Microsoft Dynamics 365 新機能 : プロセスの統合と機能拡張 その 2


みなさん、こんにちは。

前回に続き、Dynamics 365 用 2016 年 12 月の更新プログラム (オンラインおよび設置型) の新機能から
プロセスの統合と拡張された機能をご紹介します。
シリーズもののため、前回の記事も併せてお読みください。
MicrosoftDynmaics 365 新機能 : プロセスの統合と機能拡張 その 1

前回は、シナリオに基づいて営業担当者が必要な情報を確認したり、レコードを作成する中で、
新しい機能を利用する様子をご紹介しました。
今回は、全体の業務プロセスのもとになる業務プロセス フローを作成し、アクセス許可を設定します。

 

シナリオの確認

以下のシナリオで、業務プロセスを利用しました。

  1. 案件の引き合いがあったら、取引先企業を特定し、支払い情報を確認
    支払い情報は、ファイナンス チームで再確認される
  2. 営業案件を作成し、提案を作成
  3. プロセス開始から一定時間以上経過した場合は、レビューが必要
    マネージャーに実施を促すメッセージを送信

 

プロセス デザイナーで業務プロセス フローを作成 1 - ステージ追加

まずは、新しい業務プロセス フローを作成して、1 つ目のステージを追加します。

  1. ナビゲーションの [設定] - [プロセス] をクリックします。
  2. 画面左上の [新規] をクリックします。
  3. [プロセスの作成] ダイアログ ボックスで、業務プロセス フローを指定し、
    [OK] をクリックします。
    image
  4. プロセス デザイナー ウィンドウが開きます。
  5. ステージ コンポーネントが 1 つのステップとともに追加されています。
    "新しい ステージ” をクリックし、表示名とカテゴリを指定し、
    [適用] をクリックします。
    image
  6. ステージを展開し、ステップをクリックします。
    データ フィールドを指定し、[適用] をクリックします。
    2-3

プロセス デザイナーで業務プロセス フローを作成 2 - 条件分岐追加

業務プロセスに条件を追加してステップを分岐してみます。

  1. 画面右側のボックスで、[コンポーネント] タブに切り替えます。
    条件コンポーネントをドラッグし、1 つ目のステージの横でドロップします。
    image
  2. 条件のプロパティが開きます。
    表示名とルールを指定し、[適用] をクリックします。
    image
  3. 画面右側のボックスで、[コンポーネント] タブに切り替えます。
    ステージ コンポーネントをドラッグし、条件の右横でドロップします。
  4. 追加したステージの表示名とカテゴリ、エンティティを指定し [適用] をクリックします。
    image
  5. ステージを展開し、ステップをクリックします。
    データ フィールドを指定し、[適用] をクリックします。
    image
  6. 画面右側のボックスで、[コンポーネント] タブに切り替えます。
    ステージ コンポーネントをドラッグし、2 つ目のステージの右横でドロップします。
    ステージ名とカテゴリを指定し、[適用] をクリックします。
  7. ステージを展開し、ステップをクリックします。
    データ フィールドを指定し、[適用] をクリックします。
  8. 画面右側のボックスで、[コンポーネント] タブに切り替えます。
    ステップ コンポーネントをドラッグし、先ほどのステップの下でドロップします。
    image
  9. 追加したステップをクリックし、データ フィールドを指定して [適用] をクリックします。
  10. 条件により、ステップを分岐させるよう、コネクタで接続します。
    追加した条件コンポーネントをクリックして選択し、[コネクタ] アイコンをクリックし、
    [接続] をクリックします。
    image
  11. コネクタの接続元と先が表示されます。
    "2 番目のポイント" として最後に追加したステージをクリックします。
    コネクタが追加されました。
    image

プロセス デザイナーで業務プロセス フローを作成 3 - プロセスの検証とアクティブ化

業務プロセスがある程度定義できたので、アクティブ化していきます。
プロセス デザイナーでは、プロセスの検証ができます。
設定の不足や不備をチェックして、問題があるとメッセージを表示して修正を促します。

  1. メニュー バーの [検証] アイコンをクリックします。
    検証結果が表示されます。
    image
  2. 最後のステージにからのステップを追加して、[検証] アイコンをクリックしてみます。
    検証が失敗した旨のメッセージが表示されます。
    image

    該当箇所には赤い丸が付けられ、エラー内容が表示されます。
    image

  3. 画面上のメニュー バーで、[アクティブ化] をクリックします。image
  4. [プロセスのアクティブ化の確認] ダイアログボックスで、[アクティブ化] をクリックします。
    業務プロセスがアクティブになります。
  5. プロセス デザイナー ウィンドウを閉じます。

セキュリティの構成

営業担当者がこの業務プロセス フローを利用できるように、セキュリティの設定をします。

  1. ナビゲーションで、 [設定] - [セキュリティ] - [セキュリティ ロール] をクリックします。
  2. セキュリティ ロールの一覧で "Salesperson" をダブル クリックします。
  3. [業務プロセス フロー] タブで、作成した業務プロセス フローに対してアクセス許可を付与します。
    image

動作の確認

業務プロセス フローの動作を確認します。

  1. 営業担当者でサインインします。
  2. 任意の取引先企業をクリックします。
  3. フォーム メニューの [プロセス] -[プロセスの切り替え] をクリックします。
    image
  4. [プロセスの切り替え] ダイアログボックスで、作成したプロセスを選択します。
    作成した業務プロセス フローが表示されます。
    image
  5. "クレジットの留保" フィールドを "いいえ" から "はい" に変更すると、プロセスのステージ構成が
    変更されることを確認します。
    image
  6. 業務プロセス フローで [次の段階] をクリックし、営業案件を新規作成します。
    image
  7. 営業案件が新規に作成され、業務プロセス フローが続いていることを確認します。
    image
  8. さらにフォーム メニューの [プロセス] をクリックし、[廃棄] をクリックします。
    営業案件レコードはオープンのままですが、業務プロセス フローがグレー アウトされます。
    image

    廃棄した業務プロセス フローは、再アクティブ化が可能です。
    業務プロセスの情報は、ステージ情報やその所要時間などで集計し可視化したり、評価に利用できます。
    廃棄やアクティブ化できることにより、より正確な情報として使えます。

次回はこの続きで、この業務プロセス フローにワークフローを追加したり、別のワークフローで利用したりする
手順をご紹介します。お楽しみに。

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

– Dynamics 365 サポート  片岡クローリー 正枝


Comments (0)

Skip to main content