Dynamics CRM 2015/Online 2015 更新プログラム ユーザー操作に関する変更点

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM 2015 および Microsoft Dynamics CRM Online 2015 更新プログラムで メニューの位置や簡易作成フォームの操作などユーザー操作にかかわる部分がいくつか変更 されています。今回はいくつかまとめてご紹介します。 サイトマップの変更 セキュリティメニュー、前回の記事で紹介した複数エンティティの簡易検索メニューが 追加されました。また、既存機能のうち、高度な検索の配置場所が変更されています。 ・セキュリティメニュー Dynamics CRM 2015 よりナビゲーションの設定メニューに、セキュリティという新たな メニューが追加されました。セキュリティには、前バージョンでは、管理メニューに配置 されていたユーザー、セキュリティロール、部署など Dynamics CRM のセキュリティに かかわる機能がまとめてこのメニュー内に配置されました。 階層セキュリティ、ポジションの新しい機能については別記事にてご紹介します。 ・複数エンティティの簡易検索メニュー 新機能である簡易検索メニューがトップのナビゲーションに追加されました。 機能の詳細は前回の記事を参照してください。 ・高度な検索 前バージョンでは各エンティティのコマンドバーに配置されていましたが、 Dynamics CRM 2015 から各エンティティのコマンドバーからはなくなり、 トップのナビゲーションに配置されました。これによりどの場所からでも高度な検索機能を 実行することが可能になります。 続いて、簡易作成時の操作で変更された内容をご紹介します。 簡易作成フォームによる一貫操作 前バージョンでは簡易作成フォーム内にある検索フィールドに新たなレコードを指定する場合、 対象エンティティの新規作成フォームから登録する必要がありました。 Dynamics CRM 2015 では、関連するエンティティの新規フォームではなく、簡易作成フォームで レコードを作成できるようになりました。 早速確認してみましょう。今回は、サポート案件を簡易作成する際に、 顧客である取引先担当者を簡易作成する操作を紹介します。 1. ナビゲーションメニューから+ボタンをクリックします。 2. サポート案件をクリックします。…

0

Dynamics CRM 2015/Online 2015 更新プログラム 新しいフィールドの種類 : 概要

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM 2015 および Microsoft Dynamics CRM Online 2015 更新で新しいフィールドの種類が追加されましたので紹介します。 背景と概要 Dynamics CRM はコーディングを必要とする開発を極力削減できるように、 新機能を追加しています。これには開発工数を下げるだけでなく、変更の 工数やテストの工数の削減、またリリースの速度やアップグレードの容易さ 確保といった目的があります。例えば以下のような機能があります。 – ワークフロー– 業務ルール– 操作、など 今回追加された計算とロールアップ列の機能は、これまで開発が必須であり その性質からパフォーマンスにも影響の出やすいものでした。これらの機能 をプラットフォームとしてサポートすることで、開発者やカスタマイザーは より容易かつ安全に計算やロールアップ機能を利用することができるように なり、またアップデートやアップグレードに関する懸念も多いに減ります。 計算とロールアップ列はそれぞれが補完するように機能するため、多くの シナリオをサポートできます。 新しいフィールドの種類 今回のリリースでは以下の種類が追加されました。 簡易: 新しい種類と区別するために設けられた種類でこれまでと同じです。 計算: レコードおよび親レコードのフィールドから値を計算できます。 ロールアップ: 子レコードのフィールド値を集計できます。 尚、ロールアップ列を計算の一部として利用することや、計算列の値を ロールアップに利用するといった相互利用が可能です。 フィールドのデータの種類によって利用できる種類は異なります。   計算 ロールアップ 1 行テキスト 〇 × オプション セット 〇 × 2 つのオプション 〇…


Dynamics CRM 2015/Online 2015 更新プログラム 業務ルールの新機能

みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2015 および Microsoft Dynamics CRM Online 2015 更新で提供される、業務ルールの新機能を紹介します。 業務ルール新機能 業務ルールは Microsoft Dynamics CRM 2013 および Microsoft Dynamics CRM Online Fall ’13 で提供された機能です。業務ルールについてはこちらの記事を ご覧ください。 今回のリリースでは既存の新たに以下の新機能が追加されました。 – AND/OR 条件 – If/Else If/Else 条件 – 既定値の設定 – サーバー側実行 AND/OR 条件 以前のリリースでは複数条件を指定した場合 AND 条件のみがサポートされて いましたが、今回のリリースでは OR (または) 条件がサポートされています。 If/Else If/Else 条件 オプションセットの値の様に複数の条件で場合分けする際に、以前までは それぞれの条件ごとに業務ルールを作成する必要がありましたが、今回の リリースで…


iOS, Android および Windows 用モバイル SDK サンプルアプリケーション

みなさん、こんにちは。 今日は開発者向けの情報として、先日公開された iOS、Android、Windows ストアおよび Windows Phone 用のサンプルアプリケーションを紹介します。 情報元: New Mobile app SDK samples for iOS, Android, and Windows =================================================== Dynamics CRM で Mobile First を実現するためのモバイル用サンプルアプリケーションを リリースしました。サンプルは iOS 用、Android 用、Windows プラットフォーム用があり、 これから Dynamics CRM 対応アプリケーションを開発したいモバイル開発者や、モバイル 開発に興味がある既存の Dynamics CRM 開発者の方々にご利用いただけます。 これらのサンプルは OAuth 認証を利用し Dynamics CRM Web サービスの OData (REST) と SOAP を利用します。またソースコードとドキュメントは以下より取得できます。 – ActivityTracker for Windows Phone…


【Dynamics CRM Online 管理者様へのご案内】Microsoft Dynamics CRM Online 2015 更新プログラムがリリースされましたのでお試しください

みなさん。こんにちは。   Dynamics CRM Online 2015 更新プログラムについてのご案内の電子メール (英語) が管理者様宛に送信されております。 前回、前々回に続き、管理者様宛に送信された電子メール本文を翻訳いたしましたので、 以下ご案内いたします。 Dynamics CRM Online 2015 更新プログラムは、多くの新機能や拡張機能が含まれており、このブログでも新しい機能や変更点等をご案内していく予定です。   Microsoft Dynamics CRM Online 2015 更新プログラムがリリースされましたのでお試しください! この数ヶ月の間、Dynamics CRM Online 2015 更新プログラムの開発を進めながら、情報を共有するために働きかけてきました。本日は、Dynamics CRM Online 2015 更新プログラムをリリースすることをお知らせできてうれしく思います。 この件に興味がありましたら、続けてお読みください。 Dynamics CRM Online 2015 更新プログラムはスター プレイヤーをまとめて 1 つのチームにします! • 販売する。 Dynamics CRM Online 2015 更新プログラムは、営業担当者にシステムを最大限に生かす支援をするため、製品ファミリ、販売階層、そして分岐ロジックの拡大の紹介をします。 • マーケティングをする。* 自己のマーケターは、複数チャネルのマーケティングにおいて、グラフィック電子メールの編集、A/B およびスプリット テスト、結合されたオファー、そして承認のワークフローで、キャンペーンの作成を簡素化しセグメント化を改善することができます。 • 社会性を持つ。**…

0

Dynamics CRM 2015/Online 2015 更新プログラム 複数エンティティの簡易検索

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM 2015 および Microsoft Dynamics CRM Online 2015 更新プログラムで 提供される複数エンティティの簡易検索を紹介します。 この機能は、Dynamics CRM 2013 のタブレット用アプリケーションにはすでに搭載されており、 一度の簡易検索で最大 10 個のエンティティを跨いだ検索が可能です。 今回 Dynamics CRM 2015 の Web アプリケーションにも同様の機能が追加されました。 早速見てみましょう。 複数エンティティの簡易検索 1. Dynamics CRM 2015 にログインします。 2. ナビゲーションの簡易検索バーに検索文字列を入力します。 今回は *サンプル* という文字列を入力します。※今回は説明の都合上、部分一致の検索を紹介していますが、通常利用時は、パフォーマンスを考慮し極力前方一致をご利用ください 3. 検索結果が表示されます。取引先企業、取引先担当者など複数のエンティティを横断して 簡易検索が実行されたことがわかります。検索対象列はそれぞれのエンティティの 簡易検索ビューで検索列となっているものが対象です。 検索結果を絞り込む 検索結果のフィルター条件を利用すると、さらにエンティティごとに絞り込むことができます。 以上がエンドユーザーの利用イメージです。 簡易検索の設定 続いて管理者が本機能の設定をどこまで変更できるかを紹介します。 複数エンティティの簡易検索には、検索対象レコード数の上限設定および、 検索対象エンティティの指定が可能です。 ・簡易検索レコード上限の有効化 簡易検索レコード上限は既定で有効になっており、エンティティごとに 10,000 レコードまでが 検索対象になります。無効にすることですべてのレコードが対象となりますが、パフォーマンスに…

0

Dynamics CRM 2015/Online 2015 更新プログラム 製品カタログの新機能 その 5 : 製品カタログの多言語サポート

みなさん、こんにちは。 今回は製品カタログの多言語サポートを紹介します。この記事はシリーズに なって いますので、以下の記事も合わせてご覧ください。 製品カタログの新機能 その 1 : 新機能概要 製品カタログの新機能 その 2 : 製品ファミリ、バンドル、階層 製品カタログの新機能 その 3 : 提案製品の設定 製品カタログの新機能 その 4 : 既定の価格表設定 概要 これまで Microsoft Dynamics CRM ではカスタマイズの多言語サポートを 行ってきました。そのためエンティティのフィールド名やコマンドなど、 カスタマイズレベルでの翻訳をサポートしており、ユーザーが必要な言語で 画面を見ることができました。 しかしレコード単位では入力した文字列がそのまま表示されるため、製品の 様に本来共通で使える可能性があるものでも、各言語ごとにレコードを用意 する必要がありました。 今回の新機能では製品エンティティの一部のフィールドがレコードレベル でも多言語サポートすることにより上記の課題を解決しています。 手順 では早速レコードのフィールドを多言語にしてみましょう。 言語パックの導入と有効化 製品レコードの翻訳をサポートするには、該当する言語の言語パックの 導入と有効化が必須です。設置型の場合は弊社ダウンロードセンターより 言語パックのインストールしてください。 Microsoft Dynamics CRM 2015 Language Packs http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=45014 有効化は、設定 | 管理 |…


【Dynamics CRM Online 管理者様へのご案内】Dynamics CRM 2015 更新プログラム でサポートされない構成

みなさん、こんにちは。 Dynamics CRM Online 2015 更新プログラムについてのご案内の電子メール (英語) が管理者様宛に送信されております。 前回に続き、Dynamics  CRM 2015 更新プログラムのサポートされない構成についての電子メール本文を翻訳いたしましたので、 以下ご案内します。 この案内は、CRM Online 2015 更新プログラムでサポートされなくなった構成についてご案内しております。 ブラウザー サポートの変更 CRM アプリケーションに特化したアイテムの変更 フォーム エンティティ Email Router 2007 SDK SOAP エンドポイント Office 365 セキュリティロールの変更 また、プラットフォームの互換性についての詳細は、以下のブログをご参照ください。 Microsoft Dynamics CRM 2015 との互換性   情報:Dynamics CRM Online 2015 更新プログラムでサポートされない構成       次回の Dynamics CRM メジャー リリースでサポートされている構成について大切なお知らせ これまでに「Microsoft Dynamics CRM…


Dynamics CRM 2015/Online 2015 更新プログラム 製品カタログの新機能 その 4 : 既定の価格表設定

みなさん、こんにちは。 今回は既定の価格表の設定について紹介します。この記事はシリーズに なって いますので、以下の記事も合わせてご覧ください。 製品カタログの新機能 その 1 : 新機能概要 製品カタログの新機能 その 2 : 製品ファミリ、バンドル、階層 製品カタログの新機能 その 3 : 提案製品の設定 既定の価格表概要 価格表は各製品の実際の値段を設定したものであり、状況によって 使い分ける必要があります。しかし通常営業担当者は基本的に同じ 価格表を使うことが多いため、都度指定する手間があります。 そこで Microsoft Dynamics CRM 2015 および Microsoft Dynamics CRM Online 2015 更新プログラムでは、ユーザーごとに既定の価格表が設定 できるよう機能を拡張しています。 地域と価格表 実際には Dynamics CRM ユーザーに直接既定の価格表を設定するのでは なく、地域に対する既定の価格表を設定できるようにしています。 こうする事でより柔軟な管理が可能となっています。 設定方法 では早速設定してみましょう。 地域の作成 まずはじめに地域から作成します。 1. 設定 | 事業部管理より営業担当地域を開きます。 2. 新規ボタンをクリックし、日本地域を作成します。 3. 同じように米国地域も作成します。…


Dynamics CRM 2015/Online 2015 更新プログラム 製品カタログの新機能 その 3 : 提案製品の設定

みなさん、こんにちは。 今回は製品の関連について紹介します。この記事はシリーズになって いますので、以下の記事も合わせてご覧ください。 製品カタログの新機能 その 1 : 新機能概要 製品カタログの新機能 その 2 : 製品ファミリ、バンドル、階層 製品の関連概要 営業担当者がある製品を販売した場合、付属品の提案やアップセルの 提案がスムーズに行えると、売り上げに大きく貢献できます。そこで Microsoft Dynamics CRM 2015 では、製品同士を関連付けしておき、 そこから付属品提案やアップセル提案ができるように機能が強化されて います。 関連には以下の 4 種類があります。 – アップセル: 提案中製品よりスペックがよく高額の製品を登録します。 – 相互販売: 提案中製品と同時に提案したい製品を登録します。 – 付属品: 提案中製品の付属品を登録します。 – 代用製品: 提案中製品が無い場合の代用製品を登録します。 では早速登録してみましょう。 アップセルの登録 1. 設定 | 製品カタログ | 製品およびファミリより、Surface Pro 2 を 選択して開きます。 2. 詳細タブ、製品の関連付けサブグリッドで [+] をクリックします。 3….