Microsoft Dynamics 365 新機能: 関連性検索の機能強化: 概要


みなさん、こんにちは。

前回に続き、Microsoft Dynamics 365 新機能から関連性検索の機能強化について紹介します。
本機能は、オンラインのみ提供されています。

概要

関連性検索は、複数のエンティティにまたがる包括的な検索結果を表示します。
本機能は、検索パフォーマンスを促進するため、Azure Search を利用しています。
スコアリングや多言語ごいった Azure Search の提供する検索機能を利用できるメリットがあります。

早速、関連性検索を実行してみましょう。

関連性検索の有効化

関連性検索は既定で無効になっているため、有効化します。

1. Dynamics 365 にログインします。

2. [設定] > [システムの設定] をクリックします。

3. 全般タブをクリックします。

image

4. 同意しますをクリックします。

image

5. OK をクリックします。

以上で有効化手順は完了です。

関連性検索の実行

早速、実行してみましょう。

1. Dynamics 365 にログインします。

2. 右上の虫眼鏡に検索キーワードを入力します。

image

image

3. 実行すると、検索結果が表示されます。

image

AND 検索

関連性検索は、複数の検索キーワードとすべて一致する AND 検索を実行できます。
“コントソ+卸売業/小売” と入力すると、”コントソ” “卸売業/小売” の 2 単語すべてを含むものが検索されます。

image

OR 検索

関連性検索は、複数の検索キーワードのいずれかと一致する OR 検索を実行できます。
“コントソ 卸売業/小売” と入力すると、”コントソ” “卸売業/小売” の 2 単語のいずれかを含むものが検索されます。

 image

検索結果のフィルター

検索結果からさらにフィルターすることができます。フィルターできる項目は主に 5 つです。

– レコードの種類
– 所有者
– 修正日
– 作成日
– 特定のフィールド

ユーザーが定義した特定のフィールドで絞り込むすることができます。構成する方法は別途紹介します。

フィルターの実行

レコードの種類を例に絞り込むんでみましょう。

1. 左上ペインをクリックします。

image

2. 特定のエンティティに絞り込むことができました。

image

フィルターの解除

1. [すべて] をクリックします。

image

2. 解除されたことがわかります

image

日付でフィルター

修正日、作成日といった日付項目でフィルターを実行します。
日付でフィルターする場合、棒グラフをクリックする、範囲をスライドするの2つの方法でフィルターを実行します。

1. 棒グラフをクリックします。

image

2. “1週間前 – 今日” という特定の範囲でフィルターが実行されました。

image

3. 続いて、スライドして範囲を指定します。

image

4. スライドさせることでフィルター範囲を指定します。

image

 

カテゴリ別検索の切り替え

これまでの複数エンティティの簡易検索 を切り替えることができます。

image

image

制約事項

– 設置型では機能提供していません

まとめ

今回の記事では、関連性検索がどういうものか、他の検索機能との違い、関連性検索の基本的な操作について紹介しました。
次回は、関連性検索機能をカスタマイズする方法を紹介します。

– プレミアフィールドエンジニアリング 河野 高也

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります

Comments (0)

Skip to main content