Microsoft Dynamics CRM 2011:目標管理(Goal Management)

こんにちは、今日は節分ですね。みなさんは、何かイベントを楽しまれましたか。いつから関東でも流行ったのか思い出せませんが、定着してきた(?)恵方巻を食べたりするのでしょうか。 今回は、Microsoft Dynamics CRM 2011 のアプリケーション新機能である目標管理(Goal Management)について紹介します。 営業目標を達成するために、複数のテリトリ、製品にまたがる複雑な分析、進捗管理に悩まされている方が多いのではないでしょうか。Microsoft Dynamics CRM 2011 で新しく追加された目標管理機能を利用すると、実績の自動ロールアップにより、様々な対象/目標を階層をまたいで様々な角度から分析することができます。 シナリオ1 : 別々の取引先企業に対して設定された達成目標を管理 次のような組織階層があります。 Kevin は第 2 四半期に USD 300,000 の目標が設定されています。目標達成のために、次のような個人目標をチーム メンバーに割り当てます。 Nancy : 90,000David : 120,000Michael : 90,000(Account1)、110,000(Account2) これを Microsoft Dynamics CRM 2011 で追跡してみましょう。Microsoft Dynamics CRM 2011 の目標管理では、目標(Goals)、目標指標(Goal Metrics)、ロールアップ クエリ(Rollup Queries)の 3 つのエンティティが新たに準備されています。この 3 つのエンティティの関連を把握することが、目標管理機能を理解するためには重要です。 1) 目標レコードを開きます。目標指標が “第 2 四半期売上” という名前で設定されています。 2) [下位の目標(Child…

2

Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版ダッシュボードを使ってデータを追跡

今回は、Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版ダッシュボードを使って、データを追跡する方法を紹介します。CRM を利用される場合、顧客データの動向をリアルタイムに把握したい、という要件をお持ちの方が多いのではないでしょうか。また、どのデータが、いつ変更されたか、さらに調査が必要な点がないかを把握する必要もありますよね。Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版ダッシュボードを使用すれば、このような要件を簡単に実現することができます! ここでは、顧客データで起こっていることを追跡するために Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版グラフとダッシュボード機能を使用します。機能紹介のため、ビジネス シナリオはシンプルな内容にしています。 シナリオ :営業課長のケビンはチームが取り組んでいる様々な営業データがいつ修正されたか、現在のステータスはどうなのか把握したいと考えています。ケビンとチームが確認したいエンティティは、取引先企業 (Account)、取引先担当者 (Contact)、潜在顧客 (Lead)、営業案件 (Opportunity)、受注 (Order)、見積もり (Estimate) です。 Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版のグラフとダッシュボード機能があれば、ユーザーがシナリオ要件を満たすダッシュボードを簡単に作成することができます。ダッシュボードを作成するための方法をステップ バイ ステップで紹介します。ここで紹介する手順は、現在公開されている Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版に基づくものです。 ステップ1 – 解決すべきビジネス上の問題を把握 営業課長のケビンは、ダッシュボードを使用して、次のような業務上の簡単な確認を行う予定です :  1. エンティティはいつ変更されたか。 2. 自分の潜在顧客と営業案件パイプラインがどのように見えているか。 3. 非アクティブ化された取引先企業があるか。 4. 最近、見込みなしになった潜在顧客は何件あったか。 5. 失注した営業案件があったか。 6. 進行中の営業案件で何件受注があったか。何件キャンセルがあったか。 7….

0

Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版ダッシュボード

今週は、「Bing マップと Microsoft Dynamics CRM オンライン」ブログの冒頭でふれたダッシュボード機能に関する紹介です。Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版では、データから素早く実態を把握するためグラフとダッシュボード機能が提供されています。ここでは Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版のカスタマイズ機能を使い、どのように分析していくかを紹介します。 ステップ1-グラフとダッシュボードをカスタマイズするときに理解しておくこと ブログ Tracking Your Data Using Microsoft Dynamics CRM Dashboards(英語) でグラフとダッシュボード デザイナーをどのように使っているか紹介しています。Account、Contact、Lead、Opportunity、Order、Quote について実態を把握するために簡単なダッシュボードを作成しています。 ブログで作成したすべてのグラフは単一レベルでグループ化したものでした。 もちろん、単純な分析には十分ですが、グラフではもっと色々なことができます!Account が修正された時だけでなく、Account の現在のステータスを表示し、グラフのプロパティをより詳細にコントロールできる Account 用グラフを想像してみてください。 また、前に作成したグラフをダッシュボード上に表示し、そこからそれぞれのビューに含まれるすべてのレコードの集計情報を表示しました。特定の Account のコンテキスト情報にアクセスするには Manager ロールが必要な場合もあります。ここでは、グラフをカスタマイズし、フォームに埋め込む方法を紹介します。 ステップ 2 - カスタマイズが必要なビュー、グラフ、フォーム、ダッシュボードの確認 まず、このブログで説明しているカスタマイズのうち 2 つのカテゴリについて検討します。1 つ目は、2 つの条件(修正日と現在のステータス)でグループ化されたグラフです。2 つ目は、特定の Account コンテキストで表示される Account フォームのグラフです。(メモ:グラフを表示するために CRM の任意のフォームをカスタマイズできます。)…

0

Microsoft Dynamics CRM 4.0 Update Rollup 14 がリリースされました!

こんにちは、今日は先日リリースされた Update Rollup 14 の情報をお知らせします。 次のリンクから Update Rollup 14 に関する情報を確認することができます。 マイクロソフト ダウンロード センター: http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=0fde5456-05a5-4407-81b3-0eaa928c8cc3&displayLang=jaMicrosoft サポート技術情報: http://support.microsoft.com/kb/2389019/ja Update Rollup 14 概要 Update Rollup 14 は累積修正プログラムですが、次の 2 つの Update Rollup 14 に関しては、適用前に Update Rollup 7 を適用する必要があります。その他の CRM コンポーネントには、適用前提となっている Update Rollup はありません。 CRM Outlook クライアント (CRMv4.0-KB2389019-i386-Client-JPN.exe)  データ移行マネージャー (CRMv4.0-KB2389019-i386-DMClient-JPN.exe) Update Rollup 14 では、40 のサポート対象言語パックに対する更新が行われています。 Update Rollup 14 言語パックを適用する場合、事前に製品リリース時の言語パックがインストールされている必要があります。言語パックをご利用の場合は、次の作業を行ってください :…

0

Dynamics CRM を Windows Server 2008 で利用してパフォーマンスの問題に直面したら…

こんにちは、Dynamics CRM 次期バージョンの情報収集に熱心な今日この頃かと思いますが、今日は Dynamics CRM 4.0 をご利用のみなさんにも是非確認していただきたいサポート技術情報を紹介します。ここで紹介するのは、Windows Server や SQL Server といった Dynamics CRM 以外のマイクロソフト製品に関するサポート技術情報、およびブログです。Dynamics CRM に特定されると目に触れる機会も少なくなりますので、ブログでざっとご案内します! 修正プログラムが提供されているパフォーマンスの問題 Dynamics CRM 4.0 では Update Rollup 7 で、Windows 7、Windows Server 2008 R2、SQL Server 2008 R2 をサポートしました。Windows Server 2008 R2 に Dynamics CRM をインストールされていてアプリケーションからの応答がない、CPU 使用率が高いなどの問題に直面された場合は次のサポート技術情報を確認してください。修正プログラムが提供されています。日本語が機械翻訳のため、英語のリンクも記載します。 KB2297652 : 多くのプロセッサ コアおよび PCI-X MSI の多くのデバイスが Windows Server 2008 R2 ベースのコンピューター上でハイパー-V ・関連サービスを開始することはできません。http://support.microsoft.com/kb/2297652/ja (日本語…

0

Bing マップと Microsoft Dynamics CRM オンライン

Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版では、ダッシュボード機能のように、データを様々な視点で可視化することにより生産性の向上がはかられています。関心が寄せられてる可視化として、 Bing マップ の統合があります。今日は、Bing マップと統合についてご紹介します。 たとえば、次のように自分の取引先担当者の所在地をマップ上で表現したい場合を考えます: このソリューションは HTML Web リソースを使用しており、取引先担当者情報を CRM で検索後、所在地と合わせて Bing マップにレンダリングし、ダッシュボードに表示します。 はじめに 1. Web リソースとダッシュボードを実装するために新しいソリューションを作成します(または既存のものを開きます)。2. 新しい *.html ファイルを作成し、IDE で (ここでは Visual Studio を使用します) 開きます。まず、以下のテンプレートで進めます。ここには、Virtual Earth (Bing マップ)、jQuery、および Global Client context など必要なライブラリへの参照が含まれています。Bing マップは、div 要素 id=”map” でレンダリングされ、ページ全体に表示されます(余白が調整され、要素に対する高さ/幅に 100% を指定)。また、URL パラメーターを簡単に解析できる一般的な関数も含めています。 <!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.0 Transitional//EN” > <html>…

2

Dynamics CRM 2011 Beta 版 – Outlook クライアント3 : 電子メールと予定

Dynamics CRM 2011 Beta 版 Outlook クライアント機能について、これまでも英語版の情報をもとに紹介してきましたが、今日は電子メールと予定に関する新機能を紹介します。 Dynamics CRM Outlook クライアントといえば、”CRMで追跡” 機能を思い浮かべる方が多いと思います。Dynamics CRM 導入を検討していただく際に Outlook クライアントとの統合は特徴的な機能となっており、中でも電子メール、予定に設定できる “CRMで追跡” はみなさんが関心を持たれる機能です。 まず、「CRM で追跡」から紹介します。 CRM で追跡 毎朝、仕事はじめに Outlook を起動し、受信トレイの電子メールを確認されると思います: 電子メールに目を通し、必要なメールには「CRM で追跡」を設定していると思います。Dynamics CRM 2011 Beta 版では、新機能として、追跡を設定した電子メールに関連する CRM データが Reading ペインに表示されるようになりました。電子メールに指定されている取引先担当者に対して、右側の Reading ペインに CRM レコードへのリンクを確認することができます。このリンクは、見やすいようにレコード種類でまとめられており、このリンクをクリックして CRM フォームを開くことができます。また、受信者に CRM に登録されていない担当者がいる場合は、赤字で表示され、該当するデータが CRM に登録されていないことが一目でわかります。未登録の担当者をクリックし、取引先担当者、あるいは潜在顧客として CRM に登録することもできます: 電子メールを営業案件やサポート案件に変換したい場合、あるいは接続を追加したい場合もリボン メニューから行うことができます。 大量の電子メールがあり、大量の関係者がいる場合、一つ一つ手で登録するのは大変ですよね。このような場合も、新しい Dynamics CRM Outlook クライアントでは、電子メール追跡を使用して取引先担当者や潜在顧客を送信者の電子メールから自動作成することができます。また、作業に必要な CRM…

0

Dynamics CRM 2011 Beta 版SDK が公開されました!

こんにちは、今年のような猛暑でもちゃんと冬は来るんですね。ここ数日で半袖以外の服も必要な気候になり、安心しています。 既にご覧いただいている方もいらっしゃると思いますが、Dynamics CRM 2011 Beta 版 SDK も公開されていますのでご紹介します。この SDK には、多数のサンプル コードや、内容、バグ フィックスが含まれています。 SDK の chm ファイルの最初のページに記載されている Release History をご覧ください。変更履歴を確認することができます。ここで、いくつかの変更についてご紹介します: 8 つのハンズオンラボが用意され、新機能を確認することができます。簡単にお試しいただけるようになりました! CRM Online ユーザーが CrmSvcUtil ツールを実行するために必要な device ID とパスワードを取得できるツールが提供されました。 一括で Web Resource を作成、更新できるユーティリティが提供されました。 Get Started ペインにカスタムコンテンツを作成する方法に関する情報が公開され、ソリューションを習得しやすくなりました。 多数の新しいサンプルが提供されています : 50 の新しい LINQ サンプル フォーム プログラミングのための JScript クライアント ライブラリ ゴール、価格設定、見積り-受注-請求、およびスケジューリングのサンプル SDK をご覧いただき、ご意見やご感想がありましたら、Documentation Feedback へフィードバックをお寄せください! 情報元 : Microsoft…

0

Dynamics CRM 2011 Beta 版 – Outlook クライアント2 : 条件付き書式

こんにちは、今週は前回に続き Dynamics CRM 2011 Beta 版 Outlook クライアントの機能に関する紹介です。前回のブログでも少し紹介しましたが、条件付き書式は Dynamics CRM 2011 Beta 版 Outlook クライアント新機能の中で Beta 版をご利用のみなさんにご好評いただいている機能です。ここでは関心が集まっている内容を中心に紹介します。自分のルール作成方法、自分の条件付き書式ルールを他のユーザーと共有する方法、サーバー ビューに条件付き書式を追加する方法です。 これから紹介する機能は Dynamics CRM 2011 Beta 版で新しく採用された機能です。例を見てみましょう。まず 「My Active Accounts」 を開きます。 「Account Name」 列を右クリックし、「View Settings」を選択します。(Outlook 2010 のリボンからも使用可能です。) そこから、Outlook の「View Settings」の画面にきます。  「Conditional Formatting」ボタンをクリックし、ルールを参照します。  一つ新規作成してみましょう。ビューで、年間 100万ドル以上の売り上げをもつ取引先企業の文字サイズを大きくし、太字、赤色で表示します。「Add」ボタンをクリックし、ルール名を付け、設定したいフォントを選びます。 それからルールを追加するために「Condition」ボタンをクリックします。 [Advanced] タブに移動し、フィールドを選択します。CRM のすべてのフィールドを表示するには、「User-defined fields in folder] に移動します。(「User-defined fields in folder」はOutlookのフィールドではありません)。   「Annual Revenue」フィールドの実際の数値が見たいので、Field…

0

Dynamics CRM 2011 Beta 版 – Outlook クライアント1 : 概要

こんにちは、引続き Dynamics CRM 2011 Beta 版に関するブログですが、今週は CRM Outlook クライアント機能のご紹介です。 Dynamics CRM 2011 Beta 版がリリースされ、製品リリースに向け準備がすすんでいます。製品リリース前ではありますが、早くお目にかけたいお薦めの新機能、改良点、また Dynamics CRM 2011 Beta 版に特徴的と思われる機能を CRM Outlook クライアントからご紹介します。 ここに、Outlook クライアントのプログラムマネージャである Tripp Parker が  Nikhil と Dynamics CRM 2011 Beta 版 Outlook クライアントの主要な新機能について紹介している 10 分程度のビデオがあります。 [View:https://www.youtube.com/watch?v=vTqe-OKAljQ] http://bit.ly/bsEt9j 以下、Dynamics CRM 2011 Beta 版の新機能、特徴的な機能についてご紹介していきますが、1 回のブログでは紹介しきれないので、数回のブログに分けて取り上げていく予定です。 CRM をパーソナライズ Outlook では、電子メールを保存するフォルダを作ったり、連絡先を分類したり、カレンダーを色分けしたり、とみなさんが使い勝手のよいように Outlook に様々な設定を行われていると思います。CRM Outlook クライアントでも、同じようなコンセプトが採用されています。ユーザー専用の Reading Pane です。各ユーザー毎のカテゴリを設定し、適用するこができます。Outlook…

0