドユーザーがソリューションをインポートした場合、カスタマイズ不可として指定されたコンポーネントはカスタマイズさせない、というような制限を設けることが可能となります。逆にカスタマイズ可能と設定されたコンポーネットは、マネージドソリューション内であっても、変更が可能なため、柔軟性を兼ね備えています。一方でアンマネージドとしてエクスポートされたソリューションは、すべてのコンポーネントが変更可能となります。 スマート アップデート…

0