Microsoft Dynamics 365 : SDK の下位互換性について

みなさん、こんにちは。 Dynamics 365にてサポート対象のSDKと、そのSDKにてサポートしているDynamics  CRMの下位バージョンを ご紹介いたします。   本記事は、米国チームのブログにて投稿された内容を基に記載しています。 情報元: Dynamics 365 SDK Backwards Compatibility =================================================== Azure Access Control サービス (以下 ACS) の廃止に伴って、 SDK の認証コードで、 ACS へのすべての リファレンスを削除する変更が必要となります。Microsoft Dynamics CRM Online 2016 Update 1 (v8.1.1) および Microsoft Dynamics 365 (v8.2) のバージョンからは、サーバー側の Live ID サポートと ACS の 依存関係を削除しました。 Dynamics CRM 2016 から Microsoft.Xrm.Tooling.Connector を使用することで、CRM Web サービスにて OAuth 2…


Microsoft Dynamics 365 新機能: 編集可能なグリッド: その 3

みなさん、こんにちは。 前回に続き、Microsoft Dynamics 365 新機能から編集可能なグリッドについて紹介します。 本機能は、オンライン、および設置型ともに提供されています。 前回は本機能の概要を紹介しました。ご覧になっていない方は一読ください。 Microsoft Dynamics 365 新機能: 編集可能なグリッド: その 1 Microsoft Dynamics 365 新機能: 編集可能なグリッド: その 2 今回は、編集可能なグリッドのイベントにスクリプトを追加してどのような制御ができるか紹介します。 追加できるイベント – OnRecordSelect イベント – OnChange イベント – OnSave イベント OnRecordSelect イベント 単一の行 (レコード) が編集可能なグリッドで選択されている場合に発生します。 ユーザーが同じ行で異なるセルを選択している、または複数の行を選択している場合、このイベントは発生しません。 OnChange イベント 編集可能なグリッドのセルの値が変更されているとき、またはセルがフォーカスを失ったときに発生します。 OnSave イベント 更新された情報がサーバーにを送信される前、および次のいずれかが起こると発生します。 – 選択しているレコードが変更されているとき – 編集可能なグリッドの保存ボタンをクリックしたとき – 保留中の変更がある間に編集可能なグリッドから、ユーザーが並べ替え、フィルター、グループ化、改ページ、ナビゲーション操作を実行したとき 事前準備 各イベントにサンプルスクリプトを実装します。今回は各イベントがどのように呼ばれるかわかるようスクリプトを挿入します。 1. Dynamics 365…

0

Microsoft Dynamics 365 新機能: 編集可能なグリッド: その 2

みなさん、こんにちは。 今回は、Microsoft Dynamics 365 新機能から編集可能なグリッドについて紹介します。 本機能は、オンライン、および設置型ともに提供されています。 前回は本機能の概要を紹介しました。ご覧になっていない方は一読ください。 Microsoft Dynamics 365 新機能: 編集可能なグリッド: その 1 今回は、本機能を有効化する方法をご紹介します。 編集可能グリッドの有効化 編集可能グリッドは、エンティティレベルで有効化します。例としてサポート案件エンティティを有効化する手順を紹介します。 1. Dynamics 365 にログイン 2. [設定] > [カスタマイズ] > [システムのカスタマイズ] をクリックします。 3. [エンティティ] > [サポート案件] をクリックします。 4. [コントロール] をクリックします。 5. [コントロールの追加] をクリックします。 6. 編集可能グリッド を追加します。 7. 追加されました。 8. 編集可能グリッドを既定で表示するよう設定します。 9. [保存] して公開します。 動作確認 実際にサポート案件のビューを表示してみましょう。 1. Dynamics 365 にログインします。…

0

Microsoft Dynamics 365 新機能: 編集可能なグリッド: その 1

みなさん、こんにちは。 今回は、Microsoft Dynamics 365 新機能から編集可能なグリッドについて紹介します。本機能は、オンライン、および設置型ともに提供されています。 概要 新しい編集可能グリッドは、グリッド (リスト、レコードの一覧のこと) のインライン編集、グループ化、フィルター処理、列での並べ替えなど、多くの機能を提供します。編集可能グリッドは、エンティティ レベル、フォーム内のサブグリッド、またはダッシュボード内で使用できます。編集可能グリッドは、Dynamics 365 Web クライアント、タブレット PC 用 Dynamics 365、および 電話用 Dynamics 365 のフォームでサポートされます。ダッシュボード用として、編集可能グリッドは タブレット PC 用 Dynamics 365 および 電話用 Dynamics 365 で使用可能です。 早速、トライアル版で本機能を有効化した操作を見てみましょう。有効化の詳細は手順は別記事で紹介します。 複数行の直接編集 ビューに表示されているレコードを直接編集することができます。以下は取引先企業エンティティの例です。 1. Dynamics 365 にログインします。 2. [営業] > [取引先企業] を選択します。 3. リボンにある表示形式から [編集可能グリッド] を選択します。 4. 編集可能グリッドが表示されます。 5. 1 つ目のレコードの [取引先企業名] を編集します。 6….

0