Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: カスタムアプリの作成


みなさん、こんにちは。

前回の記事では、Dynamics 365 新しいアプリケーションの概要から各デザイナーについて紹介してきました。
ご覧になっていない方は是非一読ください。

Microsoft Dynamics 365 新機能: 概要
Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: 概要
Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: アプリケーションデザイナー
Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: サイトマップデザイナー

本記事では、独自のアプリケーションを作成する手順を紹介していきます。
今回は、簡単な勤怠管理アプリを作成してみます。

事前準備

まずは勤怠入力用のカスタムエンティティを1つ、勤務表のダッシュボード 1 つを事前に作成します。

エンティティ作成

1. Dynamics 365 にログインします。

2. [設定]  [カスタマイズ] をクリックします。

image

3. [システムのカスタマイズ] クリックします。

image

4. [エンティティ] をクリックし、新規をクリックします。

image

5. カスタムエンティティを作成します。

image

6. フィールドに開始日、終了日、作業時間を作成します。

image

7. 作業時間フィールドは計算フィールドにしています。

image

グラフ作成

続いてダッシュボードに表示するグラフを作成します。

1. グラフをクリックし、[新規] をクリックします。

image

2. 新規から所有者ごとの作業時間のグラフを作成します。

image

ダッシュボード作成

続いてダッシュボードを作成します。

1. [ダッシュボード] をクリックし、[新規] ボタンをクリックします。

image

2. 名前を入力し、グラフアイコンをクリックします。

image

3. 作成したグラフを設定し、[追加] ボタンをクリックします。

image

4. ダッシュボードにグラフが挿入されたことがわかります。

image

以上で事前準備は完了です。

アプリケーションの作成

早速、勤怠管理アプリケーションを作成してみましょう。

1. Dynamics 365 にログインします。

2. [設定]  [カスタマイズ] をクリックします。

3. [システムのカスタマイズ] クリックします。

4. [アプリ] をクリックし、[新規] ボタンをクリックします。

image

5. 名前、説明、URL の接頭辞を入力します。

image

6. [完了] をクリックします。アプリデザイナーが起動します。

image

7. サイトマップをクリックします。

image

7. サイトマップデザイナーが起動されます。今回は、勤務表ダッシュボードと勤務表エンティティをサイトマップに表示します。

image

8. 新しいエリアをクリックし、タイトルを変更します。

image

8. 続いて、新しいグループをクリックし、タイトルを変更します。

image

9. 続いて、新しいサブエリアをクリックし、ダッシュボードを選択します。

image

9. 勤怠管理エリアをクリックし、追加をクリックします。

image

10. 新しいグループが追加されました。名前を変更します。

image

11. タイトルを変更します。

image

12. グループを選択して、サブエリアを追加します。

image

13. 新しいサブエリアを追加しました。

image

14. エンティティ、タイトルを設定します。

image

15. [保存して閉じる] をクリックします。

image

16. サイトマップに指定したエンティティが、アプリデザイナーに表示されていることがわかります。

image

17. 検証をクリックします。

image

18. 警告が表示されます。

image

19. エラーはないため、公開をクリックします。

image

以上で、アプリの作成は完了です。

動作確認

1. Dynamics 365 のホームページにアクセスします。

https://home.dynamics.com/

2. 勤怠管理アプリが表示されていることがわかります。

image

3. アプリをクリックします。アプリが起動されます。

image

3. URL の接頭辞をから直接アプリにアクセスすることも可能です。

image

4. サイトマップを展開すると設定したエリア、サブエリアが表示されていることがわかります。

image

5. [勤怠] をクリックします。開始日時、終了日時を入力します。作業時間が自動で計算されます。

image

6. 複数の日付の勤務情報を登録します。

7. 勤務表をクリックします。

image

8. ダッシュボードが表示され、月ごとの作業時間が表示されます。

image

まとめ

いかがでしょうか。新しいアプリケーションを利用することで、既存のエンティティ、ダッシュボードから
簡単にアプリケーションを作成することができました。次回は、Dynamics 365 の新機能をそれぞれ紹介していきます。

– プレミアフィールドエンジニアリング 河野 高也

Comments (0)

Skip to main content