Dynamics CRM 2016 新機能: タブレットアプリケーションの IFrame サポート

みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2016 の新機能より、タブレット アプリケーションでの IFrame サポートを紹介します。 概要 前回のアップデートによって、プレビュー機能としてリリースされた、 タブレットアプリケーションの IFrame 利用ですが、今回のリリースで 正式版となりました。Windows 10, iOS, Android 版が対象です。 構成手順 IFrame は直接埋め込むこともできますし、Web リソース上で利用する こともできます。まずは Web リソースの作成手順を示します。尚、 Dynamics CRM への接続が HTTPS を利用している場合、IFrame や Web リソースで指定する URL でも HTTPS を利用してください。 Web リソースの作成 1. ブラウザで Dynamics CRM に接続します。 2. 設定 | カスタマイズ | システムのカスタマイズを開きます。 3. 既定のソリューションより Web…


Dynamics CRM 2016 新機能: モバイルアプリケーション用コントロール

みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2016 の新機能より、モバイル アプリケーションで利用できる新しいコントロールを紹介します。 概要 今回のリリースでは、モバイルでレコードを操作する際の操作性 を向上すべく、新しいコントロールが追加されました。 コントロールの種類 利用できるコントロールはフィールドの型によって異なります。 以下にコントロールの一覧を紹介します。 線形スライダー オプション セット フリップ スイッチ 星評価 放射状ノブ マルチメディア コントロール ペン コントロール Web サイト プレビュー 数値入力 自動完了 定型入力 線形ゲージ ブレット グラフ アーク ノブ カレンダー コントロール、電話 カレンダー コントロール、タブレット PC カスタマイズの方法 カスタマイズはフォームのカスタマイズとして実施 します。早速いくつか試してみましょう。 1. ブラウザで Dynamics CRM 組織に接続します。 2. 設定 | カスタマイズ | システムのカスタマイズ…


Dynamics CRM 2016 カスタマイズ新機能: タブレット用およびモバイル用クライアントアプリケーションのフォームプレビュー機能

みなさん、こんにちは。 今回は Dynamics CRM 2016 カスタマイズの新機能より、タブレット用 およびモバイル用クライアントアプリケーションのフォームプレビュー 機能を紹介します。 概要 タブレットやモバイル用アプリケーションのフォームは、通常の メインフォームが利用されています。各フィールドや要素レベルで モバイルやタブレットで表示したいか指定できますが、どのように 見えるかは実際にアプリケーションを動かす必要がありました。 今回のリリースではカスタマイズ段階でこれらのフォームが プレビューできるようになりました。 フォームのプレビュー 早速機能を確認してみましょう。 1. ブラウザで Microsoft Dynamics CRM に接続します。 2. 設定 | カスタマイズ | システムのカスタマイズを開きます。 3. エンティティ | 取引先企業 | フォームを選択し、メイン フォームを開きます。 4. プレビュー | モバイルクライアントより、タブレット PC を 選択します。 5. 新しい画面が開き、カスタマイズが読み込まれます。実際 のアプリケーションと同様カスタマイズをダウンロードする ため、多少時間がかかりますが、画面右下のインジケーター が止まるまで待ちます。 6. カスタマイズがダウンロードされると以下のように画面が 表示されます。 種類の切り替え タブレット用フォームから電話用フォームに切り替える場合 プレビュー画面右上にある、プラットフォームアイコンを 利用できます。…


Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 8: カスタマイズ 3

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、Dynamics CRM 2016 の新機能から対話型サービスハブについて紹介します。   今回は、対話型サービスハブのダッシュボードのカスタマイズを紹介していきます。 Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 1: 概要 Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 2: タスクベース体験 Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 3: ダッシュボード Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 4: ナレッジ管理 1 Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 5: ナレッジ管理 2 Dynamics CRM…

0

Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 7: カスタマイズ 2

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、Dynamics CRM 2016 の新機能から対話型サービスハブについて紹介します。   今回は、対話型サービスハブのダッシュボードのカスタマイズを紹介していきます。 Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 1: 概要 Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 2: タスクベース体験 Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 3: ダッシュボード Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 4: ナレッジ管理 1 Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 5: ナレッジ管理 2 Dynamics CRM…

0

Dynamics CRM 2016 カスタマイズ新機能: 業務ルールの新機能

みなさん、こんにちは。 今回は Dynamics CRM 2016 カスタマイズの新機能より、業務ルールの 新機能を紹介します。 ビジネスプロセスとの連携 今回のリリースでは、業務ルールの実行条件として、ビジネスプロセス フローの種類とステージを指定できるようになりました。 条件は以下の 3 種類です。 – 特定のビジネスプロセスを使っている場合 – 特定のビジネスプロセスを使っていて、かつ特定のステージが アクティブな場合 – 特定のビジネスプロセスを使っていて、かつ特定のステージが 選択されている場合 では早速、業務ルールを作成してみましょう。 業務ルールの作成 シナリオは以下の通りです。 サポート案件において、「サポート案件への電話のプロセス」 「解決」ステージがアクティブな場合、「説明」フィールドを 必須にする。 1. ブラウザで Dynamics CRM に接続します。 2. 設定 | カスタマイズ | システムのカスタマイズを選択します。 3. 既定のソリューションが開くので、エンティティ | サポート案件を 展開して、業務ルールを選択します。「新規」をクリックします。 4. ルール名に「解決ステージで説明を必須」と入力します。 5. 条件の追加をクリックします。 6. 「フィールド」で「ビジネスプロセス」を選択し、値に「サポート 案件への電話のプロセル」を選択します。 7. 「種類」より「値とステージ」を選択します。 8. ステージが選択できるようになります。「フィールド」で「アクティブ ステージ」を選択し、「値」で「解決」をチェックします。…


Dynamics CRM 2016 新機能: ソリューションフレームワークの拡張 その 4 ソリューションのアップグレード

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、Dynamics CRM 2016 で拡張されたソリューション フレームワークの機能を紹介します。前回は拡張された機能の概要を紹介 しましたが、今回はソリューションアップグレードの動作を確認してみます。 過去の記事は以下のリンクよりご参照ください。 ソリューションフレームワークの拡張 その 1 ソリューションフレームワークの拡張 その 2 パッチソリューション ソリューションフレームワークの拡張 その 3 ソリューションのマージ 事前の準備 前回作成した環境をそのまま利用します。 ソリューションから不要なコンポーネントの削除と追加 前回マージを行ったソリューションから既存コンポーネントを削除し、 新しいコンポーネントを追加します。 1. ブラウザで開発環境へ接続します。 2. 設定 | カスタマイズ | ソリューションよりマージしたソリューションを 開きます。 3. エンティティの一覧より「カスタムエンティティ1」を削除します。 4. 新規 | エンティティより「カスタムエンティティ3」を追加します。 5. エンティティ作成後、「すべてのカスタマイズの公開」をクリックします。 6. 公開完了後、「ソリューションのエクスポート」よりマネージド ソリューションとしてエクスポートします。 パッチソリューションとアップグレードソリューションのインポート 次にリリース環境での動作を確認します。 1. リリース環境にブラウザで接続し、設定 | カスタマイズ | ソリューション へ移動します。今回追加したパッチソリューションをまずインポートします。 2. 次に作成したマージソリューション…


Dynamics CRM 2016 新機能: ソリューションフレームワークの拡張 その 2 パッチソリューション

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、Dynamics CRM 2016 で拡張されたソリューションフレームワークの機能を紹介します。前回は拡張された機能の概要を紹介 しましたが、今回はパッチソリューションの動作を実際に確認してみます。 事前の準備 今回の機能を試すには、開発環境とリリース先の環境が必要となります。 体験版をサインアップするか、設置型の場合は複数の組織を作成してください。 今回は以下の作業を行います。 – カスタムエンティティを 1 つもつベースソリューションの作成 – ベースソリューションに対してパッチソリューションの作成 – パッチソリューションでカスタムエンティティに対してフィールド追加 ベースソリューションの作成 以下の手順でベースソリューションを作成します。 1. ブラウザで開発環境に接続し、設定 | カスタマイズ を選択します。 2. 発行者をクリックして「新規」ボタンをクリックします。 3. 表示名に「CRM 2016 Test」名前に「CRM2016Test」と入力します。 また接頭辞を test にして、「保存して閉じる」ボタンをクリックします。 4. 設定 | カスタマイズ | ソリューションを選択します。 5. 「新規」ボタンをクリックして、発行元に作成した発行者レコードを 指定します。 6. 表示名に「ソリューション A」、名前に「SolutionA」と入力します。 7. バージョンに 1.0.0.0 を指定して、「保存」ボタンをクリックします。 8. ソリューションが一旦保存されたら、新規 | エンティティをクリックします。 9….


Dynamics CRM 2016 新機能: ソリューションフレームワークの拡張 その 1

みなさん、こんにちは。 今回から数回で、Dynamics CRM 2016 で拡張されたソリューションフレームワークの機能を紹介します。 概要 これまで、本番環境へリリースしたマネージドソリューションに対して新しい バージョンのソリューションをリリースする場合、以下の問題がありました。 – ソリューションの合計数が増える – 他の環境に展開する場合に、リリースするソリューション数が増える – 他のソリューションが混在する場合、インポート順に蓄積されるため結果が 想定と異なる場合がある – ソリューションに既定の設定も含まれるため、展開先の設定を上書きしてしまう – パフォーマンス問題 今回のリリースではこれらの問題を解決すべく、以下の機能が追加されます。 – パッチソリューションの作成 – パッチは常にベースソリューションのすぐ上の階層にインポートされる – メジャーバージョンリリース時に、ベースソリューションとパッチをすべて 統合して 1 つのソリューションにする – より柔軟な要素のエクスポート – コンポーネントの削除 – パフォーマンスの改善 これらの機能は GUI からも SDK からも操作が可能になっています。 ベースソリューションとパッチソリューション 以下の図はベースソリューションである Solution A (バージョン 1.0.0.0) と パッチソリューションを示しています。 [ベースソリューションとパッチソリューション] ベースソリューションからパッチソリューションを作成する場合は GUI 上からパッチを作成するか、 CloneAsPatchRequest メッセージを 利用して作成します。…


Dynamics CRM Online 2015 Update 1 SDK 新機能: FetchXML の新しい検索条件

みなさん、こんにちは。 今回は Dynamics CRM Online 2015 Update 1 で提供されるプラット フォームと SDK の新機能より、FetchXML に追加された新しい検索 条件を紹介します。 概要 今回のリリースで、以下の検索条件が追加されました。 X 分よりも古い X 日よりも古い X 週間よりも古い X 年間よりも古い 尚、X か月よりも古いは以前からサポートされています。 高度な検索 高度な検索は FetchXML を利用してクエリを作成/実行しています。 今回追加された検索条件は高度な検索でも利用可能です。 カスタマイズ レポート、システムビュー、ユーザービューなどビューの定義も FetchXML を利用でるため、今回追加された検索条件が利用できます。 SDK SDK としては FetchXML の検索条件追加に伴い、QueryExpression が 同様の検索条件をサポートしています。 FetchXML の条件 X 分よりも古い <condition attribute=”<AttributeName>” operator=”olderthan-x-minutes” value=”<VALUE>” /> ※この条件は DateOnly と指定された DateTime…