Microsoft Dynamics 365 : SDK の下位互換性について


みなさん、こんにちは。
Dynamics 365にてサポート対象のSDKと、そのSDKにてサポートしているDynamics  CRMの下位バージョンを
ご紹介いたします。

 

本記事は、米国チームのブログにて投稿された内容を基に記載しています。

情報元: Dynamics 365 SDK Backwards Compatibility

===================================================

Azure Access Control サービス (以下 ACS) の廃止に伴って、 SDK の認証コードで、 ACS へのすべての
リファレンスを削除する変更が必要となります。Microsoft Dynamics CRM Online 2016 Update 1 (v8.1.1)
および Microsoft Dynamics 365 (v8.2) のバージョンからは、サーバー側の Live ID サポートと ACS の
依存関係を削除しました。

Dynamics CRM 2016 から Microsoft.Xrm.Tooling.Connector を使用することで、CRM Web サービスにて
OAuth 2 プロトコルを認証で使用できるようになりましたが、この変更に準拠していなかった
Microsoft.Xrm.Client は、CRM 2016 (8.x) SDK クライアントから削除され、Microsoft.Xrm.Tooling.Connector に
置き換えられました。
Microsoft Dynamics CRM 6.x バージョンを対象に、現在の Microsoft Dynamics 365 SDK (Software Development Kit) を
認証とメッセージング用に利用することもできます。

 

Dynamics 365 にアップグレードする際には、最新のMicrosoft Dynamics 365 SDK (Software Development Kit) を
使用していることを確認してください。

 

現在サポートされている他の SDK クライアントについては、下記をご参照下さい:

.NET Framework SDK クライアント Dynamics CRM バージョン 説明
.net 4.0 CRM 2013 (6.x)

ダウンロード

v6.x, v7.x,
および v8.x
新しいMicrosoft.Xrm.Sdk.dll アセンブリで
サポートされるバージョン:

.net 4.5.2 CRM 2015 (7.x)

ダウンロード

v6.x, v7.x, v8.0
および v8.1.0
サポート対象(* 注意事項)

* v8.1.1以上はサポートされません。
CRM 8.1.1 バージョン以上をサポート
するには、SDK を8.x バージョンに
移行する必要があります。

.net 4.5.2 CRM 2016 (8.x)

ダウンロード

v6.x, v7.x,
および v8.x
サポート対象

 

参考情報:

Software Development Kit for Microsoft Dynamics 365 (online) and Dynamics 365 (on-premises)

Updates to the CRM SDK assemblies

Connect to Microsoft Dynamics 365 web services using OAuth

Visual Studio and the .NET Framework

– Dynamics 365 サポート 吉原
※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります

Comments (0)

Skip to main content