Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: サイトマップデザイナー


みなさん、こんにちは。

前回の記事で Dynamics 365 新機能からアプリケーションデザイナーを紹介しました。まだご覧になっていない方はご覧ください。

Microsoft Dynamics 365 新機能: 概要
Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: 概要
Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: アプリケーションデザイナー

今回は、サイトマップデザイナーをより詳細に見てみたいと思います。

概要

サイトマップデザイナーは、アプリケーションのサイトマップを画面上で構成できるツールです。
これまで Dynamics CRM では、サイトマップをエクスポートし、XML ファイルを変更するか、外部ベンダーのツールを利用していましたが、
Dynamics 365 で標準機能で提供されるようになりました。

サイトマップデザイナーで構成できる要素は 3 つです。3 層構造になっています。

– エリア
– グループ
– サブエリア

エリア

エリアは、サイトマップの一番上位の要素です。
以下の例では、営業、サービス、マーケティングの 3 つのエリアが構成されています。
エリアは、配下にグループ、またはサブエリアを定義できます。

image

グループ

グループは、エリアの配下に構成できる要素です。1 つのエリアには複数のグループを構成できます。
グループは、配下にサブエリアを定義できます。

image

サブエリア

サブエリアは、サイトマップの一番下位の要素です。1 つのグループに複数のサブエリアを構成できます。
image

またサブエリアには、4 種類から選択することができます。

ダッシュボード

システムに登録されている特定のダッシュボードを選択できる。

エンティティ

システムに登録されている特定のエンティティを選択できる。

Web リソース

システムに登録されている Web リソースを選択できる。

URL

外部サイトといった特定の URL を設定できる。

サイトマップの確認

実際にサイトマップデザイナーを開いて、アプリケーションのサイトマップの構成を確認してみましょう。
今回は営業アプリケーションのサイトマップを例に紹介します。

サイトマップデザイナーの表示

1. [設定] > [カスタム] > [システムのカスタマイズ] をクリックします。

2. [アプリ] をクリックします。

3. [Sales] をダブルクリックします。アプリケーションデザイナーが表示されます。

4. サイトマップをクリックします。サイトマップデザイナーが表示されます。

image

エリアの確認

1. 営業エリアをクリックします。

image

2. 営業エリア配下の、グループおよびサブエリアが表示されます。

image

3. 右ペインにエリアのプロパティが表示されます。エリアのタイトル、アイコン、URL など定義することができます。

image

image

グループの確認

1. 自分の仕事グループをクリックします。

image

2. 右ペインにプロパティが表示されます。言語ごとにタイトルや説明を設定できます。

image

サブエリアの確認

続いてサブエリアを見ていきましょう。

1. ダッシュボードをクリックします。

image

2. 右ペインにプロパティが表示されます。
このサブエリアでは「営業活動ソーシャルダッシュボード」が設定されています。

image

3. 続いて取引先企業を選択します。

image

4. 右ペインにプロパティが表示されます。取引先企業エンティティが設定されているのがわかります。

image

5. 続いて、[トレーニング] > [Dynamics 365 ヘルプ] を表示します。

image

6. 右ペインにプロパティが表示されます。ヘルプの URL が設定されています。

image

まとめ

次回は、簡単にカスタムアプリケーションを作成してみましょう。

– プレミアフィールドエンジニアリング 河野 高也

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります

Comments (0)

Skip to main content