Microsoft Dynamics 365 新機能: 組織インサイト ソリューションを使用したインスタンスに関するメトリックの表示: トラブルシューティング

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、Microsoft Dynamics 365 新機能から組織インサイト ソリューションを使用した インスタンスに関するメトリックの表示について紹介します。本機能は、Dynamics 365 オンラインでのみ利用できる機能です。 本記事はシリーズものになっているため、前回の記事を参照ください。 Microsoft Dynamics 365 新機能: 組織インサイト ソリューションを使用したインスタンスに関するメトリックの表示: 概要 Microsoft Dynamics 365 新機能: 組織インサイト ソリューションを使用したインスタンスに関するメトリックの表示: 監視と使用 Microsoft Dynamics 365 新機能: 組織インサイト ソリューションを使用したインスタンスに関するメトリックの表示: 記憶域の管理 トラブルシューティング どの API がよく実行されているかという情報を確認することができます。 これにより、想定していない API が多数実行されていることを検知し、対処することで 全体のパフォーマンス改善に役立つかもしれません。 – API 呼出 トップ 10 – API 呼出数の推移 – 失敗している API 呼出 トップ 10 API 呼出…

0

Microsoft Dynamics 365 新機能: 組織インサイト ソリューションを使用したインスタンスに関するメトリックの表示: 記憶域の管理

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、Microsoft Dynamics 365 新機能から組織インサイト ソリューションを使用したインスタンスに関するメトリックの表示について紹介します。本機能は、Dynamics 365 オンラインでのみ利用できる機能です。本記事はシリーズものになっているため、前回の記事を参照ください。 Microsoft Dynamics 365 新機能: 組織インサイト ソリューションを使用したインスタンスに関するメトリックの表示: 概要Microsoft Dynamics 365 新機能: 組織インサイト ソリューションを使用したインスタンスに関するメトリックの表示: 監視と使用 記憶域の管理 記憶域をどの程度利用しているか、どのインスタンスがどの程度利用しているか、最もサイズが大きいテーブルは何かといった、記憶域に関する情報を確認することができます。例えば、記憶域はテナントに割り当たっているため、複数のインスタンスがある場合、どのインスタンスが使っているかを把握することで、テナント全体の記憶域の管理に役立ちます。 – 記憶域の使用率- 記憶域の内訳- トップ 10 テーブル- 共通テーブルのサイズ 記憶域の使用率 記憶域の使用率では、テナント全体で記憶域をどの程度利用しているか確認することができます。記憶域は、テナントに割り当たっているため、複数のインスタンスがあると、その合計が使用率になります。 [記憶域] – [CRM テナント記憶域使用率] 記憶域の内訳 記憶域の内訳では、どのインスタンスがどの程度利用しているか確認することができます。 [記憶域] – [CRM インスタンスによる記憶域使用量(MB)] トップ 10 テーブル 記憶域のトップ 10 テーブルでは、現在のインスタンスのデータベーステーブルサイズおよび行数別、上位 10 件のテーブルを示しています。もし、記憶域を節約したいと考えている場合、トップ10 のテーブルを把握することで検討を開始することに役立ちます。 [記憶域] – [CRM インスタンスによる記憶域使用量(MB)]…

0

Microsoft Dynamics 365 新機能: 組織インサイト ソリューションを使用したインスタンスに関するメトリックの表示: 監視と使用

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、Microsoft Dynamics 365 新機能から組織インサイト ソリューションを使用した インスタンスに関するメトリックの表示について紹介します。本機能は、Dynamics 365 オンラインでのみ利用できる機能です。 本記事はシリーズものになっているため、前回の記事を参照ください。 Microsoft Dynamics 365 新機能: 組織インサイト ソリューションを使用したインスタンスに関するメトリックの表示: 概要 監視と使用 Dynamics 365 を採用するかどうかを検証する上で、試用期間中にどのユーザーがどの程度利用したかという情報は、 重要は要素になります。例えば、想定していたユーザー数が本当に利用していたか、また設計したエンティティが しっかり利用されていたかどうかを知り、利用されていない場合その原因を探ることで、よりよい設計に生かすことができます。 組織インサイトを利用することで監視と使用に関する情報を即座に識別することができます。 最初にダッシュボードの操作方法を紹介します。 ダッシュボード ダッシュボードは 4 つのエリアに分かれています。 1. メニュー 組織インサイトで利用できる 8 つのメニューが表示されます。既定では [ホーム] メニューが選択されます。 2. グラフ表示領域 選択されているメニューごとに、グラフが表示されます。 3. 対象期間 グラフが表示しているデータの対象期間を示しています。以下の制約があります。 – 記憶域メニューには利用できません。 – 既定の時刻の範囲は、過去 24 時間です。 – データは適用された時間範囲だけを表示します。 – データは AppSource のソリューションのリリース時から利用でき、90 日間保持されます。…

0

Microsoft Dynamics 365 新機能: 組織インサイト ソリューションを使用したインスタンスに関するメトリックの表示: 概要

みなさん、こんにちは。 今回は、Microsoft Dynamics 365 新機能から組織インサイト ソリューションを使用したインスタンスに関するメトリックの表示について紹介します。本機能は、Dynamics 365 オンラインでのみ利用できる機能です。 概要 組織インサイト は、Dynamics 365 (オンライン) インスタンスの活動、使用状況、パフォーマンス、およびサービスの品質に関する主なデータ ポイントを公開します。新規の組織インサイト ソリューション は、活発に利用しているユーザー、使用中のエンティティ、障害の多いワークフローとプラグイン、組織のテーブルによって使用されているストレージなどのインサイトおよびメトリックを追加します。 本記事では以下のとおり紹介していきます。 – 構築手順- 監視と使用- 記憶域の管理- トラブルシューティング- カスタマイズ方法 構築手順 最初に構築手順を紹介します。 1. Dynamics 365 にログインします 2. [Dynamics 365] メニューの右側の矢印から [別のアプリを取得する] をクリックします。 3. “organization insights” をタイプします。 4. ヒットした “organization insights” ソリューションの [今すぐ入手する] をクリックします。 5. [続行] します。 6. しばらく待ちます。 7. 同意してソリューションをインポートします。 8….

0

Microsoft Dynamics 365 新機能: 信頼できる IP ルールを使用したアクセス制限

みなさん、こんにちは。 今回は、Microsoft Dynamics 365 新機能から信頼できる IP ルールを使用したアクセス制限について紹介します。 概要 Dynamics 365 (オンライン) へのアクセスを信頼できる IP アドレスを持つユーザーに制限して、不正アクセスを削減できます。信頼できる IP アドレスによる制限がユーザーのプロファイルに設定されているときに、ユーザーが信頼されていない IP アドレスからログインしようとすると、Dynamics 365 (オンライン) へのアクセスはブロックされます。 シナリオ 今回は、社内の端末からアクセスした場合は Dynamics 365 Online にアクセスでき、社外からアクセスした場合はブロックするというシナリオを構成します。 ブロックしたシナリオ: 社外からアクセス 構成手順 今回はすぐお試しいただけるよう Dynamics 365 トライアル版、Azure トライアル版を利用して構成してみます。主な手順は以下の通りです。 – Dynamics 365 トライアル版の申し込み- Azure トライアル版の申し込み- Dynamics 365 の Azure AD を Azure サブスクリプションに追加- Azure Active Directory Premium サブスクリプションの有効化- アクセス規則の有効化-…

0