Dynamics CRM クライアント SDK バージョンを更新し、ACSの参照を除外する方法

みなさん、こんにちは。 Azure Access Control Service (ACS)の廃止に伴い、古いSDK を使用しているSDK クライアントを 更新する必要があります。本記事では更新対象のSDKクライアントの特定方法と更新方法をご紹介します。 Dynamics 365 バージョン8.2 (Online) 環境ではこちらの対応を実施しないと認証処理がエラーで失敗しますので即日対応が必要です。Dynamics CRM 8.1 Online 環境では 2017年6月30日 から同様にエラーが発生するようになるので、この日までに対応が必要となります。Dynamics 365 8.2, Dynamics CRM 8.1 設置型環境では 2017年6月30日以降もエラーは発生しませんが、サポートされる構成にするために可能な限り早く、SDK クライアントを最新のものに更新する必要があります。サポートされるSDK と CRM Server の組み合わせについては チームブログ をご確認ください。 本記事は、海外チームのブログにて投稿された内容を基に記載しています。 情報元: Update Dynamics CRM Client SDK version to avoid calls to ACS =================================================== 問題 Azure Access Control Service (以下 ACS)…


Microsoft Dynamics 365 新機能: Dynamics 365 サービス管理者ロール

みなさん、こんにちは。 今回は、Microsoft Dynamics 365 新機能から、Dynamics 365 サービス管理者ロールをご紹介します。 Dynamics 365 サービス管理者ロールは、Dynamics 365 Online でのみ利用できます。   概要 かねてより、Dynamics 365 Online 環境のみ管理権限がほしいという意見をいただいておりました。 Dynamics 365 Online 環境の管理を行うためには、Office 365 の すべてが管理できる ”全体管理者 ” ロールを使う必要があったのです。 Dynamics 365 からご提供できるようになりました ! Office 365 は、小規模から大規模までのエンタープライズ向けのアプリケーション スウィートです。 Dynamics 365 だけでなく、Exchange や SharePoint、Skype  for Business など様々なアプリケーションが含まれます。 その管理は、各アプリケーションの管理のほか、ユーザー管理やパスワードの管理、オンラインの サービス正常性の監視や、課金管理など様々なものがあります。 新しく追加された “Dynamics 365 サービス管理者ロール” では、Dynamics 365 Online サービスに…


Microsoft Dynamics 365 新機能: Dynamics 365 App for Outlook 拡張機能: その 2

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、Microsoft Dynamics 365 新機能から Dynamics 365 App for Outlook 拡張機能(Outlook アプリ)について紹介します。 本記事はシリーズもののため、また前回の記事を読まれていない方はご覧ください。 Microsoft Dynamics 365 新機能: Dynamics 365 App for Outlook 拡張機能: その 1 会議、および予定の追跡 本バージョンから、会議依頼や予定を追跡できるようになりました。 1. OWA にログインします。 2. 予定表を開きます。 3. 予定を作成します。 4. 編集をクリックします。 5. 顧客を追加します。 6. 顧客を追加します。[保存] をクリックします。 7. 出席者に顧客が追加されました。 8. アプリのアイコンをクリックします。 9. 右側にアプリの画面が開きます。 10. 追跡をクリックします。 11. ピン止めしているレコードと関連づけます。 12. 関連付けおよび追跡が実施されました。 電子メール テンプレートの利用…

0

お知らせ: Microsoft Dynamics CRM 2016 SP1 用の更新プログラム 0.1 がリリースされました!

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 (設置型) 用の 更新プログラム 0.1 が 2017 年 5 月 18 日にリリースされ、 Microsoft ダウンロードセンターよりダウンロード可能になりましたのでお知らせします。 [ダウンロード情報] タイトル: Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1.1 (設置型) URL: https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=55254 ビルド番号: 8.1.1.1005 更新プログラムのロールアップ情報や更新方法、更新プログラム 0.1 で解決される問題一覧は、 以下のリンクをご参照ください。 https://support.microsoft.com/ja-jp/help/3203310/update-0.1-for-microsoft-dynamics-crm-2016-service-pack-1   [バージョン確認方法] 製品画面右上の歯車 –> [情報] をクリックするとバージョン情報が表示されます。   なお、下記記事にございます通り、オンラインに対する本アップデートは 2017 年 4 月に適用されております。 タイトル: Microsoft Dynamics CRM…

1

Microsoft Dynamics 365 新機能: Dynamics 365 App for Outlook 拡張機能: その 1

みなさん、こんにちは。 今回は、Microsoft Dynamics 365 新機能から Dynamics 365 App for Outlook 拡張機能(Outlook アプリ)について紹介します。Outlook アプリについては、過去の記事を参照ください。 概要 Dynamics 365 App for Outlook の機能が拡張および変更されました。 – アプリの位置- 電子メール受信者情報の表示- 候補から関連の設定- 会議、および予定の追跡- 電子メール テンプレートの利用- 営業資料、サポート情報記事の利用- すべての Dynamics 365 および Exchange 組み合わせサポート 早速、確認してみましょう。Outlook アプリを構成する方法は過去の記事を参照ください。Dynamics CRM 2016 Online 新機能: Outlook 用 Dynamics CRM アプリケーション その 1 アプリの位置 今回の変更により Outlook アプリのアイコンが表示される位置が変わりました。今回は、Outlook Web Application (OWA) で…

0

Microsoft Dynamics 365 新機能: 関連性検索の機能強化: カスタマイズ

みなさん、こんにちは。 前回に続き、Microsoft Dynamics 365 新機能から関連性検索の機能強化について紹介します。本機能は、オンラインのみ提供されています。 関連性検索のカスタマイズ 関連性検索は以下のカスタマイズができます。 – エンティティの指定- 検索フィールドの追加- 表示フィールドの追加- ユーザーごとのフィールド設定- 既定の検索機能の選択 エンティティの指定 どのエンティティを関連性検索に含めるか構成します。 1. Dynamics 365 にログインします。 2. [設定] > [カスタマイズ] をクリックします。 3. システムのカスタマイズをクリックします。 4. エンティティをクリックします。 5. 右ペインの関連性検索の構成をクリックします。 6. 既定でいくつかの標準エンティティは有効になっています。関連性検索に含めるエンティティを右側の [選択されたエンティティ] に構成します。 7. OK をクリックします。 8. 保存して公開します。 以上でエンティティの構成は完了です。 検索フィールドの追加 続いて、どのフィールドを検索対象にするか指定します。関連性検索の対象フィールドは、各エンティティの簡易検索ビューの [検索列] に設定されている列が対象になります。営業案件エンティティの対象フィールドを確認してみましょう。 1. Dynamics 365 にログインします。 2. [設定] > [カスタマイズ] をクリックします。 3. システムのカスタマイズをクリックします。…

2

Microsoft Dynamics 365 新機能 : 業務プロセス フロー のプロセス名と アクティブ ステージ名の取得について

(2017/5/11 業務プロセス フロー主エンティティについて参考情報を追記) みなさん、こんにちは。 Dynamics 365 用 2016 年 12 月の更新プログラム (オンラインおよび設置型) の新機能から 業務プロセスの統合と機能拡張がされました。それに伴い、業務プロセス フロー のプロセス名と アクティブ ステージ名の取得方法についていくつかお問合せを頂いたので、ご紹介いたします。   プロセスの統合と拡張された機能については、以下の blog を参照ください。 Microsoft Dynamics 365 新機能 : プロセスの統合と機能拡張 その 1 Microsoft Dynamics 365 新機能 : プロセスの統合と機能拡張 その 2 Microsoft Dynamics 365 新機能 : プロセスの統合と機能拡張 その 3     Dynamics 365 へのバージョンアップにて、複数の業務プロセスフローを同時に実行できるよう 機能拡張が行われたことにより、プロセス名やアクティブ ステージ名は、各業務プロセス フロー エンティティにて、…


Microsoft Dynamics 365 新機能: 関連性検索の機能強化: 概要

みなさん、こんにちは。 前回に続き、Microsoft Dynamics 365 新機能から関連性検索の機能強化について紹介します。 本機能は、オンラインのみ提供されています。 概要 関連性検索は、複数のエンティティにまたがる包括的な検索結果を表示します。 本機能は、検索パフォーマンスを促進するため、Azure Search を利用しています。 スコアリングや多言語ごいった Azure Search の提供する検索機能を利用できるメリットがあります。 早速、関連性検索を実行してみましょう。 関連性検索の有効化 関連性検索は既定で無効になっているため、有効化します。 1. Dynamics 365 にログインします。 2. [設定] > [システムの設定] をクリックします。 3. 全般タブをクリックします。 4. 同意しますをクリックします。 5. OK をクリックします。 以上で有効化手順は完了です。 関連性検索の実行 早速、実行してみましょう。 1. Dynamics 365 にログインします。 2. 右上の虫眼鏡に検索キーワードを入力します。 3. 実行すると、検索結果が表示されます。 AND 検索 関連性検索は、複数の検索キーワードとすべて一致する AND 検索を実行できます。 “コントソ+卸売業/小売” と入力すると、”コントソ” “卸売業/小売” の 2…

0