Microsoft Dynamics 365 新機能: 編集可能なグリッド: その 1


みなさん、こんにちは。

今回は、Microsoft Dynamics 365 新機能から編集可能なグリッドについて紹介します。
本機能は、オンライン、および設置型ともに提供されています。

概要

新しい編集可能グリッドは、グリッド (リスト、レコードの一覧のこと) のインライン編集、グループ化、フィルター処理、列での並べ替えなど、多くの機能を提供します。
編集可能グリッドは、エンティティ レベル、フォーム内のサブグリッド、またはダッシュボード内で使用できます。
編集可能グリッドは、Dynamics 365 Web クライアント、タブレット PC 用 Dynamics 365、および 電話用 Dynamics 365 のフォームでサポートされます。
ダッシュボード用として、編集可能グリッドは タブレット PC 用 Dynamics 365 および 電話用 Dynamics 365 で使用可能です。

早速、トライアル版で本機能を有効化した操作を見てみましょう。
有効化の詳細は手順は別記事で紹介します。

複数行の直接編集

ビューに表示されているレコードを直接編集することができます。以下は取引先企業エンティティの例です。

1. Dynamics 365 にログインします。

2. [営業] > [取引先企業] を選択します。

3. リボンにある表示形式から [編集可能グリッド] を選択します。

image

4. 編集可能グリッドが表示されます。

image

5. 1 つ目のレコードの [取引先企業名] を編集します。

image

6. 2 つ目のレコードの [住所1: 市区町村] を編集します。

image

7. カーソルを移動し、グリッドの右上にある保存ボタンをクリックします。

image

8. グリッドの右上にあるリフレッシュボタンをクリックします。

image

9. 編集した内容が保存されていることがわかります。

image

グループ化

編集可能グリッドではビューを特定の列でグループ化、フィルターを行うことができます。

1. グループ化 のプルダウンからグループ化したい列を指定します。以下は、市区町村でグループ化した例です。

image

2. 市区町村でグループ化された表示に切り替わりました。

image

フィルター、並び替え

編集可能グリッドは、フィルターや並び替えを実施できます。

1. [住所: 市区町村] 列の右側にある矢印をクリックします。

2. フィルターを適用します。

image

3. 列をクリックすると並び替えが実行されます。

image

列の移動、調整

編集可能グリッドは、列をドラッグして移動することができます。

1. [取引先企業名] 列をクリックしながら [代表電話] の隣にドラッグします。

image

2. ドラッグを話すと、列が移動されたことがわかります。

image

状態の保持

編集可能グリッドは、フィルター、並び替え、列の調整といった状態をセッション内で保持します。
これにより状態をしたのち、利用者が他の画面に遷移しても、同じ状態が保持されます。

1. アクティブな取引先企業名ビューを開きます。

image

2. グループ化、列の調整、フィルター、並び替えを変更します。image

3. ビューを切り替えます。

image

image

4. 再び [アクティブな取引先企業]ビューを選択します。状態が保持されていることがわかります。

image

制限事項

- 計算、ロールアップフィールドは編集できません

まとめ

次回は、有効化の詳細は手順は次回のブログで紹介します。

– プレミアフィールドエンジニアリング 河野 高也

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります

Comments (0)

Skip to main content