Microsoft Dynamics 365 新機能: Dynamics 365 サービス管理者ロール


みなさん、こんにちは。

今回は、Microsoft Dynamics 365 新機能から、Dynamics 365 サービス管理者ロールをご紹介します。
Dynamics 365 サービス管理者ロールは、Dynamics 365 Online でのみ利用できます。

 

概要

かねてより、Dynamics 365 Online 環境のみ管理権限がほしいという意見をいただいておりました。
Dynamics 365 Online 環境の管理を行うためには、Office 365 の すべてが管理できる ”全体管理者 ”
ロールを使う必要があったのです。

Dynamics 365 からご提供できるようになりました !

Office 365 は、小規模から大規模までのエンタープライズ向けのアプリケーション スウィートです。
Dynamics 365 だけでなく、Exchange や SharePoint、Skype  for Business など様々なアプリケーションが含まれます。
その管理は、各アプリケーションの管理のほか、ユーザー管理やパスワードの管理、オンラインの
サービス正常性の監視や、課金管理など様々なものがあります。

新しく追加された “Dynamics 365 サービス管理者ロール” では、Dynamics 365 Online サービスに
限定して管理者権限を割り当てられます。

Office 365 の管理者ロールについては、こちらのドキュメントを参照してください。

管理者ロールのメトリックス

代表的な管理者ロールで実施できる作業は表の通りです。
Dynamics 365 サービス管理者ロールでは、ライセンス追加以外の Dynamics 365 の管理作業が行えます。

image

 

 

使い方

1. Office 365 Admin Center   https://portal.office.com/adminportal  に、全体管理者または
ユーザー管理権限のあるアカウントでサインインします。

2. ユーザーに対して、”Dynamics 365 サービス管理者ロール” を割り当てます。

image

3. Office 365 Admin Center  https://portal.office.com/adminportal に、
Dynamics 365 サービス管理者ロールを割り当てたユーザーでサインインします。

4. Dynamics 365 Online 環境の管理作業が行えます。
※ Dynamics 365 Office 365 の全般的な管理はできません。

image                     image

<全体管理者と Dynamics 365 サービス管理者の ナビゲーション メニューの違い>

 

まとめ

いかがですか。
より細やかな管理者ロールが使用できるようになりました。ぜひご利用ください。

– Dynamics 365 サポート エンジニア 片岡クローリー 正枝

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります


Comments (0)

Skip to main content