膨大なセンサーデータと連携 ! Azure Cosmos DB 連携: 概要


みなさん、こんにちは。

今回は、モノのインターネット(Internet of Things, IoT)シナリオを想定して膨大なセンサーデータから自動で異常を検知して Dynamics 365 にケースを自動作成するサンプルデザインを紹介します。

背景

モノのインターネットは、様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され(単に繋がるだけではなく、モノがインターネットのように繋がる)、情報交換することにより相互に制御する仕組みです。例えば、エレベーターを提供している会社は、IoT を通じてエレベーターの異常を自動検知することで保守サービスを未然に行うことができるようになります。

サンプル概要

本サンプルは、膨大なセンサーデータから異常を検知し、自動的に Dynamics 365 にケースを作成します。

image

主な特徴は 2 点です。

- センサーデータの格納場所は Azure Cosmos DB を利用する。
- 異常の自動検知、およびケースの作成は、Azure Logic Apps が行う。

Azure Cosmos DB とは?

一般的にデータを格納するデータベースは、リレーショナルデータベース(RDB) とそれ以外(NoSQL) の 2 種類に分けられます。Azure Cosmos DB では、リレーショナル データベースと非リレーショナル データベースのどちらにも最適な機能が用意されています。利用者にとって Azure Cosmos DB を選択する最大のメリットは、「グローバル配信」によりユーザーはどこからアクセスしても待ち時間が最小限に抑えられます。スループット、待ち時間、可用性、整合性が保証されているサービスレベルアグリーメント(SLA) により、製品選定段階では見えないリスクを最小化できます。実際に、膨大なセンサーデータの格納先として Azure Cosmos DB を検討されているお客様もいらっしゃるようです。

Azure Cosmos DB の概要:
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cosmos-db/introduction#key-capabilities

Azure Cosmos DB の SLA:
https://azure.microsoft.com/ja-jp/support/legal/sla/cosmos-db/v1_1/

ノンコーディングですぐに試せる Azure Logic Apps

Azure Logic Apps は、様々な外部アプリケーションとの連携をノンコーディングを実現できるサービスです。これを利用することで、評価に必要なコスト(人、時間)を最小化できます。本サンプルでは、Azure Logic Apps にて、1. 定期的にセンサーデータから異常なデータを取得する、2. 異常データをもとに Dynamics 365 にケースを作成する。を実装します。

まとめ

次回は、このサンプルをセットアップしてみましょう。

– プレミアフィールドエンジニアリング 河野 高也

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります


Comments (0)

Skip to main content