膨大なセンサーデータと連携 ! Azure Cosmos DB 連携: 事前準備 その 2


みなさん、こんにちは。

前回に続き、膨大なセンサーデータから自動で異常を検知して Dynamics 365 にケースを自動作成するサンプルデザインを紹介します。
前回の記事を読まれていない方は、是非ご覧ください。

膨大なセンサーデータと連携 ! Azure Cosmos DB 連携: 概要
膨大なセンサーデータと連携 ! Azure Cosmos DB 連携: 事前準備 その 1

前回は、Azure Cosmos DB を準備しました。今回は、それ以外の事前準備について紹介します。

Azure Cosmos DB コネクタの構築

本サンプルでは、Logic Apps から Azure Cosomos DB に異常なデータがないか定期的にチェックする実装を行います。Logic Apps のトリガーと呼ばれる機能を使うことで実装しますが、現在、Logic Apps の標準機能では、Azure Cosmos DB をトリガーする機能は確認できないため、弊社 Jeff Hollan (Program Manager for Microsoft Azure ) が GitHub に公開しているコネクタを利用します。コネクタを展開すると Azure API として構築されます。Azure API に Azure Cosmos DB のキーを事前に設定し、Logic Apps はこの API を アクセスしたい Azure Cosmos DB とともに呼び出すことで操作可能になります。

1. コネクタの GitHub にアクセスします。

https://github.com/jeffhollan/docdb-connector

2. Deploy to Azure をクリックします。

image

3. Azure にログインします。

4. [Next] をクリックします。

image

5. [Deploy] をクリックします。

image

6. 完了しました。

image

7. Azure 内に Azure API とプランが作成されていることがわかります。

image

8. 作成した Azure API を開きます。

9. [アプリケーション設定] をクリックします。

10. アプリ設定に、”masterkey” および、Azure Cosmos DB アカウントのキーを貼り付けます。

image

11. 保存します。

12. Azure API にアクセスできるか確認します。

image

以上です。

Dynamics 365 Online の作成

続いて Dynamics 365 Online を準備します。過去の記事にてトライアル版を申し込みます。

https://blogs.msdn.microsoft.com/crmjapan/2016/12/05/dynamics-365-trial-setup/

Azure Logic Apps の作成

最後に、Azure Logic Apps を作成します。

1. Azure にログインします。

2. 新規から “Logic Apps” を検索し、作成をクリックします。

image

3. 作成します。今回は、Azure Cosmos DB アカウントと同じリソースグループにしました。

image

4. 自動的にデザイナーが開きます。

5. [空のロジック アプリ] をクリックします。

image

6. “HTTP” で検索し、 “HTTP + Swagger” を選択します。

image

7. 作成した Azure API の URL を指定し [次へ] をクリックします。末尾に “swagger” を含めてください。

image

8. [Query Documents] を選択します。

image

9. Azure Cosmos DB アカウント、データベース、コレクションを指定します。Query では、staus が “NG” のものを取得するクエリを指定します。

image

10. 保存します。

11. この時点で Logic Apps を実行してみます。[実行] をクリックします。

12. 緑色になっていれば成功です。

image

13. またクリックします。出力部分に、異常データが表示されていることを確認します。

image

14. 次に Dynamics 365 にレコードを登録する処理を追加します。[デザイナー] をクリックします。

image

15. [For Each の追加] をクリックします。

image

16. テキストボックスを選択します。

image

17. “Documents” をクリックします。これが、Query Documents の結果になります。

image

18. テキストボックスに “Documents” が設定されます。また、アクションの追加をクリックします。

image

20. "Dynamics” を入力します。

image

21. レコードの作成を選択します。

image

22. Dynamics 365 にログインします。[サインイン] をクリックします。

image

23. ログインします。

image

24. エンティティを選びます。今回はサポート案件を選択します。

image

25. 今回は異常なデータごとにサポート案件を作成します。コードビューをクリックします。

image

26. わかりやすいように [サポート案件のタイトル] に異常なデータのIDを挿入してみます。 "title" に “@item()[‘id’]” を追加します。

image

27. 保存して、[デザイナー] をクリックします。タイトルにデータの id が挿入されていることがわかります。

image

28. [顧客] および [顧客 Type] に値を設定します。今回は、事前に登録した account レコードの GUID を追加します。

image

以上です。

動作確認

早速、動作確認してみましょう。

1. [実行] をクリックします。

image

2. Logic App が実行されます。すべての処理が緑色のアイコンが付けば正常に完了です。

image

3. Dynamics 365 の [新しいレコード作成] をクリックします。“title” に異常なデータの id が設定されていることがわかります。

image

4. 実際にレコードが作成されているか確認します。Dynamics 365 にログインします。[サービス] > [サポート案件] をクリックします。

5. サポート案件にレコードが登録されていることがわかります。タイトルに ID が設定されています。

image

以上です。

まとめ

本記事にて、事前準備は完了しました。次回は、もう少し詳細に解説したいと思います。

– プレミアフィールドエンジニアリング 河野 高也

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Comments (0)

Skip to main content